MENU

試合速報

明治安田生命J1リーグ 第20節
2018年08月05日(日)19:03 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
29,051人
天候
主審
今村義朗

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 0

0

前半

0

0

後半

0

V・ファーレン長崎

V・ファーレン長崎

GOAL

選手交代

59分 青木 拓矢→阿部 勇樹 67分 澤田 崇→米田 隼也
81分 武藤 雄樹→李 忠成 73分 島田 譲→磯村 亮太
84分 橋岡 大樹→森脇 良太 87分 徳永 悠平→田上 大地

警告

18分 マウリシオ
40分 柏木 陽介
86分 宇賀神 友弥

退場

選手

1 西川 周作

GK

30 徳重 健太

31 岩波 拓也

2 マウリシオ

5 槙野 智章

DF

32 徳永 悠平

45 ヨルディ バイス

4 髙杉 亮太

27 橋岡 大樹

10 柏木 陽介

16 青木 拓矢

3 宇賀神 友弥

9 武藤 雄樹

MF

10 黒木 聖仁

15 島田 譲

3 飯尾 竜太朗

28 翁長 聖

11 鈴木 武蔵

19 澤田 崇

12 ファブリシオ

30 興梠 慎三

FW

9 ファンマ

28 福島 春樹

26 荻原 拓也

46 森脇 良太

11 マルティノス

22 阿部 勇樹

38 菊池 大介

20 李 忠成

SUB

1 増田 卓也

5 田上 大地

6 前田 悠佑

23 米田 隼也

27 新里 涼

38 磯村 亮太

37 平松 宗

スタッツ

12

シュート

8

10

GK

7

11

CK

4

16

直接FK

17

3

間接FK

2

3

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

オズワルド オリヴェイラ監督
「少し、特殊な試合になりました。相手はゲームをぶつ切りにし、ゲームのリズムをつくらせないという戦略できました。フリーキック、スローイン、コーナーキック、そのようなセットプレーの一つひとつで、かなり時間をかけていました。それはゲームのリズムをつくらせないためです。本日の試合でインプレーの時間を計れば、平均よりかなり低い結果になると思います。そして、インプレーの時間は長くしようということが推奨されていると、私は思います。

長崎はいいチームであり、ゴールのチャンス、決定機もつくったと思います。試合に勝っていてもおかしくありませんでした。しかし相手の選手たちの意図ははっきりとしていました。プレーを止めることでした。たとえば、相手の9番(ファンマ選手)は何度も何度もファウルを犯していました。しかしそれに対して、レフェリーが少し優しかったのかな、と感じています。それを許しているように見受けられました。逆に、私たちがファウルを犯したときは、すぐにイエローカードが出る、という状況があったと思います。

そして本日の試合でもう一つ感じられたのは、レフェリーがコーナーキックのときにリスクを避けていた、というところです。私たちの攻撃のときも守備のときも、かなり多くの場面で、攻撃側のファウルの笛を吹いていました。それはかなり、リスクを避ける吹き方だったかな、と感じています。

そのハイライトと言えるところが、宇賀神のオーバーラップの場面です。試合終盤のところで、彼がオーバーラップをして中に進入したときに、相手が振った腕に、ペナルティーエリアの中でボールがあたったのですけど、笛は吹かれませんでした。それが、そういう解釈である、と言われれば受け入れるしかないんですけれど、ゲームをずっと止めている選手たちに対しても注意をせず、このアンチゲームとも言える流れにレフェリーが協力してしまったのかな、と思えてしまいます。

そのような状況はありましたけれども、相手は非常に整っている、いいチームだったと思います。カウンターアタックから決定機もつくっていましたので、この試合に負けていても、おかしくありませんでした」

相手チームコメント

高木琢也監督
「今日、我々は貴重な勝ち点1を手にすることができました。また、多くのサポーターが駆けつけてくださって、非常に感謝しています。

前節は残念ながら、いいゲームをしましたが、結果的には勝ち点を取れなかったという状態で、このアウェイ戦に来ました。前半の入りとか、または後半のプレーも通じてですけど、ある程度自分たちのやりたいことは表現できたのかな、というふうには思っています。何度かチャンスもありました。最近の浦和レッズさんのゲームを見ても、なかなか負けないゲームをしていますし、新しくオリヴェイラ監督になってから時間がたつに連れて、ディフェンス面のオーガナイズや、攻撃に関しては持ち前のコンビネーションだったり、個の力だったりというところの構築があって、非常にいいチームになっていく中で、我々は今日のゲームを迎えました。

そういう相手に対して勝ち点1が取れて、もちろんよかったというのはありますが、プロである以上はやっぱり勝ち点3を最後まで取る、ということができなかったのは、少し残念かなと思います。ただ、繰り返しますけど、貴重な勝ち点1を取れたということは、次のゲームに向けても、我々としてはいいものになると思いますので、これを続けていきたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ