MENU

試合速報

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第13節
2016年09月25日(日)15:05 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
37,005人
天候
主審
扇谷 健司

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

3 - 0

1

前半

0

2

後半

0

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島

34分 OWN GOAL

50分 興梠 慎三

60分 高木 俊幸

GOAL

選手交代

51分 駒井 善成→遠藤 航 66分 ピーター ウタカ→皆川 佑介
66分 高木 俊幸→青木 拓矢 66分 茶島 雄介→森﨑 浩司
75分 興梠 慎三→ズラタン 75分 丸谷 拓也→佐藤 寿人

警告

31分 関根 貴大 90分 青山 敏弘
54分 遠藤 航
59分 武藤 雄樹

退場

選手

1 西川 周作

GK

1 林 卓人

46 森脇 良太

4 那須 大亮

3 宇賀神 友弥

DF

33 塩谷 司

5 千葉 和彦

4 水本 裕貴

24 関根 貴大

10 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

18 駒井 善成

9 武藤 雄樹

13 高木 俊幸

MF

14 ミキッチ

6 青山 敏弘

28 丸谷 拓也

18 柏 好文

25 茶島 雄介

30 柴﨑 晃誠

30 興梠 慎三

FW

9 ピーター ウタカ

15 大谷 幸輝

2 加賀 健一

6 遠藤 航

16 青木 拓矢

11 石原 直樹

20 李 忠成

21 ズラタン

SUB

13 増田 卓也

2 野上 結貴

8 森﨑 和幸

16 清水 航平

7 森﨑 浩司

22 皆川 佑介

11 佐藤 寿人

スタッツ

11

シュート

15

8

GK

9

2

CK

9

12

直接FK

17

2

間接FK

0

1

オフサイド

0

0

PK

1

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「まずは、今日のゲームを戦った両チームの選手は、称賛に値するプレーをしてくれたと思います。非常に気温や湿度が高い中、これまでの夏の暑さの蓄積もあったと思いますけど、選手たちはサッカーの魅力溢れるプレーをしてくれたと思います。非常にすばらしいゲームで、これはサッカーを観る者にとっては非常に興味深い内容のゲームだったと思っています。

今日のゲームは、試合の入りはよかったんですけど、そこで得点チャンスを生かせない展開の中で、我々が失点して負けるというパターンは、これまでもあったと思います。

そして、我々の左サイドでミキッチ選手の突破を何度か許す中でPKを取られてしまいました。我々がリードされてもおかしくない状況でしたけど、相手がPKを外してくれたことで、我々は落ち着いてその後のゲームを進めることができました。もしPKを決められていたら、試合はまた違う展開になっていたでしょうし、リードした後の広島の戦いは、我々にとって難しい展開になってしまっただろうと思います。

両チームともチャンスを作っていましたし、その中で、チャンスを決めて得点を重ねたのはレッズでした。その意味では、我々が勝利に値するゲームができたと思います。ただ、両チームともすばらしいゲームをして、どちらが勝利しても、あるいは引き分けてもおかしくない試合内容だったと思います」

相手チームコメント

森保 一監督
「負けていいとされる試合は、ホームでもアウェイでも、シーズンの中でも1試合もないわけで、負けてしまったことは非常に悔しいですし、残念な思いがあります。ここ埼玉スタジアムまで我々の応援に駆けつけてくれたサポーターのみなさんに、勝利をお届けできなかったことを、非常に残念に思います。まずはサポーターのみなさんに、この試合の応援をしていただいたことを感謝するとともに、勝利をお届けできなかったことで、申し訳ありませんでしたということを、お伝えしたいと思います。

今、ロッカーで選手にかけてきた言葉として、ナイスプレー、よくやってくれたということを伝えました。結果は先ほども言いましたけど、負けていいことはプロの世界にはないですし、我々も勝ちにこだわってやっているので、よくないことですけど、今週我々が浦和戦に対して準備してきたトレーニングでの戦術的な部分、そして走って戦う、チーム一丸となって最後まで戦い抜くという部分は、選手たちが持てる力、準備してきたことを出し切ってくれたと思います。負けは残念ですけど、そこは力が足りなかったということを真摯に受け止めて、この負けを次からのパワーに変えていきたいと思っています。

ゲームの勝敗の分かれ目としては、我々が先制するチャンスもあった中でPKを決めきれず、その後のビッグチャンスも決めきれず、相手のカウンターから失点してしまいました。2点目も、後半の非常にいい立ち上がりの中で、2つのビッグチャンスがあったと思いますけど、そこを決めきれず、その流れから失点してしまいました。これはサッカーで、流れをどうつかむかという部分です。決めるところは決めなければいけないですし、決められなかったからといってそこでやられてしまうのではなく、守り切れるという部分、そこは課題として、シーズンの残り試合は少なくなってきましたけど、チームとして取り組んでいきたいと思います。

3-0という結果、チャンスを作れても得点が取れなかったところで、決定力というところはもちろんありますけど、我々が浦和から見習わなければならないこととして、浦和は今年、最少失点で来ていると思いますけど、ピンチのところで最後に身体を張ったりとか、粘り強く、相手にやらせなかったりという部分は、本来、我々がやれるプレーだと思います。そういうところで相手にやらせない、最後のところを粘って守り切る、そしていい攻撃につなげて得点するということは、浦和さんの今日の勝利に、おめでとうございますということを伝えて、それから学びたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ