MENU

試合速報

2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第11節
2016年05月08日(日)16:04 KICK OFF

会場
NACK5スタジアム大宮
観衆
13,880人
天候
主審
山本 雄大

更新

大宮アルディージャ

大宮アルディージャ

0 - 1

0

前半

1

0

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

GOAL

44分 柏木 陽介

選手交代

62分 泉澤 仁→ドラガン ムルジャ 73分 宇賀神 友弥→梅崎 司
73分 江坂 任→ネイツ ペチュニク 75分 武藤 雄樹→ズラタン
80分 横谷 繁→マテウス 84分 興梠 慎三→青木 拓矢

警告

39分 横谷 繁 28分 関根 貴大
56分 和田 拓也
75分 家長 昭博
90+1分 菊地 光将

退場

選手

1 加藤 順大

GK

1 西川 周作

19 奥井 諒

2 菊地 光将

3 河本 裕之

22 和田 拓也

DF

46 森脇 良太

6 遠藤 航

5 槙野 智章

23 金澤 慎

10 岩上 祐三

17 横谷 繁

39 泉澤 仁

MF

24 関根 貴大

10 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

20 李 忠成

9 武藤 雄樹

41 家長 昭博

7 江坂 任

FW

30 興梠 慎三

21 塩田 仁史

4 山越 康平

5 沼田 圭悟

18 横山 知伸

16 マテウス

8 ドラガン ムルジャ

9 ネイツ ペチュニク

SUB

15 大谷 幸輝

4 那須 大亮

7 梅崎 司

16 青木 拓矢

18 駒井 善成

33 橋本 和

21 ズラタン

スタッツ

2

シュート

8

11

GK

5

3

CK

7

11

直接FK

20

2

間接FK

2

1

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「最初にコメントしたいのは、我々の今日のチームの出来について、監督として不満に思っているのは確かである、ということです。本来の自分たちの狙いとする戦いができていない場面が多かったと見ています。だからと言って、大宮が我々を上回ったかと言えば、そうは思っていません。

前半は自分たちの動きが重く、なかなかテンポが上がらないという内容でした。気温が急に上がった影響で、選手たちの動きが重かったというのも、原因のひとつとして考えられるでしょう。

その中で前半は、相手に1、2回ほど決定機を与えてしまったのも確かです。ただ、前半の終わりに(柏木)陽介が、すばらしい攻守の切り替えからのすばらしいゴールを決めてくれました。そのことが我々に、その後の落ち着きをもたらしてくれたと思っています。

後半、選手たちは比較的、うまくゲームをコントロールしてくれたと思っています。チャンスらしいチャンスを相手に与えない展開にできたと思います。試合を通して見れば、我々が勝利に値するゲームができた試合だったと思っています。我々が見せた内容は、決して満足できるものではありません。ただ、私は今日のゲームで勝利できたことをポジティブに捉えています。なぜなら、自分たちの狙いとするサッカーが出せない中でも、勝利できたからです。それは非常に前向きに捉えていいでしょう。以前であれば、内容で相手を上回りながらも、引き分ける、負けるというゲームもありました。その意味で、今日のゲームは非常にポジティブに捉えたいです。

同じ街のチーム同士のダービーは、どこの国の、どこの街でも、非常に厳しく激しいゲームです。ダービーでは、そのときの順位はあまり関係ないような戦いになることが多いです。だからこそ、今日も我々にとっては非常に難しいゲームでした。選手たちは、そうした非常に厳しいゲームを勝利できました。それは、彼らを称賛するに値すると思います。ただ、内容的には、もっとベターな戦いができるはずです。選手たちの今日の勝利への気持ち、がんばりは褒めたいと思いますが、試合内容は上げていかなければいけないでしょう」

相手チームコメント

渋谷 洋樹監督
「まずは、負けられない戦いに敗れてしまって非常に悔しい、その一言です。

今日は観客数も今までで最高ということで、本当にダービーにふさわしい環境でした。それはクラブの人もそうですし、レッズさんの方も、たくさんの応援をしていただいていました。そういう雰囲気の中で、日本の最高のダービーという試合内容を見せて、結果でも勝つ、ということを意識して戦いましたので、ただただ、悔しいだけです。

ファン・サポーターの方も本当に悔しくて、いろいろな声がありました。それは当たり前のことだと思います。それを、私もそうですけど、選手・スタッフがしっかりと受けて、1stステージの残り6戦、しっかりと切り替えて、次の仙台戦では必ず勝つということをやっていきたいです。アウェイでレッズさんと戦うときには、必ずや勝てるように、チームとして上げていきたいと思います。

ゲーム内容としては、選手が本当にハードワークしていました。ビルドアップからの攻撃や、最後のところで物足りなかったのは、選手ではなく私自身の責任です。今日の0-1という結果、攻められず得点できない、シュートが2本で終わっているというのは、私自身の責任です。選手と共に、私はそういうところをもう少しレベルアップできるようにトレーニングをしたいですし、選手も普段からしっかりと練習してくれているので、必ずや、いいゲームができるようにやっていきたいと、あらためて感じました。

私はS級ライセンスを取るときに、1週間ミシャ監督のところで研修させていただいていました。サッカーのイメージを非常にしっかりと伝えている方で、私自身にもすごく共通しているところはありました。ミシャ監督が率いるレッズさんと戦えたことは、私自身もうれしく思いましたし、本当にいいゲームをしたいと思っていました。残念ながら、負けて悔しさが残るゲームだったので、次に向けて一週間しっかりと準備して、仙台戦、ヤマザキナビスコカップ、その後のリーグと、しっかりと勝てるようにがんばっていきたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ