MENU

試合速報

2010Jリーグ ディビジョン1 第24節
2010年09月25日(土)16:03 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
31,973人
天候
主審
木村 博之

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

2 - 0

1

前半

0

1

後半

0

アルビレックス新潟

アルビレックス新潟

45+1分 柏木 陽介

81分 エスクデロ セルヒオ

GOAL

選手交代

15分 スピラノビッチ→坪井 慶介 HT 小林 慶行→三門 雄大
54分 サヌ→岡本 拓也 63分 大島 秀夫→明堂 和也
72分 ポンテ→エスクデロ セルヒオ 78分 田中 亜土夢→川又 堅碁

警告

30分 細貝 萌
41分 ポンテ

退場

選手

1 山岸 範宏

GK

21 東口 順昭

14 平川 忠亮

6 山田 暢久

4 スピラノビッチ

5 サヌ

DF

22 西 大伍

3 千葉 和彦

6 永田 充

24 酒井 高徳

3 細貝 萌

8 柏木 陽介

24 原口 元気

10 ポンテ

MF

32 小林 慶行

15 本間 勲

9 曺 永哲

29 加藤 大

11 田中 達也

17 エジミウソン

FW

16 大島 秀夫

23 田中 亜土夢

18 加藤 順大

2 坪井 慶介

31 岡本 拓也

20 堀之内 聖

26 濱田 水輝

16 高崎 寛之

15 エスクデロ セルヒオ

SUB

1 黒河 貴矢

4 鈴木 大輔

17 内田 潤

2 大野 和成

14 三門 雄大

19 明堂 和也

18 川又 堅碁

スタッツ

8

シュート

12

9

GK

5

3

CK

5

16

直接FK

16

4

間接FK

4

3

オフサイド

3

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「この私たちのホームスタジアムで、チームが優れたパフォーマンスを見せただけでなく、勝ち点3という結果をしっかり残すことができたことに関して、私たちだけではなく、ファン・サポーターのみなさんも、とても大きな喜びを感じているのではないでしょうか。
このチームがステップバイステップで確実に成長しているのは間違いありません。そして今、ここに所属している選手たちが軸となって、将来的にとても強い、優れたチームができあがるということを、止めることはできないと思います。
新潟は前半、とても優れたプレーを見せていたと思います。私たちに対して積極的な圧力をかけてきましたし、多くの選手たちが豊富な運動量を土台として、私たちの攻撃を防ごうとしてきました。そして、スピラノビッチがケガによって交代しなくてはいけなくなったときに、一部の時間帯で私たちの守備が不安定になったところがありました。しかし総合的に見て、私たちの選手たちが優れたプレーを見せていたと思いますし、試合全体を見渡せば、しっかりと私たちの守備も安定していたと思います。
守備、中盤、攻撃と、それぞれのポジションの選手が役割を果たしただけではなく、ピッチに立っている選手たちが、お互いに助け合って優れたプレー披露していました。特に、ボール際で数的優位を作るということを、実践できていましたし、そういう意味では、私たちが勝利を収めたのは、妥当であったと思います。そして、私にとってとてもうれしいことは、柏木陽介が徐々にですが、チームの軸としての責任を持つようになってきているということです。細貝とともに中盤の底でとても優れたプレーを見せていると思います。それから、山田暢久がセンターバックのポジションでとてもすばらしいプレーを見せていることも、私にとってはとても大きな喜びをもたらしてくれることです。なぜならば、山田暢久は、経験豊富な戦う意志を持った選手だからです。
それから、この後、岡本拓也が代表にいってしまうことを本当に私は悔やんでいます。確かに彼が代表で優れたプレーを見せてくれることを私は望んでいますが、今日の試合でも、彼はとても貴重なアシストを記録しましたし、同時に守備に関してもとても安定したプレーを見せていました」

相手チームコメント

黒崎 久志監督
「試合は0-2で非常に残念な結果でしたが、選手たちはこういった状況の中で立ち上がりからファイトしてくれて、数多くチャンスも作ることもできましたし、その中で最後の部分、前半の最後のちょっとしたポケットのところから、失点をしてしまいました。非常にあの時間帯が一つのポイントだったかなという感じはします。
後半も、攻撃の枚数を増やしていきましたが、相手の個人の特長といったところで失点をしてしまいまして、そこがちょっと残念でした。1点で何とか踏ん張っていればチャンスは来るかなという感じはしたんですけど、やっぱり2点取られると厳しい状況に追い込まれてしまいます。選手たちはこういった状況の中ですごく自分たちのやろうとすることというか、チームのやろうとすることに忠実にやってくれたと思っています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ