MENU

試合速報

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
2010年09月05日(日)17:04 KICK OFF

会場
さいたま市浦和駒場スタジアム
観衆
9,701人
天候
主審
柏原 丈二

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

7 - 0

4

前半

0

3

後半

0

東京国際大学

東京国際大学

5分 エジミウソン

30分 ポンテ

39分 エスクデロ セルヒオ

45+1分 ポンテ

48分 原口 元気

72分 高崎 寛之

88分 原口 元気

GOAL

選手交代

58分 エスクデロ セルヒオ→高崎 寛之 36分 鈴木 聡一郎→工藤 将利
60分 ポンテ→林 勇介 51分 田代 雅人→川村 誠也
74分 平川 忠亮→永田 拓也 80分 瀬野 高司→見神 大樹

警告

退場

選手

1 山岸 範宏

GK

1 富居 大樹

33 高橋 峻希

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

14 平川 忠亮

DF

28 藤沼 良之

6 市瀬 勇樹

5 森永 玲央

3 安藤 基司

26 濱田 水輝

8 柏木 陽介

10 ポンテ

MF

18 田代 雅人

7 瀬野 高司

2 鈴木 聡一郎

30 高橋 明嗣

24 原口 元気

15 エスクデロ セルヒオ

17 エジミウソン

FW

9 笠原 友昭

17 岩井 雄大

29 大谷 幸輝

21 永田 拓也

32 林 勇介

36 矢島 倫太郎

16 高崎 寛之

SUB

31 角田 周蔵

33 三橋 瑛

10 坂田 陽平

15 見神 大樹

32 内田 達弥

8 川村 誠也

22 工藤 将利

スタッツ

22

シュート

7

5

GK

17

10

CK

2

9

直接FK

12

1

間接FK

4

1

オフサイド

4

1

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「今日の試合では、私たちの選手が正しい姿勢を見せてくれました。そして、高い集中力を持って試合に入ることができました。ですので、このような形で快勝となったわけですが、選手たちのパフォーマンスを考えれば、十分、妥当な結果だったと思います。それ以上多く語ることはないと思います。
ただし、私が唯一願っているのは、セルヒオのケガがそれほどひどくないものであるということです。数週間にわたって離脱することがないように願いたいです。
そして、私たちのそれぞれの代表選手たちが、ケガをしないまま、またチームに合流できることを願っています。細貝は昨日の試合でとても優れたゲームをしていたと思います。そして、私の知人から得た情報によると、今、スイスでオーストラリア代表の試合にスタメンで出たスピラノビッチが、スイスとの試合でとても優れたプレーを見せていたということでした。現時点ではとてもたくさんのケガ人がいる状況ですので、私たちの代表選手たちが、ケガをしないまま、またチームに合流できることを強く願っています」

相手チームコメント

前田 秀樹監督
「負け惜しみではないですが、やはり一歩一歩の違いと言うんですかね。早さの違いももちろんですが、そういうところでかなり、中1日の疲れというのが動きの面でも、出足でほとんど遅れてしまったというところですね。相手がJ1ですので動き出しが早いので、それをいかに付けるかがポイントでしたが、前半、ポンテに対してマンマークでつかせて、中1日だったものですからあまりシミュレーションはできなくて、ボードで初めて1年生をポンテにつかせて、逆にカウンターで取れればなというプランでしたが、逆にそれが裏手に出てしまって、引いてしまいました。
全体的にそこがむしろ相手の前の選手が自由に動けたのではないかと、この辺も選手のやられたら怖いという部分があって、下がりすぎたのかなと。そこですぐ、30分過ぎに手を打ってツートップに変えて、真っ向勝負じゃないですが、点を取りにいきました。リスクはあってもやはり、見にいらっしゃっている方々、それから今まで、埼玉県の代表としてそれだけの戦いぶりをしなくてはいけないということで、リスクはあっても攻撃にいこうというところで点を取りにいきました。
後半も体力がある限り、前からプレスをかけて1点でも返せればと。もちろんリスクはあって、前半とは違う戦い方でやりましたが結果的にはうまさとスピードでやられてしまいました。選手たちにとっては本当にいい勉強になったのではないかと思います。
レベルが低いとボール際の、そういった甘いチェックでも結構、プレスがかかっているように思ってしまいますが、レベルが高くなるとボールに対して1メートル、2メートル、逆に何10センチの差でプレスがかかるかからないかの差が出てくると思います。そういう意味では選手たちは一生懸命プレスをかけているつもりでもなかなか自由に、いいプレスがかけられなかった前半、そこからいいボールがどんどん出てきてしまった、そして裏に走られた、ここが最大のレベルの差かなというところですね。
もう一つは、ちょっと選手たちにとって気になったのは、ウォーミングアップのときにグラウンドがあまりにもスリッピーなので、そういったところでやることはあまりできていないので、体の使い方は向こうの方がうまいので、慣れてないところでやってしまって、そういうところでも簡単に突破されたのかなと。だから逆に疲れが倍増したっていうような、中1日のハンデと、それと今日のピッチの状況というのは、かなり選手たちは疲れてしまったのではないかと思います。ただ選手たちは本当によくやってくれて、最後の最後まで1点を取りに行こうという姿勢は、すごく成長したかなと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ