MENU

試合速報

明治安田生命J1リーグ 第5節
2021年03月17日(水)18:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム2002
観衆
4,571人
天候
主審
福島 孝一郎

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 0

0

前半

0

0

後半

0

北海道コンサドーレ札幌

北海道コンサドーレ札幌

GOAL

選手交代

53分 関根 貴大→田中 達也 77分 駒井 善成→高嶺 朋樹
64分 小泉 佳穂→伊藤 敦樹 81分 ルーカス フェルナンデス→青木 亮太
64分 汰木 康也→大久保 智明 87分 深井 一希→岡村 大八
89分 明本 考浩→武藤 雄樹

警告

退場

選手

1 西川 周作

GK

34 中野 小次郎

22 阿部 勇樹

4 岩波 拓也

5 槙野 智章

6 山中 亮輔

DF

2 田中 駿汰

20 キム ミンテ

5 福森 晃斗

19 金子 大毅

18 小泉 佳穂

41 関根 貴大

15 明本 考浩

24 汰木 康也

MF

7 ルーカス フェルナンデス

8 深井 一希

10 宮澤 裕樹

4 菅 大輝

9 金子 拓郎

14 駒井 善成

14 杉本 健勇

FW

11 アンデルソン ロペス

12 鈴木 彩艶

11 田中 達也

17 伊藤 敦樹

21 大久保 智明

29 柴戸 海

37 武田 英寿

9 武藤 雄樹

SUB

1 菅野 孝憲

50 岡村 大八

6 高嶺 朋樹

23 中野 嘉大

28 青木 亮太

44 小野 伸二

45 中島 大嘉

スタッツ

6

シュート

11

15

GK

6

1

CK

10

10

直接FK

7

2

間接FK

0

2

オフサイド

0

0

PK

0

試合後コメント

リカルド ロドリゲス監督
「今回は2チームのどちらが勝ってもおかしくない試合だったと思います。(北海道コンサドーレ)札幌は前半、我々のボールロストからシュートをポストに当てるシーンがあり、ウチは杉本健勇のヘディングシュートだったり、そういうチャンスがありました。後半に関しては、相手は我々のボールを奪ってからのチャンスであったり、一方の我々にも杉本のヘディングシュートが枠を外れてしまった、カウンターからの田中達也のシュートが防がれてしまった、そういったチャンスがお互いにありました。

今回の試合で言うと、我々は中2日で、どうしても消耗している状態でした。さらに、あれだけの強度のあるチームが1試合飛ばしてフレッシュな状態での試合だったので、もちろん試合に勝ちたい思いはありますけど、そういう状況を加味すると、今回の勝ち点1はポジティブに捉えられると思います。今回の試合は相手の強度もすごく高いので、中盤で簡単にボールをロストしない、というところがありました。そういった意味でダイレクトなプレーを選択することが多くなりましたが、それも準備の時間などを含めると仕方がなくて、ポジティブに捉えていいところだと思っています」

相手チームコメント

ペトロヴィッチ監督
「今日の対戦相手が浦和ということで、どんな状況であっても、アウェイで浦和と戦うのは簡単な試合ではありません。そういう中で、我々は試合をコントロールしながら、チャンスをたくさん作れていたと思います。ただ、そのチャンスを決めることが今日の試合ではできませんでした。ここ最近、横浜FC戦、名古屋グランパス戦、サンフレッチェ広島戦と、コンスタントにいい戦いができています。ただ前節、前々節と、なかなかゴールを決めきれない中で敗れています。今日唯一良かったことは、相手をゼロ点に抑えたことぐらいです。点を決めることに関しては、しっかりと取り組んでいかないといけない課題だと思います。

ゲームの内容を見れば、相手は前節の横浜F・マリノス戦ではもっと後ろからつないでいましたが、今日に関しては後ろからロングボールを14番の杉本(健勇)選手に入れるという形で戦っていました。相手に対してそれほど多くのチャンスを作らせない戦いはできていたと思います。その意味で言えば勝利により近かったのは我々だったと思いますし、この内容であれば、やはり我々が勝利しなければいけないゲームだったと思います。しっかりとゲームをコントロールしながら最後の決定機を決めきるところは今日の試合ではできませんでしたが、上位に行くためには、今後の試合の中でそれをやっていかなければいけないと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ