MENU

試合速報

2010Jリーグ ディビジョン1 第23節
2010年09月18日(土)16:03 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
38,909人
天候
主審
村上 伸次

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 1

1

前半

1

0

後半

0

清水エスパルス

清水エスパルス

19分 エジミウソン

GOAL

38分 岡崎 慎司

選手交代

HT ポンテ→田中 達也 68分 藤本 淳吾→山本 真希
77分 岡本 拓也→堀之内 聖 74分 小野 伸二→枝村 匠馬
82分 原口 元気→高崎 寛之 85分 岡崎 慎司→原 一樹

警告

53分 柏木 陽介 41分 ボスナー

退場

選手

1 山岸 範宏

GK

21 西部 洋平

31 岡本 拓也

6 山田 暢久

4 スピラノビッチ

5 サヌ

DF

25 市川 大祐

26 平岡 康裕

33 ボスナー

4 太田 宏介

3 細貝 萌

8 柏木 陽介

33 高橋 峻希

10 ポンテ

MF

13 兵働 昭弘

16 本田 拓也

30 小野 伸二

24 原口 元気

17 エジミウソン

FW

23 岡崎 慎司

18 ヨンセン

10 藤本 淳吾

29 大谷 幸輝

2 坪井 慶介

26 濱田 水輝

20 堀之内 聖

32 林 勇介

16 高崎 寛之

11 田中 達也

SUB

31 武田 洋平

2 児玉 新

5 岩下 敬輔

7 伊東 輝悦

17 山本 真希

8 枝村 匠馬

11 原 一樹

スタッツ

16

シュート

10

14

GK

10

6

CK

3

16

直接FK

13

1

間接FK

4

1

オフサイド

4

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「今日の試合で、私たちが勝ち点3という結果を得ることができなかったことに関しては、もちろん、とてもがっかりしています。この状況について、どのような形で発言するか、そしてどのような言葉を使うかということに関しては、気を付けなくてはなりません。ただし、一つの事実としては、ピッチの上で、一つのとても優れた成長を見ることができていると思います。
プロのサッカーというのは、ある意味一つのエンタテインメントでもありますし、それから魅力を提供するものでもあります。そして、今日の試合で両チームの見せたプレーは、非常に魅力的なものだったと思いますし、観客を魅了するようなプレーも多かったと思います。清水エスパルスは、今年に入ってからすでに42ゴールを決めていて、Jの中で最も危険な攻撃陣を持っているということを今日の試合でも再び証明していました。
それでも、今日の私たちのチームが見せたプレーの質は、非常に高いものだったと思います。ですので、私たちが勝利を収めていてもおかしくない試合内容だった、と思っています。
試合全体を通して非常によかったと思いますが、1分だけ、あってはいけない時間帯がありました。その時間帯というのは、私たちが本当ならば2-0のゴールを決めることができていたのに外してしまい、その直後に1-1の失点を食らってしまった時間帯、この1分間のことです。これは非常に悔やまれる時間帯でした。それから、今日のこの場で、私は若い選手たちに対してあまり多くのことを語りたくありません。それ以上に正しく評価しなくてはいけない選手が1人いるからです。それは山田暢久です。今日、彼はJ1リーグでの450試合目の試合に出場したわけですが、これは本当にすばらしいことだと思います。そして実際に今日の彼のプレーの質を見ていれば、今後、450ではなくて、500試合以上できるのではないか、と思っています」

相手チームコメント

長谷川 健太監督
「先週も大宮と試合ということで、2週連続でさいたまでのゲームでしたが、2,000人以上のサポーターが来てくれたということで本当に感謝しています。
今日のゲームは、先週、大宮に0-3で負けて、チーム的にもいい状態ではない、元気がないような状態で、浦和レッズとやるにあたって、決していい形でこのスタジアムに来られたわけではないと思っています。ただそういう中で、浦和が相手ということもあり、選手たちがもう一度、ここで戦わなければいけないということで、プレーをしてくれたことは非常にこれからの11試合に向けて、いいきっかけのゲームができたのではないかなと思います。
ただ、内容的には、先ほども言いましたが、あまりいい状態でここに来られなかった分、もっといい攻撃、いい守備というところがやれるはずなのですが、そこがまだ十分、今日のゲームではできませんでした。そういう中で、きちっと、アウェイという状況で、勝ち点1を取るための戦いは選手たちはやってくれましたし、先週に比べたら、まだまだ足りないかもしれませんが、非常にアグレッシブに自分たちがアクションを起こそうと、攻撃も仕掛けてくれたので、この1をこれからプラスに変えていけるように、来週1週間、きちっと準備をして、ホームの名古屋戦にすべてをかけたいと思っています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ