MENU

試合速報

明治安田生命J1リーグ 第12節
2017年05月20日(土)14:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
33,458人
天候
主審
村上伸次

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

3 - 3

1

前半

0

2

後半

3

清水エスパルス

清水エスパルス

24分 興梠 慎三

57分 興梠 慎三

74分 興梠 慎三

GOAL

64分 鄭 大世

69分 鄭 大世

71分 チアゴ アウベス

選手交代

68分 李 忠成→高木 俊幸 HT 二見 宏志→フレイレ
80分 関根 貴大→ズラタン 62分 枝村 匠馬→ミッチェル デューク
84分 柏木 陽介→矢島 慎也 81分 鄭 大世→北川 航也

警告

65分 李 忠成 40分 松原 后

退場

選手

1 西川 周作

GK

13 六反 勇治

3 宇賀神 友弥

6 遠藤 航

5 槙野 智章

DF

5 鎌田 翔雅

45 角田 誠

26 二見 宏志

25 松原 后

24 関根 貴大

10 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

18 駒井 善成

9 武藤 雄樹

20 李 忠成

MF

7 六平 光成

20 竹内 涼

22 枝村 匠馬

10 白崎 凌兵

8 チアゴ アウベス

30 興梠 慎三

FW

9 鄭 大世

25 榎本 哲也

4 那須 大亮

7 梅崎 司

16 青木 拓矢

39 矢島 慎也

13 高木 俊幸

21 ズラタン

SUB

21 高木和 徹

44 フレイレ

14 野津田 岳人

19 ミッチェル デューク

11 村田 和哉

30 金子 翔太

23 北川 航也

スタッツ

14

シュート

15

8

GK

13

10

CK

2

11

直接FK

13

3

間接FK

5

3

オフサイド

5

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「今日のゲームでは、我々に勝利が求められた中で、何が何でも3ポイントを取る、という意気込みで試合に入りました。

相手に1点を取られるまでは、立ち上がりから非常にいい形でゲームを支配しながら進められたと思います。

1点取られたあたりから、多くの選手の運動量が急に落ちたように感じました。5人くらいの選手の運動量が落ちてきた中で、前線の選手は前に攻撃を仕掛けていき、ボールを失った後は真ん中に穴が空いて、カウンターを受ける展開が続いてしまいました。

そういう中で、相手に2-3と逆転される展開を作られてしまいましたが、その中でも勝利を目指して戦い、3-3に追いつきました。その後、4点目を取れるチャンスが何回かあったと思いますが、それを決めきれず、最後の方には相手に4点目を取るチャンスがあったのを見れば、我々は3-4で負けなくてよかった、お互いに4点目を取るチャンスがある中で引き分けたという展開だったと思います。試合の展開を見れば、我々は途中までは非常にいい戦いができたわけですけど、逆転される流れを見れば、引き分けというのは、最終的には悪くない結果だったと捉えたいと思っています。

引き分けという結果に対しては非常に不満ですけれども、このゲームでは60分までは非常にいい戦いができ、残り30分は満足できない内容でした。ただ次のACLの2試合に向けて、私自身いくつか見えたものがあります。こういった試合も、サッカーの中で起こりうると思っていますし、今日のゲームを見た上で、今後に向けて判断材料になるものもあったのではないかと思っています」

相手チームコメント

小林伸二監督
「ACLの関係があるので、前半15分くらいまではすごく飛ばしてくる、ということで、我々も前からいこうということだったのですが、全然はまりませんでした。立ち上がりのピンチはポストに助けられましたが、少し、出だしやセカンドボール、間をなくしてサイドからクロスを入れてくる、ダイアゴナルに動くという中で、ボールを奪うことを全くやらせてもらえなかったのが、前半だったと思います。

後半は守備を少し修正できたということと、2点を取ったときは、我々が隙に入り込めたと思います。そこで相手がばたついたということ、新しいカードが機能的に動いてくれたところはよかったです。なかなか、あそこで逃げ切るのは難しいです。あれでまだ守れないので、うまく攻撃するということです。失点のシーンは、バランスよく、じゃないんですよね。前に入ったときに、フラットに全員が上がりすぎているので、もう少し、我慢できる選手は我慢した方にしたらよかったのかなと思います。

我々にとっては、今日のゲームは、諦めないというところでいうと、すごくいい戦いをしてくれたと思います。ホームで1-0でリードして、アディショナルタイムで入れられたというところでいくと、諦めずに、ラストのCKのところ、CKになる前も、一秒たりとも集中を切らさず戦ってくれました。勝ち点3を取れたかもしれないですけど、この勝ち点1がすごく大きなものとなって、今後につながっていけばいいと思っています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ