MENU

試合速報

2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第2節
2016年03月06日(日)14:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
43,826人
天候
主審
佐藤 隆治

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 2

0

前半

1

1

後半

1

ジュビロ磐田

ジュビロ磐田

78分 柏木 陽介

GOAL

30分 太田 吉彰

82分 ジェイ

選手交代

70分 関根 貴大→永田 充 69分 アダイウトン→ジェイ
77分 武藤 雄樹→石原 直樹 81分 齊藤 和樹→松浦 拓弥
90+3分 小林 祐希→山本 康裕

警告

88分 遠藤 航 22分 太田 吉彰
57分 宮崎 智彦
90+4分 ジェイ

退場

選手

1 西川 周作

GK

21 カミンスキー

6 遠藤 航

5 槙野 智章

46 森脇 良太

DF

5 櫻内 渚

3 大井 健太郎

35 森下 俊

2 中村 太亮

24 関根 貴大

10 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

30 興梠 慎三

9 武藤 雄樹

MF

7 上田 康太

13 宮崎 智彦

9 太田 吉彰

4 小林 祐希

15 アダイウトン

21 ズラタン

FW

16 齊藤 和樹

15 大谷 幸輝

16 青木 拓矢

17 永田 充

7 梅崎 司

18 駒井 善成

11 石原 直樹

20 李 忠成

SUB

1 八田 直樹

33 藤田 義明

11 松浦 拓弥

23 山本 康裕

40 川辺 駿

8 ジェイ

20 森島 康仁

スタッツ

12

シュート

8

4

GK

16

9

CK

2

16

直接FK

13

1

間接FK

4

1

オフサイド

4

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「非常に痛い敗戦です。磐田は今日、我々に対し、現実的な戦い方をしてきました。それに対して我々は、本来、自分たちの狙いとするサッカーが出せていなかったと思います。ボールの動かしがゆっくりだったと思いますし、オフザボールの連動性や、運動量、球際のアグレッシブさが足りていなかったと思います。ゴールに縦方向に向かって行くところでのスピードアップができておらず、サイドチェンジにしても、しかりです。今日のゲームは、自分たちが本来持っているサッカーに対し、多くの要素が足りなかったゲームでした。

それに加えて、今日は非常に悪い形でボールを失って、失点しました。そういったことが試合の中で2、3回重なってしまえば、いい結果を残すことは難しいでしょう。

今日のゲームというのは、決していい出来ではなく、結果もそれに伴い、よくありませんでした。監督の私も、選手たちも、批判されてもおかしくない内容でした。ただ、シーズンの序盤には、こういう試合もあります。痛い敗戦ではありましたけれども、その敗戦からしっかりと学び、次の試合につなげていかなくてはいけません。サッカーは、負けて下ばかりを向いていられません。すぐに顔を上げて、前を向いて、次の試合に向かっていかなければいけません。

今日は、リーグのホームゲーム開幕と言うことで、たくさんのファン・サポーターが足を運んでくれて、いつも通りに後押ししてくれました。その期待に応えられなかったことは、監督として申し訳ない気持ちでいっぱいです。我々は今後の戦いの中で、今日よりもいいものを見せ、ファン・サポーターに勝利を届けなければなりません」

相手チームコメント

名波 浩監督
「まずは、戦前からの分析によって、高いラインを保ちつつ、飛び込まない、我慢強く粘り強くしぶとく、というプレスバックであったり、スライドであったり、コンパクトなフィールドサイズを保って、90分戦っていこうとしました。そういった中で、自分たちが仕掛けられるときはボールを奪いにいく、もしくは相手のミス、ミスになりそうなシーンでは積極的に仕掛けていこうという中で、1点目が奪えました。非常にいいゲームの入り方をしたと思います。

今日は、15分分割にして6セットと、ホワイトボードに書いたんですけど、最初の4セット、60分までを自分たちの守備でしのげれば、相手はホーム開幕戦であり、同点かビハインドかは分からなかったですけど、展開によっては焦ってバランスを崩してくる、メンバー交代を含めて少しやんちゃな感じになってくると思うので、そこからまた、つけいる隙があるんじゃないか、という戦い方をしました。

6セット目の入りのところでやられてしまったんですけど、最終的には決勝ゴールを奪えました。ジェイを少し早めに入れたことによって、レッズが永田というカードを切らざるを得ない状況を作り出せたこと、あそこで駒井とか梅崎、李といった、前目の選手のカードが1枚切れなくなったことも、勝因だったんじゃないかと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ