MENU

試合速報

2010Jリーグ ディビジョン1 第13節
2010年07月18日(日)18:05 KICK OFF

会場
万博記念競技場
観衆
20,201人
天候
主審
佐藤 隆治

更新

ガンバ大阪

ガンバ大阪

3 - 2

1

前半

1

2

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

45+1分 宇佐美 貴史

64分 OWN GOAL

90+4分 遠藤 保仁

GOAL

18分 エジミウソン

90+3分 エジミウソン

選手交代

65分 平井 将生→イ グノ 67分 細貝 萌→柏木 陽介
85分 宇佐美 貴史→武井 択也 70分 サヌ→宇賀神 友弥
87分 安田 理大→高木 和道 74分 田中 達也→原口 元気

警告

7分 加地 亮
45分 橋本 英郎

退場

68分 ルーカス 90分 山田 暢久

選手

1 藤ヶ谷 陽介

GK

1 山岸 範宏

21 加地 亮

2 中澤 聡太

5 山口 智

13 安田 理大

DF

14 平川 忠亮

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

5 サヌ

17 明神 智和

27 橋本 英郎

7 遠藤 保仁

9 ルーカス

MF

22 阿部 勇樹

3 細貝 萌

34 山田 直輝

14 平井 将生

33 宇佐美 貴史

FW

10 ポンテ

11 田中 達也

17 エジミウソン

29 木村 敦志

4 高木 和道

8 佐々木 勇人

23 武井 択也

16 ドド

18 チョ ジェジン

22 イ グノ

SUB

29 大谷 幸輝

35 宇賀神 友弥

20 堀之内 聖

8 柏木 陽介

13 鈴木 啓太

24 原口 元気

15 エスクデロ セルヒオ

スタッツ

14

シュート

14

12

GK

10

5

CK

3

16

直接FK

18

2

間接FK

1

2

オフサイド

1

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「今日の試合で起きてしまったこと、特にこの試合終盤に起きたことに関しましては、もう少し落ち着いてから振り返らなくてはなりません。今、試合終了直後に、ここで詳細な分析、それから私が感じたことについて語ってしまって、場合によっては不注意なことを語ってしまうくらいならば、もう少し、今日、ドラマチックな形で終わってしまったこの試合に関して、落ち着いて分析し直したいです。
そして、特に前半に関しましては、私たちがとても優れたプレーをしていました。ですので、本当に、前半のロスタイムのときに、私たちが自ら用意してしまったような形で失点を食らってしまったこと、これがとても残念でした。
最初の失点まで、私たちは、非常に集中力の高いプレーを見せていましたし、ゲームをしっかりとコントロールすることもできていました。しかしあのような形で失点をした後に、何人かの選手たちが少し不安なプレーを見せ始めて、そして最終的にはオウンゴールという形で相手にリードを許してしまったのです。そして最後に、ロスタイムの時間帯にあのような劇的な形で今日の試合が終わったわけですが、私たち浦和レッズにしてみれば、とても悲しい劇的な試合終了でした」

相手チームコメント

西野 朗監督
「なんとしてでも、という気持ちは選手がみんな、今日のゲームにかけるチームの状態というか、雰囲気は非常に高かったので、おそらくいいゲーム、タフなゲームでしょうけど、非常にガンバらしい、伝わってくるゲームはできるんじゃないかと思ってはいたので、先行されましたけど、少しずつ自分たちのリズムというかペースに慌てずに持ってこれました。
ヤット(遠藤選手)が入ったことで、ボールが落ち着いて動いている感じはスタートからしたので、それを継続してやっていけばいいっていうハーフタイムの中で、後半も、最初はいきたかったですね、もう少し早い段階で。GOかけて、先手を取っていこうっていうことの中で、よく全体が動いていたので、慌てず、ゲームをコントロールしていたと思います。
ルーカスがああいうことの中で、ポイントがあって変わりましたが、はっきりディフェンスっていうことでとらえられましたので、逆によかったかもしれないです。全体的には前節のゲームよりは、非常にフィジカル的にも体がきいていたし、ボールの落ち着きというか、展開もいろいろとアクセントがありました。
ポゼッションでは絶対に負けたくないっていうのがレッズにはあって、そういう意味ではかなりとられた部分もありましたが、互角にやれたんじゃないかと思います。最後はああいう劇的になりましたが、最後、入った2人の崩しで、あそこは期待というか、ディフェンスのメッセージだけだったので、よく出て行ったなとは思います。いいプレーをしてくれたなと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ