MENU

試合速報

2010Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第5節
2010年05月30日(日)15:03 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
34,040人
天候
主審
家本 政明

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 1

0

前半

0

0

後半

1

清水エスパルス

清水エスパルス

GOAL

87分 原 一樹

選手交代

36分 田中 達也→エスクデロ セルヒオ 65分 兵働 昭弘→山本 真希
81分 堀之内 聖→鈴木 啓太 78分 永井 雄一郎→原 一樹
86分 宇賀神 友弥→原口 元気 78分 本田 拓也→大前 元紀

警告

48分 岩下 敬輔

退場

選手

18 加藤 順大

GK

21 西部 洋平

5 サヌ

6 山田 暢久

4 スピラノビッチ

35 宇賀神 友弥

DF

15 辻尾 真二

5 岩下 敬輔

26 平岡 康裕

4 太田 宏介

3 細貝 萌

20 堀之内 聖

8 柏木 陽介

10 ポンテ

MF

13 兵働 昭弘

16 本田 拓也

30 小野 伸二

11 田中 達也

17 エジミウソン

FW

9 永井 雄一郎

18 ヨンセン

10 藤本 淳吾

1 山岸 範宏

12 堤 俊輔

14 平川 忠亮

13 鈴木 啓太

15 エスクデロ セルヒオ

24 原口 元気

16 高崎 寛之

SUB

31 武田 洋平

33 ボスナー

2 児玉 新

7 伊東 輝悦

17 山本 真希

11 原 一樹

22 大前 元紀

スタッツ

14

シュート

12

5

GK

8

9

CK

7

18

直接FK

17

3

間接FK

5

3

オフサイド

4

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「今日の試合についてコメントするのは、非常に難しいです。なぜならば、非常に長い時間帯にわたって、私たちのチームがとても優れたパフォーマンスを見せていたからです。前回の山形戦のような試合内容でしたら、チームに対して批判的なことを言うことができます。しかし今日のような試合内容で、チームのことについて批判的なことを、今ここで言いたくはありません。ピッチの上ですべての選手たちが勝利を収めたいと、そのために強い意志を発揮していましたし、それを見ることもできたと思います。たくさんの得点チャンスも作りだしていました。今、私たちが行なっているチームの改革の途中で、今日のようなとても痛い敗戦というのも起きることがあります。しかしだからといって今、チームを責めるわけにはいきません。なぜならば、すべての選手がとても優れたプレーを見せていたからです。今の状況は、私たちの方にまったく幸運がないということもできるでしょう。
幸運を得るためには、そのためにハードな仕事をしなくてはいけないわけですし、私たちが今の仕事をしっかりと続けていけば、再び、幸運の女神が自分たちに対して、微笑んでくれるのではないかと思っています。先ほど申し上げたことの繰り返しになりますが、山形戦のパフォーマンスと内容に関しましては、たくさん批判することがありましたし、実際に私もそのようなことをしました。しかし、今日の試合では、将来に向けての、とてもたくさんのポジティブな状況を見ることができたと思います。あのような形で、非常に悔しい形で失点をしてしまいましたが、それでも、とても長い時間帯にわたって、センターバックの選手たちがとても優れたプレーを見せていました。そして今日の4-3-3のフォーメーションの中で、私たちの選手が、長い間、それぞれのポジションで優れたプレーを見せていたと思います。
ですので、結果は本当に残念なものでした。多くの外部の方々が私に対して、『日本では全員が結果しか見ない』ということをよく言ってきます。しかし、今日の試合内容がいかによかったか、ということはこのスタジアムを訪れた観客のみなさんにもご覧にいただけたことだと思います」

相手チームコメント

長谷川 健太監督
「本当に気持ちのこもったゲームができたんじゃないかと思っています。そういう意味では前節、神戸で、今日も本当にたくさんのサポーターが応援してくださりましたが、なかなか前節はその気持ちに応えるような試合ができなかった、またプレーができなかった、そういう意味では今日のゲーム、どこまで気持ちのこもったゲームがやれるかどうかというところがまず最大のポイントだったんじゃないかなというふうに思います。そういう意味では90分間を通して、もちろん状況的には勝たなければ、このナビスコの予選が、終わってしまうという状況ではありましたが、よく選手たちが最後まで戦ってくれた結果が最後、原の得点につながったんじゃないかなと思っています。あと1試合、何とか勝っていい結果になるように、最後1試合、全力を尽くして戦っていきたいと思っています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ