MENU

試合速報

2010Jリーグ ディビジョン1 第30節
2010年11月14日(日)14:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
32,398人
天候
主審
廣瀬 格

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

2 - 0

1

前半

0

1

後半

0

京都サンガF.C.

京都サンガF.C.

25分 エジミウソン

90+1分 ポンテ

GOAL

選手交代

63分 原口 元気→堀之内 聖 49分 森下 俊→中村 太亮
82分 サヌ→ポンテ 58分 柳沢 敦→中村 充孝
90分 柏木 陽介→濱田 水輝 70分 ディエゴ→金 成勇

警告

23分 森下 俊

退場

選手

1 山岸 範宏

GK

29 守田 達弥

31 岡本 拓也

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

35 宇賀神 友弥

DF

22 渡邉 大剛

5 郭 泰輝

4 水本 裕貴

19 森下 俊

13 鈴木 啓太

8 柏木 陽介

24 原口 元気

33 高橋 峻希

MF

15 中山 博貴

6 染谷 悠太

16 安藤 淳

9 ドゥトラ

5 サヌ

17 エジミウソン

FW

10 ディエゴ

13 柳沢 敦

29 大谷 幸輝

20 堀之内 聖

14 平川 忠亮

26 濱田 水輝

32 林 勇介

10 ポンテ

16 高崎 寛之

SUB

21 水谷 雄一

24 増嶋 竜也

17 中村 太亮

26 角田 誠

2 西野 泰正

28 金 成勇

23 中村 充孝

スタッツ

15

シュート

10

9

GK

9

5

CK

6

15

直接FK

12

5

間接FK

3

5

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「今日、選手たちとともに、勝利という結果を残すことができて本当にうれしく思っています。ここ3試合で私たちが受けていた批判は、非常に大きなものでしたし、正直なところ、少し強すぎる批判もあったと思います。とてもたくさんのケガ人が出ていた中で、私たちは確かに、結果を出すことができせんでしたが、この3試合のうち、少なくとも2試合は私たちが勝っていてもおかしくないようなパフォーマンスだったわけですし、選手たちも、ここ3試合連敗が続いたからといって、恥ずかしがることは一切ないと思います。あらためて、自分たちのプレーに自信を持つことができると思います。
今日の試合では、さらに細貝がケガで離脱してしまいましたが、それでもピッチに立ったすべての選手たちが、とても強い自信を持って今日の試合に入ることができました。特に若い選手たちの自信というものを、今日、プレーを通して見ることができたと思います。岡本もそうですし、高橋峻希もそうです。彼らが正しい方向に向かって成長しているということが、今日の試合でも証明されたのではないでしょうか。
また、私はロブソン ポンテが今日活躍したことを本当にうれしく思います。彼は長い期間にわたってケガで離脱していたわけですし、今日のような復帰戦で、残り10分というところで途中出場して、とても重要なゴールを決めました。
そして、私たちにとって、天皇杯はとても大切な大会です。ですので、水曜日のとても大切な試合の前に、私たちの選手が強い自信といいメンタリティを持って、次の天皇杯の試合に臨めるようになることを、私は望んでいました」

相手チームコメント

秋田 豊監督
「この試合で降格が決まってしまって、京都を応援してくれていたサポーター、並びに、スポンサーの方や、いろいろな方が、応援してくれたにもかかわらず、こういう結果になって本当に申し訳ないと思っています。
今日の試合は立ち上がりから浮き足だって、このスタジアムの雰囲気、グラウンド、いろんなものに、ネガティブな要素が加わってしまって、なかなか思うようにゲームを進めることができませんでした。ただ、後半、少し持ち直したのですが、点を取る、ゴールを揺らすことができなかたので、その辺は力不足だと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ