MENU

試合速報

2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第15節
2016年06月11日(土)19:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
51,674人
天候
主審
ベンジャミン ウィリアムズ

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 2

0

前半

0

0

後半

2

鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ

GOAL

52分 金崎 夢生

88分 鈴木 優磨

選手交代

58分 宇賀神 友弥→関根 貴大 66分 遠藤 康→杉本 太郎
58分 梅崎 司→駒井 善成 74分 土居 聖真→鈴木 優磨
69分 李 忠成→ズラタン 87分 カイオ→永木 亮太

警告

25分 森脇 良太 27分 小笠原 満男
85分 駒井 善成 72分 山本 脩斗
90+1分 杉本 太郎

退場

選手

1 西川 周作

GK

21 曽ヶ端 準

46 森脇 良太

6 遠藤 航

5 槙野 智章

DF

22 西 大伍

23 植田 直通

3 昌子 源

16 山本 脩斗

7 梅崎 司

10 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

20 李 忠成

9 武藤 雄樹

MF

10 柴崎 岳

40 小笠原 満男

25 遠藤 康

7 カイオ

30 興梠 慎三

FW

8 土居 聖真

33 金崎 夢生

15 大谷 幸輝

4 那須 大亮

16 青木 拓矢

18 駒井 善成

24 関根 貴大

11 石原 直樹

21 ズラタン

SUB

1 櫛引 政敏

14 ファン ソッコ

24 伊東 幸敏

6 永木 亮太

32 杉本 太郎

34 鈴木 優磨

9 ジネイ

スタッツ

16

シュート

13

8

GK

18

6

CK

4

16

直接FK

7

2

間接FK

0

2

オフサイド

0

0

PK

1

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「今日のゲームは、両チームが非常に高いテンポで、激しい、すばらしいゲームをしたのではないかと思っています。もちろんサッカーである以上、どちらかに勝敗、あるいは引き分けという結果がつくわけですけど、こうしたいいゲームをした中で、敗退してしまった我々は、非常に残念な気持ちでいっぱいです。

今日のゲームでは比較的、後ろからの攻撃の組み立ては落ち着いてできていたと思っています。ボールをしっかり動かす中で、前の3人への縦パスは、良く通っていたと思います。ただ、そこからの展開がうまくいかないシーンもありましたし、うまくいっても、ラストパスやシュートの精度が足りなかったと思っています。今日のゲームで違いがあったとすれば、相手の2、3人の選手は、個人の能力で、ドリブルで相手を抜いていける、ボールを運んでいける選手でした。相手の得点シーンでも、少ない人数でフィニッシュまで持ち込んでいます。

我々は、相手を押し込んでいても、ゴール前で決定的な仕事や、個人の能力で1人剥がすことができず、なかなか突破できませんでした。あるいは、シュートまで持っていけても、その精度が少し甘かったと思います。ただ、全体的には、チームとして決して悪いゲームではなかったと思っています。重要なゲームで敗退し、悔しい思いでいっぱいですけど、G大阪戦、広島戦、FC東京戦、神戸戦と、まだまだ試合は続いていきます。反省すべきところはしっかり反省し、次の試合に向けて切り替えていい準備をして、厳しい5連戦を全員で乗り切りたいと思っています」

相手チームコメント

石井 正忠監督
「今日の試合は、非常にタフな戦いになるのは分かっていました。レッズさんは非常に攻撃力がありますし、ああいう変則的なシステムが年々固まってきている、非常に強いチームだと認識していました。厳しい戦いになることは分かっていました。

前半は少し押し込まれる形で、自分たちが思っているよりも縦パスを多く入れられてしまって、少し押し込まれた形になりました。その中でも相手陣内に深く入る形を見せながら、後半はもっと最終ラインが余らない形で、前からプレッシャーに行く形を見せることができて、相手を押し込むことができたのではないかと思っています。

1点をとって、後ろに重たくなった状況になりましたけど、交代選手を入れたことによって、さらにもう一歩、前にプレッシャーをかけられるようになって、カウンターのチャンスもできました。そして、追加点を取れたことは非常に良かったと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ