MENU

試合速報

AFCチャンピオンズリーグ2016 グループステージ MD4
2016年04月05日(火)19:30 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
30,282人
天候
主審
アルジャシム

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 0

0

前半

0

1

後半

0

広州恒大(CHN)

広州恒大(CHN)

52分 武藤 雄樹

GOAL

選手交代

64分 梅崎 司→李 忠成 63分 ジョン ジー→ガオ リン
68分 ズラタン→興梠 慎三 74分 フアン ボーウェン→シュー シン
87分 武藤 雄樹→青木 拓矢 88分 ユー ハンチャオ→ジョン ロン

警告

42分 森脇 良太 31分 ジャクソン マルティネス
38分 ジャン リンポン
44分 ジョン ジー

退場

選手

1 西川 周作

GK

19 ゾン チョン

5 槙野 智章

6 遠藤 航

46 森脇 良太

DF

5 ジャン リンポン

6 フォン シャオティン

28 キム ヨングォン

33 ロン ハオ

3 宇賀神 友弥

7 梅崎 司

10 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

24 関根 貴大

MF

8 パウリーニョ

10 ジョン ジー

16 フアン ボーウェン

9 武藤 雄樹

21 ズラタン

FW

9 ジャクソン マルティネス

11 リカルド グラル

20 ユー ハンチャオ

15 大谷 幸輝

4 那須 大亮

16 青木 拓矢

18 駒井 善成

13 高木 俊幸

20 李 忠成

30 興梠 慎三

SUB

32 リュウ ディエンズオ

3 メイ ファン

12 ワン シャンユエン

27 ジョン ロン

4 シュー シン

18 リー ユアンイ

29 ガオ リン

スタッツ

シュート

GK

CK

直接FK

間接FK

オフサイド

PK

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「今日は、強い2チームがハードな戦いをしたゲームでした。私は日本で10年仕事をしてきた中で、ほぼすべてのゲームを見てきましたが、日本で見れるサッカーの中では、非常に稀な好ゲームでした。

両チームとも攻守の切り替えの早い好ゲームでした。ただ、試合の全体的な内容を見れば、我々が相手を上回れたシーンが多かったと思います。

選手たちが見せてくれたパフォーマンスは、サッカーの世界は、お金ですべてを買えないことを証明できたと思います。3人のすばらしい外国籍選手がいますが、チームで上回れたことは意味のあることだと思っています。

全員が攻撃的な意識を持ち、全員がボールを失った後の速い切り替えの意識を持つ、そういうチームとしての狙いを出せました。私も腰の状態が悪く、立っているのもやっとだったのですが、その問題を忘れてしまうくらい立ち続けて、選手たちと一緒に戦うことができました。

特に後半は、2点目、3点目が取れるチャンスも多かったです。そのチャンスを決めきれなかったことは、今後の課題です。それよりも残念だったことは、(柏木)陽介が関根に出したボールだと思いますが、ダイレクトで4回くらいのパスがつながる中で、4人目が関わったシーンです。そのパスがずれた瞬間に怒りを覚えました。ダイレクトパスがつながる中で4人目の選手が関わることは稀だと思います。狙いとする攻撃のコンビネーションがあのシーンで見れました。そういったプレーが出せたことは評価に値しますが、最後の精度をしっかりと上げていかなければいけません。

好ゲームとなったもう一つの理由は、相手チームも攻撃的なサッカーをしたことにあります。Jリーグで福岡、磐田、甲府のように、極端に守備的なチームと対戦するときは、なかなかお互いが攻め合うような好ゲームにはならないものです。今日の広州恒大が見せた攻撃的なサッカーが、好ゲームが生まれた要因だと思います。

結果だけを求めるがゆえに、自分たちの攻撃的なスタイルを捨ててはいけません。もちろん負けることもありますが、見るものがあってのサッカーですので、我々の狙いとするサッカーで常に戦っていきたいです。

時として、高さのあるズラタンや李などに長いボールを放り込むやり方もありますが、それは自分たちのサッカーではありません。自分たちの攻撃サッカーで戦うからこそ意味があるのです。

今日の武藤はすばらしいプレーをしてくれました。これから武藤のコメントを聞きましょう」

相手チームコメント

ルイス フェリペ スコラーリ監督
「今日は難しい試合でした。いくつかチャンスはありましたが、浦和レッズは勇敢でした。ゴールの後も我々は厳しい状況でしたが、選手たちは恐れずに戦ってくれました。チームのパフォーマンスには満足しています。浦和に心からおめでとうと言いたいです」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ