MENU

試合速報

明治安田生命J1リーグ 第9節
2020年08月08日(土)18:03 KICK OFF

会場
豊田スタジアム
観衆
4,956人
天候
主審
家本 政明

更新

名古屋グランパス

名古屋グランパス

6 - 2

5

前半

0

1

後半

2

浦和レッズ

浦和レッズ

9分 前田 直輝

10分 前田 直輝

18分 ジョアン シミッチ

38分 前田 直輝

45分 ガブリエル シャビエル

50分 前田 直輝

GOAL

48分 レオナルド

76分 レオナルド

選手交代

53分 ジョアン シミッチ→秋山 陽介 HT 鈴木 大輔→槙野 智章
53分 前田 直輝→相馬 勇紀 HT 汰木 康也→関根 貴大
69分 ガブリエル シャビエル→太田 宏介 HT 武富 孝介→武藤 雄樹
82分 金崎 夢生→山﨑 凌吾 60分 青木 拓矢→長澤 和輝
82分 マテウス→石田 凌太郎 84分 橋岡 大樹→岩武 克弥

警告

30分 汰木 康也

退場

選手

1 ランゲラック

GK

1 西川 周作

26 成瀬 竣平

4 中谷 進之介

3 丸山 祐市

23 吉田 豊

DF

27 橋岡 大樹

4 鈴木 大輔

20 トーマス デン

6 山中 亮輔

15 稲垣 祥

10 ガブリエル シャビエル

8 ジョアン シミッチ

MF

39 武富 孝介

29 柴戸 海

16 青木 拓矢

24 汰木 康也

25 前田 直輝

44 金崎 夢生

16 マテウス

FW

45 レオナルド

14 杉本 健勇

21 武田 洋平

13 藤井 陽也

36 太田 宏介

14 秋山 陽介

24 石田 凌太郎

17 山﨑 凌吾

27 相馬 勇紀

SUB

25 福島 春樹

5 槙野 智章

28 岩武 克弥

7 長澤 和輝

41 関根 貴大

9 武藤 雄樹

13 伊藤 涼太郎

スタッツ

17

シュート

8

3

GK

9

5

CK

1

11

直接FK

3

1

間接FK

2

1

オフサイド

1

0

PK

0

試合後コメント

大槻 毅監督
「1点目2点目を早い時間で失って、2失点目のところまでは選手とも『もう1回がんばりましょう』と話していましたが、3失点目でコントロールを完全に失ってしまいました。時間もまだだいぶあったのですが、前半はそのまま終わってしまいました。後半のところで入り直して、というところはありましたが、コントロールをしていたというよりはコントロールを失ったまま、90分ゲームが続いてしまったと思っています」

相手チームコメント

マッシモ フィッカデンティ監督
「高いレベル、すごく高いクオリティー、高い意志、そういうゲームを今日の名古屋はできたのではないでしょうか。特に前半は5-0というスコアに内容も伴って、完璧なゲームだったのではないでしょうか。

前半どういうところが良かったかを具体的に言うと、後ろで組み立てるというやり方が、浦和がこう来るんじゃないかというものに対して準備したとおりにしっかりと続けて、どういうふうに奪いにいくかという部分も含め、あらゆる面ですごくいいプレーができたと思います。それでああいうスコアになったのかなと思います。

ただ後半にいく前、前半の最後の方に(ジョアン)シミッチが少し足首を痛めた状態で、『彼はできる』ということでそのまま始めたんですけど、すぐに交代しなければいけないくらいでした。足首に痛みがあったみたいなので、あとでまた、どういう状態なのかはチェックしなければいけません。そこで少し形を変えざるを得ないという交代をした中で、こちらのやりたいことが簡単にはできなかったなと思います。少しスムーズさがなくなってしまったという印象です。正直前半でこのゲームは終わっていたと思いますけど、チームとしても安心してダラダラ後半をやろうということではなく、しっかり90分プレーする、ゴールを狙いにいくという姿勢は、どの時間帯でも名古屋が持った状態でプレーしたというところは分かっていただけたと思います。そういったスピリットを後半も持ち合わせた上で戦いました。

欲を言うのであれば、チャンスを作れたところであと2点くらい入っていれば、後半もしっかりといい形でゴールをもっと増やせたと思いますが、こういう試合の中であまりぜいたくを言っても仕方ないかな、というくらいの位置づけです。

今日みたいなゲームを毎回できるかと言えば、できるだけの力がチームにはあると思います。ただ、それは単に練習する、個人の技術ではなく、メンタルの部分、そういったものを全員が本気でやろうとした中でやっとこういった形になって表れたと思います。しかも浦和みたいなビッグクラブ相手にこういうゲームができたということで、選手たちは『俺たちはこれくらいできるんだ』という感覚を得たと思います。今日の感覚を大事にして忘れずに、我々は上位に行けるんだというサッカーを、もっと欲を持って本気で取り組み続けてもらいたいなと、そういう試合だったと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ