MENU

試合速報

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第8節
2016年08月13日(土)18:04 KICK OFF

会場
豊田スタジアム
観衆
29,508人
天候
主審
扇谷 健司

更新

名古屋グランパス

名古屋グランパス

0 - 2

0

前半

1

0

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

GOAL

44分 武藤 雄樹

87分 ズラタン

選手交代

61分 明神 智和→小川 佳純 HT 柏木 陽介→青木 拓矢
69分 和泉 竜司→松田 力 72分 李 忠成→ズラタン
77分 イ スンヒ→磯村 亮太 77分 関根 貴大→梅崎 司

警告

84分 磯村 亮太

退場

選手

1 楢﨑 正剛

GK

1 西川 周作

36 酒井 隆介

5 大武 峻

2 竹内 彬

33 安田 理大

DF

46 森脇 良太

4 那須 大亮

5 槙野 智章

19 矢野 貴章

17 明神 智和

15 イ スンヒ

29 和泉 竜司

7 田口 泰士

MF

24 関根 貴大

10 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

13 高木 俊幸

9 武藤 雄樹

11 永井 謙佑

FW

20 李 忠成

21 西村 弘司

6 古林 将太

10 小川 佳純

13 磯村 亮太

18 野田 隆之介

22 小屋松 知哉

38 松田 力

SUB

15 大谷 幸輝

2 加賀 健一

7 梅崎 司

16 青木 拓矢

18 駒井 善成

11 石原 直樹

21 ズラタン

スタッツ

4

シュート

16

18

GK

8

2

CK

3

15

直接FK

6

2

間接FK

3

2

オフサイド

4

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「今日のゲームというのは、レッズにとっては上位を戦っていくためにポイントが必要なゲームであり、名古屋も残留するためにポイントが必要ということで、両チームにとって、ポイントが必要な、プレッシャーのかかったゲームでした。両チームとも、非常に厳しい、難しいゲームだったと思います。

今日のゲームで、名古屋がどういう戦い方をしてくるかは、だいたい予想できていました。それに対して、今週はトレーニングでいい準備ができていたと思います。名古屋が守備的に、5-4-1のブロックを作って守る中で、ボールを奪って11番のスピードを生かしたカウンターを仕掛けてくることは分かっていましたので、それに対する戦い方という部分で、いい準備ができていたと思います。

ボールをしっかりと落ち着いて動かしていく中で、真ん中、あるいは外、相手DFの裏側と、選手たちは落ち着いて、バリエーション多く、状況に応じたプレーの選択をしてくれていたと思います。攻撃を仕掛ける中で、ボールを失ったあとの切り替え、あるいは攻撃を仕掛けているときのリスク管理については、試合前から選手たちにしっかりと求めていました。そうした、われわれの狙いとするところを、選手たちは前半からやってくれていたと思います。その中で、ひとつの攻撃の形から得点でき、リードして前半を終えることができました。

後半、名古屋はより攻撃的に出てくるだろうということは、予想していました。それをハーフタイムに選手たちにも伝え、後半は若干相手にボールを持たせるような形で、われわれが奪ってカウンターを仕掛ける狙いを持っていました。相手の3バックの選手はそこまで、ボールを持って危険なパスが供給できるとは思っていませんでしたし、ボールを持って後ろから数的優位を作るような形でボールを運んでくる場面も、おそらく少ないだろうと思っていました。3人にボールを持たせておけば、われわれにとって、そこまで危険なシーンは作られないだろうと思っていました。そうした予測と、持たせて奪ってカウンターというのを、選手たちはしっかり我慢をしながらやってくれたと思います。

その中で、いくつかチャンスはありましたが、それを決めきれない展開の中でも、選手たちはしっかりと我慢してくれました。その中で2点目を取ることができ、試合を決められました。選手たちは非常に、狙いを持った戦いをしてくれたと思います。

名古屋は今日のゲームで、非常に高いモチベーション、戦う気持ちを持って戦ってきたと思います。名古屋は今の順位が示しているよりも力のあるチームだと思っていますし、それは今日の試合でも、いくつかの場面でかいま垣間見られたと思います。我々と対戦する中で、彼らは勇気を持ってチャレンジしてくれたと思っていますし、彼らがそういう戦いをしたからこそ、今日のゲームがいいゲームになったのだと思います。

名古屋は、今日のような強い気持ちで残留を争うチームとの対戦の中で勝利することができれば、残留は十分に可能なチームだと、私は思っています。名古屋のような伝統のある、Jリーグの初年度からいるチームがJ1に残ってくれることを、私は心から願っていますし、今後の名古屋の戦いの幸運を祈っています」

相手チームコメント

小倉 隆史監督
「浦和相手にシステムを変更していった中で、横浜F・マリノス戦から続く3試合の中でいろいろ整理しながらやってきました。見えた部分であったり、ポジティブなところもあったりしたんですけど、現状はそれ以上に結果が必要な中で、負けてしまったのは非常に残念です。

今日は多くのサポーターが詰めかけてくれたのに、勝ちを見せられなくて、本当に申し訳ないです」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ