MENU

試合速報

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝
2010年12月25日(土)13:04 KICK OFF

会場
万博記念競技場
観衆
14,815人
天候
曇時々晴
主審
東城 穣

更新

ガンバ大阪

ガンバ大阪

2 - 1

0

前半

0

1

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

72分 遠藤 保仁

103分 宇佐美 貴史

GOAL

81分 宇賀神 友弥

選手交代

68分 武井 択也→宇佐美 貴史 49分 堀之内 聖→鈴木 啓太
98分 イ グノ→佐々木 勇人 74分 細貝 萌→エスクデロ セルヒオ
111分 橋本 英郎→山口 智 78分 高橋 峻希→田中 達也

警告

82分 遠藤 保仁 71分 山田 暢久
99分 岡本 拓也
107分 ポンテ

退場

選手

1 藤ヶ谷 陽介

GK

1 山岸 範宏

13 安田 理大

2 中澤 聡太

4 高木 和道

6 下平 匠

DF

31 岡本 拓也

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

35 宇賀神 友弥

23 武井 択也

17 明神 智和

27 橋本 英郎

7 遠藤 保仁

MF

3 細貝 萌

20 堀之内 聖

8 柏木 陽介

33 高橋 峻希

22 イ グノ

9 ルーカス

FW

10 ポンテ

17 エジミウソン

29 木村 敦志

5 山口 智

8 佐々木 勇人

10 二川 孝広

32 大塚 翔平

33 宇佐美 貴史

14 平井 将生

SUB

18 加藤 順大

14 平川 忠亮

13 鈴木 啓太

34 山田 直輝

24 原口 元気

15 エスクデロ セルヒオ

11 田中 達也

スタッツ

16

シュート

14

12

GK

10

5

CK

4

18

直接FK

11

6

間接FK

6

6

オフサイド

6

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「ハラハラドキドキするような、とても興味深く、とても密度の高い試合を見ることができたと思います。私たちの選手は全員、とても献身的に動いていましたし、最後の最後まで、強い戦う意志を持ってプレーしていました。
ですので、最後の最後のところで、相手のペナルティーエリアの中でのクレバーさが少し足りないこともあって、チャンスを得点に結びつけることができなかったのは、本当に悔やまれることです。
ただしピッチの上でお見せすることができたサッカーに関しては、恥ずかしがらなければいけない内容であったとは思っていません。ピッチの上での内容に関しましては、飛躍的に向上した部分がありました。とても優れたプレーを見せることもできました。ただし次のステップを踏まなくてはいけない状況にきています。それは優れた試合の内容をしっかりと結果に変えていくこと、そして特に決定的なシーンで得点を決めていくこと、これは解決していかなくてはいけないことですし、これこそ、来年以降の課題となることだと思います」

相手チームコメント

西野 朗監督
「今日もたぶん戦えたと思います。両チーム、かなりコンパクトに中盤を意識した中での戦いで、それも想定していたことで、あまり得点をする、強調しない中、中盤の主導権をどっちが握っていくかというところ、お互い、ポゼッション、パッシングというところを座右としているチームなので、中盤、取られたくないという中で、スタートの中盤も少しディフェンシブなスタイルの選手を入れたのですが、決してディフェンシブな戦いを狙った布陣ではなく、攻撃に仕掛けられるチャンスを増やしたい、中盤でのボール奪取というのを少し、前半は強調しながら、決定的なチャンスもそういう中で取れましたし、ある程度、狙い通りに試合は運べました。なかなかフィニッシュというか、(点が)取れなくても勝ち急がない、取り急がないという中で、うまくゲームをコントロールして、戦えたと思いますが、スイッチした瞬間が少しぶれたかたっていう感じはしました。タカシ(宇佐美)を入れて、攻撃的なところをとったんですけど、中盤の形をフラットからダイヤモンドにした中で、両サイド、岡本、宇賀神にかなりスペースを与えてしまって、ああいう形になってしまったんですけど、とにかく延長の前半は形を変えずにオフェンシブな中盤の形で押していこうと。バランス悪ければフラットからボックスに戻した形にっていうことを言いながら、そこの中でうまく勝ち越せました。佐々木も山口もうまく機能してくれたと思います。天皇杯特有というか、こういう拮抗したゲームを勝ち抜く、今までの3つの試合もそうでしたが、粘った中でどこかで変化っていうことで打開していく。よくゲームプランをみんなが理解して戦えたゲームだったと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ