MENU

試合速報

2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ 準々決勝 第1戦
2016年08月31日(水)19:05 KICK OFF

会場
ノエビアスタジアム神戸
観衆
7,001人
天候
主審
荒木 友輔

更新

ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸

1 - 2

1

前半

2

0

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

35分 レアンドロ

GOAL

6分 高木 俊幸

41分 ズラタン

選手交代

HT 松下 佳貴→相馬 崇人 66分 ズラタン→李 忠成
59分 渡邉 千真→中坂 勇哉 66分 武藤 雄樹→興梠 慎三
59分 三原 雅俊→藤田 直之 90+4分 梅崎 司→加賀 健一

警告

52分 渡邉 千真 60分 森脇 良太
58分 ペドロ ジュニオール
82分 レアンドロ
82分 ペドロ ジュニオール

退場

82分 ペドロ ジュニオール

選手

30 徳重 健太

GK

15 大谷 幸輝

5 岩波 拓也

39 伊野波 雅彦

8 高橋 祥平

DF

46 森脇 良太

4 那須 大亮

3 宇賀神 友弥

10 ニウトン

24 三原 雅俊

6 高橋 峻希

23 松下 佳貴

MF

24 関根 貴大

16 青木 拓矢

22 阿部 勇樹

7 梅崎 司

9 武藤 雄樹

13 高木 俊幸

7 ペドロ ジュニオール

11 レアンドロ

19 渡邉 千真

FW

21 ズラタン

21 松澤 香輝

3 相馬 崇人

25 東 隼也

14 藤田 直之

31 中坂 勇哉

9 石津 大介

13 小川 慶治朗

SUB

23 岩舘 直

2 加賀 健一

17 永田 充

31 イリッチ

11 石原 直樹

20 李 忠成

30 興梠 慎三

スタッツ

9

シュート

11

8

GK

6

4

CK

2

9

直接FK

17

5

間接FK

2

5

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「勝利はしましたけれども、まだ我々は前半戦を戦っただけです。4日後の日曜日にまた、埼玉スタジアムで神戸と対戦しますので、決して、これで喜べるというような結果ではありません。

今日、チームは非常にいいプレーをしてくれましたが、私自身には、非常に不満な試合です。そして非常に、腹立たしい試合だったと思っています。

今日の試合内容であるならば、我々は今日で、勝ち進むことを決めていなければいけないゲームだったと思います。2試合目を待たずして、ほぼ試合を決定づけるような、それだけの点差をつけられたゲームだったと思っています。

まず、神戸は、チャンスらしいチャンスでのシュートはなかったのではないかと思います。ほぼチャンスがない中で、我々のミスから1点を取りました。

やはり、我々は4点、5点取って、今日で試合を決定づけなければいけないゲームでした。ただ、それを決めるかわりに、我々はチャンスを生かしきれないゲームをしてしまいました。この2ー1という結果は、次の試合において、非常に危険なスコアだと思っています。日本人のメンタリティー、そこがまた出てしまった試合だったと思います。取れるのであれば、2点でも3点でも4点でも、しっかりとチャンスを生かし、相手をとことんまで叩きのめす、そうしたドイツ人のようなメンタリティーが必要でしょう。

最後のシーンで、宇賀神選手がクロスを上げられるタイミングはあったと思います。2ー1というスコアで今日はOKだろうという判断だったと思いますが、ああいうふうに、チャンスがあるなら3点目を取りにいく、そういった強いメンタリティーが必要だろうと思います。

私はサッカーのプロの世界で生きて長いですけど、こういった試合の後の第2戦は、非常に危険です。我々は今日の試合で、第2戦を待たずして試合を決定づけるだけの試合をしたにも関わらず、2ー1という際どい結果で終わってしまいました。そういった試合の後の第2戦は非常に危険です。日曜日に戦う、神戸との第2戦の試合は、この結果をもって、非常に厳しい試合になるだろうと予想しています。

我々が勝ち上がるために、非常にいい準備をすることと、非常に強い気持ちを持って第2戦に臨まなければ、勝ち上がることは難しいでしょう」

相手チームコメント

ネルシーニョ監督
「この試合は、相手のショートカウンターを非常に注意しながら準備してきたんですけど、前半には我々がやってはいけない取られ方からショートカウンターを受けて失点してしまいました。2失点とも、我々の2回のミスで失点してしまったと思います。

おおむね、それ以外は非常に拮抗したゲームで、自分たちの狙っていたところと、相手のやりそうなところについては、対応できていたと思います。先ほど数字も見たんですが、シュート数はウチが9本、相手が11本と、お互いにチャンスを作ったと思います。当然、リードしているチームは、試合の流れの中でうまく時間を使ったり、リズムをコントロールしやすい精神状態にもなります。そういうところでうまく時間を削られていったのかなと思います。

後半、ペドロ(ジュニオール)の位置を前に上げて、レアンドロと2枚で、中盤を3枚でスライドしながら、(渡邉)千真と三原とニウトンですね、後ろは5枚で怖がらずに対応したというところと、その変更にも彼らが順応して、チャンスも作っていました。内容的には、全く悲観する内容ではありません。まだ前半が終わっただけですので、選手たちとも先ほど話して、確認してきました。これから我々が、アウェイで逆転してセミファイナルに進む、それだけをイメージしていきたいと思っています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ