MENU

試合速報

明治安田生命J1リーグ 第34節
2018年12月01日(土)14:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
46,770人
天候
主審
村上伸次

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

3 - 2

1

前半

0

2

後半

2

FC東京

FC東京

9分 李 忠成

48分 柴戸 海

68分 李 忠成

GOAL

46分 ディエゴ オリヴェイラ

87分 前田 遼一

選手交代

72分 荻原 拓也→宇賀神 友弥 68分 永井 謙佑→前田 遼一
81分 青木 拓矢→長澤 和輝 78分 大森 晃太郎→リンス
89分 柏木 陽介→平川 忠亮 78分 太田 宏介→小川 諒也

警告

27分 チャン ヒョンス

退場

選手

1 西川 周作

GK

33 林 彰洋

31 岩波 拓也

22 阿部 勇樹

5 槙野 智章

DF

2 室屋 成

48 チャン ヒョンス

3 森重 真人

6 太田 宏介

27 橋岡 大樹

29 柴戸 海

16 青木 拓矢

10 柏木 陽介

26 荻原 拓也

MF

38 東 慶悟

18 橋本 拳人

8 髙萩 洋次郎

39 大森 晃太郎

19 アンドリュー ナバウト

20 李 忠成

FW

9 ディエゴ オリヴェイラ

11 永井 謙佑

28 福島 春樹

3 宇賀神 友弥

14 平川 忠亮

46 森脇 良太

7 武富 孝介

15 長澤 和輝

21 ズラタン

SUB

1 大久保 択生

5 丹羽 大輝

25 小川 諒也

7 米本 拓司

27 田邉 草民

13 リンス

20 前田 遼一

スタッツ

10

シュート

13

12

GK

6

3

CK

5

14

直接FK

10

2

間接FK

3

2

オフサイド

3

0

PK

0

試合後コメント

オズワルド オリヴェイラ監督
「みなさん、こんばんは。まだ、こんにちはでしょうか。本日は試合のみならず、いろいろコメントしたいことがあります。まず、お待ちいただいたことに感謝を申し上げ、またお詫びしたいと思います。

本日は平川選手の引退セレモニーがありました。長年このクラブでがんばってきた選手です。彼に見合うすばらしいセレモニーだったと思います。選手が引退する姿を見るのは、感情を動かされるものです。特に彼のように同じシャツに長年袖を通してきた場合は、特にその感情が揺れ動かされます。

サッカー選手が、唯一人生の中で二度死を迎えると思います。一度は人生を終えるとき。そして、引退するときも一つの死を迎える瞬間だと思います。それくらい選手にとっては重要な出来事です。

試合に関しては非常に質の高い、タフで難しい試合でした。いいプレーをしながらたくさんのチャンスを相手が作りました。我々は決定機でゴールを決められたことが幸運だったと思います。

久しぶりのゲームだった選手、ケガから戻ってきた選手が本日ピッチ上で戦いました。本日のようにテクニックで相手を上回ることができない場合は、意欲やガッツで勝っていかないといけません。そして、本日はピッチに立った選手たちの努力のおかげで勝てた試合でした。この勝利を平川に捧げたいと思います」

相手チームコメント

長谷川健太監督
「今日良かったところは、最後の最後までファン・サポーターに我々の力を見せようとゴールに迫る姿勢を見せてくれたこと。(得点を)取られても下を向かず、テンションも落ちずに最後までしっかりと戦えたことは、前節の反省であったり、今シーズンなかなか得点が取れない中、そういう展開になる試合もありましたが、今日は最後まで意地を見せてくたところは、非常に選手ががんばってくれたと思います。

試合に関しては、最終的には今シーズンを象徴するような結果、展開でした。非常にもったいなかったです。特に2失点目、レッズは非常にああいう場面をついてくるのがうまいチームだと。隙を見せずに、と試合前に伝えていたのですが、1点を取って点数が動いた後、本来ならば数分間集中しなければならないことはサッカーの鉄則ですが、そこもつかれてしまいました。さらにクイックでやられてしまい、2失点目が非常にもったいなかったなと思います。ただ、その後の形は、下がった相手に対してチャンスを作れたことは終盤の成長だと思いますし、その中で1点
を返すことができたのは、(前田)遼一が最後に意地を見せてくれたのもチームにとっては大きな1点になりました。

最終的には6位という順位で終わったことに関しては、ファン・サポーターに非常に夏まで期待をしていただき、大きな声援をいただいたにも関わらず、その期待に応えることができなかったことは、私自身まだまだ力のなさだと痛感させられた1年間だと思っています。もっともっとFC東京というチームは強くならないといけないですし、我々の今シーズンの力はシーズンをとおして見せることができたシーズンでもあったと思いますので、しっかりと休んで良いキャンプをし、来シーズンこそ、上位に入りタイトルをという思いで戦っていきたいと思います。ファン・サポーターのみなさんには本当に1年間ありがとうございました。みなさんの声援が本当に我々の背中を押してくれました。感謝しています。ありがとうございました」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ