MENU

試合速報

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準決勝
2018年12月05日(水)19:04 KICK OFF

会場
県立カシマサッカースタジアム
観衆
13,949人
天候
主審
福島孝一郎

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 0

1

前半

0

0

後半

0

鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ

27分 マウリシオ

GOAL

選手交代

51分 興梠 慎三→李 忠成 61分 永木 亮太→土居 聖真
65分 武藤 雄樹→柴戸 海 70分 遠藤 康→安西 幸輝
72分 青木 拓矢→阿部 勇樹 84分 山本 脩斗→山口 一真

警告

退場

選手

1 西川 周作

GK

1 クォン スンテ

31 岩波 拓也

2 マウリシオ

5 槙野 智章

DF

2 内田 篤人

5 チョン スンヒョン

3 昌子 源

16 山本 脩斗

27 橋岡 大樹

16 青木 拓矢

3 宇賀神 友弥

15 長澤 和輝

10 柏木 陽介

MF

22 西 大伍

6 永木 亮太

25 遠藤 康

30 安部 裕葵

9 武藤 雄樹

30 興梠 慎三

FW

9 鈴木 優磨

18 セルジーニョ

28 福島 春樹

46 森脇 良太

7 武富 孝介

22 阿部 勇樹

29 柴戸 海

20 李 忠成

21 ズラタン

SUB

21 曽ヶ端 準

39 犬飼 智也

32 安西 幸輝

8 土居 聖真

11 レアンドロ

40 小笠原 満男

19 山口 一真

スタッツ

9

シュート

7

13

GK

3

3

CK

6

14

直接FK

12

1

間接FK

2

1

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

オズワルド オリヴェイラ監督
「みなさん、こんばんは。

非常に難しい試合でした。鹿島はすばらしいチームです。私は、同時進行で、リーグ、ACL、天皇杯をしっかりと戦ってきた(大岩)剛監督を称えました。そして、メンバーを入れ替えながら戦いましたが、どちらもあまりにもいいプレーをするので、ACLのチームのほうがいいのか、Jリーグを戦っているチームのほうがいいのか分からなくなるほどでした。そのようなチームに対して、勝利を収め、決勝に進むことができましたので、非常に価値のある勝利だと思います。

ただ、今日のピッチコンディションが、あまりにもイレギュラーでボールが引っかかったり、ボールの方向が変わったりしていました。そして、後半、鹿島が押し込んでボールをつなごうとしたのですが、そこで芝が妨げとなって、あまりボールがつながらず、鹿島のプレーの妨げになってしまったと思います。ですから、鹿島がチャンスを作ったのはハイボール、もしくはFKやCKからでした。

しかし、日本のビッグクラブ同士の対戦にふさわしい緊張感のある試合だったと思います。どちらが勝ってもおかしくない試合でした。前半のうちに、鹿島は明らかな決定機を3回作っていました。ただ、レッズのほうが決定機をモノにすることができ、得点を決めることができましたし、レッズの選手を称えたいと思います。レッズの選手は最後まで押し込んでくる鹿島に対して、しっかりと戦って持ちこたえることができました」

相手チームコメント

大岩 剛監督
「非常にいいゲームをしましたが、注意をしていたセットプレーで自分たちのゲームに最終的には持っていけなかったと感じています。ただ、選手は非常にいいゲームをして、その姿勢はすばらしいものがあったと伝えました。しかし、我々は、勝ち上がらないといけないチームでクラブだということも伝えました。非常に残念な結果ですが、我々のシーズンはまだ終わっていないので、しっかりと受け止めて、しっかりと前を向き、全員で前に進んでいこう、と選手には話しました」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ