MENU

試合速報

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦)
2021年08月18日(水)18:03 KICK OFF

会場
たけびしスタジアム京都
観衆
3,416人
天候
主審
飯田 淳平

更新

京都サンガF.C.

京都サンガF.C.

0 - 1

0

前半

1

0

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

GOAL

15分 岩波 拓也

DAZN年間視聴パスのご購入はこちら

選手交代

62分 中野 克哉→川﨑 颯太 65分 大久保 智明→田中 達也
62分 中川 寛斗→イスマイラ 76分 江坂 任→興梠 慎三
69分 李 忠成→曽根田 穣 76分 伊藤 敦樹→柴戸 海
80分 黒木 恭平→荻原 拓也 89分 明本 考浩→アレクサンダー ショルツ
80分 福岡 慎平→松田 天馬 89分 関根 貴大→汰木 康也

警告

13分 中野 克哉
56分 長井 一真
83分 白井 康介

退場

選手

21 清水 圭介

GK

1 西川 周作

5 黒木 恭平

6 本多 勇喜

15 長井 一真

41 白井 康介

DF

2 酒井 宏樹

4 岩波 拓也

5 槙野 智章

3 宇賀神 友弥

8 荒木 大吾

14 中川 寛斗

29 中野 克哉

31 福岡 慎平

33 三沢 直人

MF

41 関根 貴大

40 平野 佑一

17 伊藤 敦樹

21 大久保 智明

20 李 忠成

FW

33 江坂 任

15 明本 考浩

26 太田 岳志

17 荻原 拓也

19 麻田 将吾

4 松田 天馬

11 曽根田 穣

24 川﨑 颯太

39 イスマイラ

SUB

12 鈴木 彩艶

28 アレクサンダー ショルツ

11 田中 達也

19 金子 大毅

24 汰木 康也

29 柴戸 海

30 興梠 慎三

スタッツ

6

シュート

12

7

GK

6

5

CK

10

11

直接FK

14

3

間接FK

0

2

オフサイド

0

0

PK

0

試合後コメント

リカルド ロドリゲス監督
「今回の試合、前半は良かったと思います。試合をうまくコントロールして握りながら、流れの中ではないですけどゴールも取れましたし、相手に危険な場面も作らせなかったと思います。

後半に関しては関根(貴大)、明本(考浩)と、何本かチャンスがあって、追加点を取れていてもおかしくない場面がありました。そこを決めることを今後の課題としながら、その前までは行けていたというのはありました。

途中からフレッシュな選手を入れて追加点を狙いに行ったんですけど、最後はどうしても相手にボールを握られる時間帯がすごく長くなってしまって、耐える時間が続いたのかなと思います。今回の最後の時間帯に関してですけど、相手もすごく強いチームですし、前からのプレスを高い強度で来られるチームであること、真ん中のピッチの状況も悪く、そういったところでもつなぐところ、それによる疲労は多少あったのかなと思います。

ただ、大事だったことはこの試合に勝ったことです。目標としていたことはしっかり達成できました。簡単な試合にならないことはもちろん分かっていたので、今回は勝利をつかんで次に進めたことが何よりも良かったと思いました」

相手チームコメント

曺 貴裁監督
「ミッドウィークの天皇杯ということで、先週末は少しアクシデントがあって試合ができず、少し間が空いたので作り方が若干難しかったですけれども、浦和さんという素晴らしい相手に対してこのたけびしのスタジアムでできるということで、選手もモチベートされて試合に臨んでくれました。ちょっとアクシデント的な失点の後、前半の時間帯は非常に後ろ向きなプレーが多く、我々らしい戦いができなかったと思いますが、後半の戦いを90分間通してやれるようになるように、リーグや練習を通して作っているつもりです。やっぱり自分たちがどういう表情でどういったプレーをしなければいけないのか、相手に依存してやるわけではなく、自分たちというのをもう少し覚悟して見せなきゃいけないということを、選手たちも見ている人も理解できたと思います。今日の試合では勝利して次のステージに進出することができなかったですけど、地元京都で、J1でたくさん相手にしてやっていた選手、もしくは大学で指導していた選手、湘南(ベルマーレ)でやっていた選手を含めて対戦するのは、非常に楽しかった、という言い方は変ですけど、充実した時間でした。また彼らに追いつけるようなことを京都の選手に提示しながら残りのリーグを戦っていきたいです。学びということで終わらせず、自分たちの弱さとやれるところが共存しているところにちゃんと向き合いながら、いいチームにしていかないといけないと強く感じます。浦和さんにはこの後のリーグ、天皇杯で頑張っていただきたいですし、ぜひファイナルまで行ってもらいたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ