MENU

試合速報

2010Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第3節
2010年05月22日(土)14:00 KICK OFF

会場
平塚競技場
観衆
12,322人
天候
主審
松村 和彦

更新

湘南ベルマーレ

湘南ベルマーレ

1 - 2

1

前半

1

0

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

25分 三平 和司

GOAL

22分 ポンテ

58分 エジミウソン

選手交代

71分 坂本 紘司→馬場 賢治 HT 原口 元気→エスクデロ セルヒオ
75分 中山 元気→新居 辰基 66分 堀之内 聖→細貝 萌
80分 阿部 吉朗→中村 祐也 76分 サヌ→宇賀神 友弥

警告

73分 臼井 幸平 61分 堀之内 聖
77分 山口 貴弘 78分 細貝 萌

退場

選手

32 松本 拓也

GK

18 加藤 順大

5 臼井 幸平

4 山口 貴弘

6 村松 大輔

24 小澤 雄希

DF

14 平川 忠亮

4 スピラノビッチ

2 坪井 慶介

5 サヌ

21 永田 亮太

15 ハン グギョン

8 坂本 紘司

MF

20 堀之内 聖

13 鈴木 啓太

8 柏木 陽介

10 ポンテ

36 三平 和司

27 中山 元気

11 阿部 吉朗

FW

24 原口 元気

17 エジミウソン

25 金 永基

30 島村 毅

7 寺川 能人

17 馬場 賢治

9 田原 豊

18 新居 辰基

22 中村 祐也

SUB

1 山岸 範宏

12 堤 俊輔

6 山田 暢久

35 宇賀神 友弥

3 細貝 萌

15 エスクデロ セルヒオ

16 高崎 寛之

スタッツ

10

シュート

13

12

GK

8

10

CK

4

12

直接FK

12

1

間接FK

2

1

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「ヤマザキナビスコカップの決勝トーナメントに進出するためには、私たちは、どうしてもここで勝ち点3を取りたいと考えていました。そしてとても貴重な勝ち点3を、今日ここで取ることができました。
今回、いくつかのポジションで部分的なローテーションを行ないました。ここ数週間にわたって先発で試合に出ていなかった選手たちが今日、スタメンで出場しました。そして、今まで先発で出ていた山田暢久、細貝、宇賀神といった選手たちは、もちろん今回のナビスコカップでも試合に出ますが、今回のように、毎回スタメンで出るとは限りません。また、何度も繰り返し言っていることですが、ナビスコカップでは若いゴールキーパーたちを使います。正直なところ、今日よりも優れたサッカーを展開した試合は今まででも十分、あったと思います。それでも今日は、しっかりとした形で勝利を収めることができましたので、決勝トーナメント進出ということを考えても、とても貴重な勝利だったと言えます。
今日は二度、リードした後の対応がよくありませんでした。そして2点目を取った後に、いくつかの状況での対応が非常に悪く、それによってもう少しで2失点目を食らうところでした。1つのグループとしての全体的な動きがよくなかったのです。これは改善していかなくてはいけませんし、まるで何もなかったかのように明日の仕事に移るというわけにはいきません。このことについては話し合いをしていきたいと思います。
確かにこの試合を決定づけるためにも3-1のゴールを狙っていましたし、その状況もたくさんあったと思います。最終的にはとても厳しい戦いでしたが、勝ち点3を取ることができましたので、結果に関しては満足しています」

相手チームコメント

反町 康治監督
「リーグの中で浦和レッズとは1回、埼玉スタジアムでゲームをしていまして、同じような2-1というスコアでしたが、そのときと比べれば我々のチームはよくなっているかなと感じています。ただゲームに勝てなかったという事実はあるわけで、そこは見直さなければいけないと。ここのところ、ゲームの主導権を握れている時間帯も増えてきているのですが、まだ時間帯によるバロメーターとかが一定していないという感じはします。そこがこれからの課題だなと思っています。
見てのとおり、ディフェンスにおいては、一瞬の対応の悪さとか、それで失点しまうわけです。それはもう口をすっぱくして言っていて、そのたびに練習しているのですが、やはりゲームの中でそれが露呈してしまうというのは、大きな課題といえば課題なのですが、それができていればうちのチームにいないのかもしれませんし、そこをナビスコを通して、最重要課題として、トレーニングの中にも入れて、やるべきかなと思っています。
攻撃も一瞬の、なんていうか、アタッキングサードにいってから、そこまではボールを運べていたと思います。今日はちょっと、向こうもリードしていたにもかかわらず、かなり人数を有して攻めてきて、間延びしていたので、そういうチャンスもありましたが、最後のアイデアがちょっと足りないとは思いました。みなさんもたぶん、思っていると思いますが。これもトレーニングの中に落とし込んでいかないといけないかなと。
ガンバ大阪戦が終わって、みんなでいろいろと選手と話をして、我々はリーグで現在最下位のチームだと。おそらくナビスコカップでも今、グループでは最下位だと思いますが、そこで何を考えるか。サッカーに対して、前向きにというか真摯にとらえて、やるということを話して、少しは気持ちの入ったサッカーができたと。もちろんサッカーのゲームには勝ちと負けが必ずついてくるわけであって、負けたときに本当に、持っている力、チームとして与えられている仕事をこなして、やられたんだったら、これはもうしようがないというか相手を褒めるしかない。ただ、そういうのをやらずに、同じくゲームに負けたとしたら、それはもう非常に悲しいことであるという話を今日、ミーティングで話をして今日、送り出しました。そうした意味では、負けて満足という言い方は変ですが、ちょっと明るい兆しがまだ、トンネルの中で先の方に小さい光しか見えていないかもしれませんが、見えてきたので、これを来週2ゲームあるので、つなげていきたいなと思っています。またすぐホームで、今日は赤色が目立っていましたが、緑色が目立つように、我々もがんばっていかなきゃいけないと思っています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ