MENU

試合速報

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第2戦
2016年12月03日(土)19:35 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
59,837人
天候
主審
佐藤 隆治

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 2

1

前半

1

0

後半

1

鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ

7分 興梠 慎三

GOAL

40分 金崎 夢生

79分 金崎 夢生

選手交代

59分 高木 俊幸→青木 拓矢 58分 遠藤 康→鈴木 優磨
61分 関根 貴大→駒井 善成 73分 小笠原 満男→伊東 幸敏
71分 興梠 慎三→ズラタン 88分 鈴木 優磨→赤﨑 秀平

警告

78分 槙野 智章 29分 遠藤 康
82分 ズラタン 54分 永木 亮太
90+4分 曽ヶ端 準

退場

選手

1 西川 周作

GK

21 曽ヶ端 準

46 森脇 良太

6 遠藤 航

5 槙野 智章

DF

22 西 大伍

14 ファン ソッコ

3 昌子 源

16 山本 脩斗

24 関根 貴大

10 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

9 武藤 雄樹

13 高木 俊幸

MF

6 永木 亮太

40 小笠原 満男

25 遠藤 康

10 柴崎 岳

30 興梠 慎三

FW

8 土居 聖真

33 金崎 夢生

15 大谷 幸輝

4 那須 大亮

16 青木 拓矢

18 駒井 善成

11 石原 直樹

20 李 忠成

21 ズラタン

SUB

1 櫛引 政敏

23 植田 直通

24 伊東 幸敏

11 ファブリシオ

13 中村 充孝

18 赤﨑 秀平

34 鈴木 優磨

スタッツ

11

シュート

9

8

GK

10

9

CK

3

15

直接FK

12

3

間接FK

3

3

オフサイド

3

0

PK

1

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「試合の入りは、非常によかったと思います。その中で、早い段階で先制できました。その後も2点目、3点目を取るチャンスがあった中で、30分過ぎくらいから自分たちがボールをつなげず、前に蹴り出すだけになってしまいました。リードして、少し相手が攻勢に出てくる中で、受けに回ってしまった感じが否めません。

選手たちには試合前に、守るだけでなく後ろからつなぐこと、相手の守備を剥がしていくことを求めました。ただ、前半の途中からはなかなか自分たちがボールを持つことができず、相手に同点に追いつかれてしまいました。

ハーフタイムに、選手たちにはボールを前に蹴り出すだけでなく、後ろからの攻撃の組み立てをしっかりやっていこうと話しました。後半、少しその部分がよくなったと思っています。ただ、時間が進むにつれ、我々の選手たちは若干運動量が落ち、球際で相手に負ける場面が増えてきた中で、1つの形から2点目を失ってしまいました。残りの15分は槙野を前に上げて2トップにして、長いボールや外からのクロスで同点を狙いました。残念ながら、いくつかの場面でもう少し落ち着いていれば、あるいはもう少し体力的にキレが残っていれば、あわよくばという場面を作れたのですが、それが得点には至らず、1-2で敗れてしまいました。

我々はスポーツに関わる人間として、勝利した鹿島が優勝したことに対して、おめでとうというふうに思います。

我々は年間で鹿島よりも15ポイント多く取ったチームとして、ファイナルを戦いました。私は、1-0で勝利したアウェイゲーム、そして1-2で敗れた今日のゲーム、2試合の合計は2-2だと思っています。ただレギュレーション上、アウェイゴールが優先されるという中で、我々は負けました。どこに15ポイントを取ったチームのアドバンテージがあるのかは分かりませんが、我々は決して、1勝1敗という結果の中で、負けてはいないと思います。

力が拮抗したチーム同士が戦えば、一発勝負の中では、どちらに勝敗が転ぶか分からないのがサッカーです。タイトルがかかるゲームで負けたので、選手は残念な気持ちでいっぱいだと思いますし、クラブ、そしてファン・サポーター、我々に関わるすべての人間が残念に思い、悲しい気持ちでいっぱいであると思います。ただ、このチームを率いる監督として、私自身は違う見方をしています。それをみんなに示していかなくてはいけないと思っています。

私はこう思います。選手、スタッフ、クラブ、ファン・サポーター、すべての人たちに言いたいです。我々浦和レッズは今シーズン、すばらしいシーズンを送ったということを。そして、そのシーズンを勝ち取ってくれた、すべての人に感謝したいです。そして私は、みんなを誇りに思っています。決して我々の過ごしたシーズンは、下を向くような結果ではないと思いますし、我々は胸を張って、誇りを持って前を向けると思います。

もし誰かがこの結果をもって批判するのであれば、それは監督である私に向けてほしいと思います。選手、スタッフ、ファン・サポーター、クラブ、浦和レッズに関わった全ての人たちが、今シーズンはすばらしい結果を出してくれたと思います。これまで我々をサポートしてくれたみなさんに、私自身、監督として大きな感謝をしています。ありがとうございます」

相手チームコメント

石井 正忠監督
「今日の試合は、最初から厳しい戦いになるんじゃないかというふうには理解していました。まず、失点してしまいましたけど、失点しても自分たちのやるべきことは変わらないと分かっていたので、そこでチーム全体がうまく対応できて追いついたことが、今日のゲームではよかったと思います。あと、これだけ浦和レッズのファンが多い中、鹿島のサポーターが数少ない中、そのサポーターの後押しがあって、選手たちが90分間戦ってくれたと思います。

今年はタイトルを獲ることが義務づけられて始まったシーズンですけど、それが実現できて、本当に今はうれしいです。あとは、90分間しっかり戦ってくれた選手を誇りに思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ