MENU

試合速報

明治安田生命J1リーグ 第14節
2018年05月13日(日)14:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
40,137人
天候
主審
家本政明

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 0

0

前半

0

0

後半

0

サガン鳥栖

サガン鳥栖

GOAL

選手交代

59分 長澤 和輝→マルティノス HT 安 庸佑→田川 亨介
72分 青木 拓矢→李 忠成 53分 池田 圭→ビクトル イバルボ
88分 興梠 慎三→山田 直輝

警告

8分 原川 力

退場

選手

1 西川 周作

GK

20 権田 修一

6 遠藤 航

2 マウリシオ

5 槙野 智章

DF

13 小林 祐三

5 キム ミンヒョク

15 鄭 昇炫

3 高橋 祐治

23 吉田 豊

27 橋岡 大樹

16 青木 拓矢

15 長澤 和輝

3 宇賀神 友弥

10 柏木 陽介

MF

36 高橋 秀人

14 高橋 義希

4 原川 力

25 安 庸佑

30 興梠 慎三

9 武藤 雄樹

FW

22 池田 圭

28 福島 春樹

31 岩波 拓也

11 マルティノス

18 山田 直輝

22 阿部 勇樹

38 菊池 大介

20 李 忠成

SUB

18 高丘 陽平

8 藤田 優人

7 河野 広貴

21 加藤 恒平

27 田川 亨介

32 ビクトル イバルボ

41 石井 快征

スタッツ

9

シュート

2

1

GK

9

10

CK

1

15

直接FK

8

3

間接FK

2

3

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

オズワルド オリヴェイラ監督
「4試合前からずっと繰り返し見る姿が、本日もありました。ただ、それがよりはっきりと見られたのが今節でした。片方のチームのみが攻撃を仕掛け続ける、という展開でした。片方が点を取ろうとして、もう一方は失点しないようにする、という試合でした。我々のゴールキックは1本のみでした。守備のコーナーキックも1回のみです。本日の我々のゴールキーパーは、ゴールキーパーとしての要求が全くなく、試合を観戦するというような内容でした。

そしてもうひとつ、再来日して気づいたことなんですけど、レフェリーがあまり笛を吹かない、ということがあると思います。そういう展開になりますと、守備をしたいチームにとって有利な試合になります。我々はラグビーではなくサッカーをプレーしたいと思っています。ですので、我々にとってプレーしにくい状況であると言えると思います。ボールを持ってプレーしようとしているチーム、勝とうとしているチームにとって、ファウルが起こってプレーが止まってしまうのに、それがフリーキックにならないという展開でしたら、かなり不利になります。

鹿島戦のときは少し議論の余地が残るペナルティーキックで負けてしまいました。そして本日は、橋岡がペナルティーエリアの中で腕を掴まれて、明らかなホールディングがあったにも関わらず、笛が吹かれませんでした。その後、柏木も同じように腕を掴まれたんですけど、そこでも笛は吹かれませんでした」

相手チームコメント

マッシモ フィッカデンティ監督
「すごく戦術的に、お互いガチガチにしばりあった、そういう選手同士が並んで戦った試合だったのではないかと思います。ただ結果そういうふうに見えただけで、どういうふうな準備をした上でこの試合に臨んだかというのは自分のチームのことしか話せないですけど、コンディション的にフルで出られない選手が何人かいる、そういう選手も使わなければいけないのは分かっていましたので、交代出場も含めて、ある程度試合のプランを立てた上で、こういうふうに試合をしなければいけない、ということがありました。池田だったり、ビクトル イバルボだったり、90分やれるコンディションにない選手たちをうまく使わなければいけないという中で、池田と安 庸佑の2トップで前半をスタートさせました。

チームの狙いとしては、前半我慢をして、勝負どころで田川とビクトル イバルボを投入する、というところでした。イバルボを投入しても、コンディションとしては20パーセントくらいだと思うんですけど。前半になるべく我慢をする展開の中で、後半勝負だということで選手も我慢をして、そのタイミングが来た中で、まず浦和に何もやらせてはいけないというところで解除してしまって前掛かりになるということをせず、選手は戦いました。選手は賢く最後まで戦ったと思います。そこでスペースがどんどん生まれた中で、こちらは狙い通り、そういう距離を走れて裏を突ける田川、イバルボがいる中で、攻撃の面でもう少しできたかな、というところはあるんですけど、じゅうぶんに賢く、90分間戦ったのではないかと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ