MENU

試合速報

2010Jリーグ ディビジョン1 第25節
2010年10月02日(土)13:00 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
29,575人
天候
主審
松村 和彦

更新

大宮アルディージャ

大宮アルディージャ

1 - 2

1

前半

2

0

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

45分 ラファエル

GOAL

4分 高崎 寛之

16分 柏木 陽介

選手交代

60分 金久保 順→石原 直樹 75分 高崎 寛之→堀之内 聖
77分 李 天秀→市川 雅彦 90分 原口 元気→濱田 水輝
83分 金澤 慎→橋本 早十 90+4分 田中 達也→林 勇介

警告

24分 坪内 秀介 62分 細貝 萌
54分 福田 俊介
68分 李 天秀

退場

選手

1 北野 貴之

GK

1 山岸 範宏

30 渡部 大輔

28 福田 俊介

14 坪内 秀介

26 村上 和弘

DF

14 平川 忠亮

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

5 サヌ

23 金澤 慎

6 青木 拓矢

11 藤本 主税

22 金久保 順

MF

3 細貝 萌

8 柏木 陽介

24 原口 元気

11 田中 達也

10 ラファエル

16 李 天秀

FW

16 高崎 寛之

17 エジミウソン

21 江角 浩司

3 マト

32 杉山 新

18 李 浩

17 橋本 早十

9 石原 直樹

19 市川 雅彦

SUB

29 大谷 幸輝

21 永田 拓也

26 濱田 水輝

20 堀之内 聖

32 林 勇介

7 梅崎 司

36 矢島 倫太郎

スタッツ

8

シュート

13

12

GK

8

1

CK

4

11

直接FK

23

2

間接FK

6

1

オフサイド

6

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「前半と後半、まったく違う内容になりました。前半に関しては、とても長い時間帯にわたって、優れたプレーを見せることができたと思います。そして、いかにサッカーが魅力的なものであるのかということを、お見せすることができたのではないでしょうか。今日の前半、あのような形でゲームをしっかりコントロールすることができて、そして自ら主体的に動いてゲームを組み立てることができていました。私たちの厳しい台所事情を考えれば、これは評価しなくてはいけないことだと思います。
確かにあの失点によって、何人かの選手が少し慌て始めた面がありました。多くの選手たちが、今年のシーズン、とても無駄な形で多くの勝ち点を失ってきてしまったということを、しっかりと理解していると思います。それによってあの失点の後に何人かの選手たちが焦り始めて、無駄な形でボールを失っていたことは認めなくてはいけません。私たちが2-0でリードしていたわけですから、本当ならば、このシーンでもう少し落ち着いて素早くボールを回していけばよかったのですが、いくつかの状況では、何人かの選手たちが無駄な形でロングボールを蹴っていました。
ロングボールというのは素早く前線に蹴れば蹴るほど、同じようにボールがまた戻ってくることもあるわけです。そのような時間帯になって、私たちは優れたサッカーを展開することがなかなかできなかったと思います。ただし、総合的に今日の試合全体を見渡せば、最終的にはいいパフォーマンスを見せて、そして結果を残すことができた、これはやはり、しっかりと選手たちを褒め称えて評価しなくてはいけないことだと思います。
私は基本的に審判を批判するようなことはしません。しかし、あくまで、これは中立的な立場の意見としてとらえてください。今日は3度、PKとなってもいいような状況がありました。その中で、少なくとも1回はPKの笛を吹いてくれてもよかったのに、と私は思っています。審判に関しましては、試合全体を見渡せばとてもいい形で笛を吹いていたと思っていますが、この3回のうち1回はPKを取ることができたのではないでしょうか」

相手チームコメント

鈴木 淳監督
「90分を通じてあまりいい内容のゲームではなかったです。立ち上がり、早い時間に失点をして、それで続けてもう1点失うことになりました。原因は、ちょっとサイドの方でのマーキングがはっきりしていなくて、かなり、サヌと平川にオーバーラップを許してしまいました。前半のうちになかなか修正できずに、結果的には細貝と柏木のところになかなかプレッシャーがかからず、ペースを握られました。
そんな苦しい中、1点は返しましたが、後半に入って、守備のところをまず安定させるように、マーキングの確認をして、だいぶ中盤でボールが拾えるようになったことと、相手のボランチにもプレッシャーがかかるようになってきました。ただ、いかんせん、取ったボールをまた失ってしまったりとか、サイドで起点ができた後に、ボールの置き所がなくて、ミスパスをしたりということが多かったかなと思います。全体として攻撃のところのコントロールというか、主導権はほとんど握れずに90分が過ぎたのではないかなと思います。チャンスもさほど多くはなく非常に残念なゲームでしたが、また次のゲームに向けて、トレーニングしたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ