MENU

試合速報

2010Jリーグ ディビジョン1 第10節
2010年05月05日(水・祝)14:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
55,410人
天候
主審
扇谷 健司

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

2 - 1

0

前半

1

2

後半

0

名古屋グランパス

名古屋グランパス

48分 柏木 陽介

55分 原口 元気

GOAL

13分 ケネディ

選手交代

34分 田中 達也→原口 元気 HT 玉田 圭司→吉村 圭司
89分 柏木 陽介→スピラノビッチ 56分 三都主 アレサンドロ→杉本 恵太
90+3分 ポンテ→堀之内 聖 67分 ブルザノビッチ→巻 佑樹

警告

67分 増川 隆洋

退場

選手

1 山岸 範宏

GK

1 楢﨑 正剛

14 平川 忠亮

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

35 宇賀神 友弥

DF

32 田中 隼磨

3 千代反田 充

5 増川 隆洋

6 阿部 翔平

22 阿部 勇樹

3 細貝 萌

8 柏木 陽介

10 ポンテ

MF

7 中村 直志

38 三都主 アレサンドロ

9 ブルザノビッチ

11 田中 達也

17 エジミウソン

FW

10 小川 佳純

16 ケネディ

11 玉田 圭司

18 加藤 順大

4 スピラノビッチ

13 鈴木 啓太

20 堀之内 聖

5 サヌ

24 原口 元気

15 エスクデロ セルヒオ

SUB

50 高木 義成

2 竹内 彬

14 吉村 圭司

20 ダニルソン

22 橋本 晃司

17 巻 佑樹

19 杉本 恵太

スタッツ

14

シュート

12

11

GK

11

6

CK

10

18

直接FK

17

0

間接FK

2

0

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「今日はとても暑かったですし、私も今日ばかりはスーツではなくこのようなポロシャツを着ました。ちなみにこのポロシャツはヒューゴ・ボス社のとてもすばらしい質の高いものです(笑)。みなさんにもぜひお勧めしたいと思います。
このような、とても暑い気温の中、本当に多くのサポーターの中で、私たちがとても優れた試合を見せることができました。そのことに関して、とても大きな喜びを感じています。確かに前半、ピッチの上でいくつかのことを優れた形で実践することができていませんでした。ただしその内容については、ここで細かく語るつもりはありません。なぜならば、ハーフタイムで私たちはそのことについて話し合いをして、修正したからです。
そして、私たちが決めた2つのゴールですが、両方とも、優れた形でパスをつないでチャンスを作りだすことができていましたし、コンビネーションから生まれたゴールでした。
私たちが今日の試合、空中戦で勝つということはないだろうということは前もって分かっていたことです。そして今日の試合内容、それからこのような結果を残すことができて、私はとても喜んでいます。なぜならば、前回の清水戦でも、チームは優れた、質の高いプレーを見せていました。しかし、あのような結果になってしまったので、外部の方々に対して、私たちが優れたプレーを見せていたことを説明するのはそう簡単なことではありません。今日は、内容だけではなくて、結果もしっかり伴いましたので、本当に大きな喜びを全員が感じとることができたと思います。
そしてこれが、私たちの今年の目標なのです。質の高いゲームを展開すること、私たちのプレースタイルをしっかりと実践すること、そして優れた結果を残すことです。サポーターのみなさんも今日の試合に関してとても満足していただけたと思いますし、数多くのサポーターに、また次の試合でもこのスタジアムに来ていただけることを願っています」

相手チームコメント

ストイコビッチ監督
「今日は本当にいいクオリティを見せるようなゲーム内容だったと思います。本当にいいペースでお互いのゲームが進んだと思います。とても魅力的なゲームだったと思いますし、今日は本当にゲームの中に二面がありました。前半、我々グランパスの方がしっかりレッズさんに教訓を与えるような形で、1-0で折り返しました。後半は逆に我々の足が止まってしまったという部分があります。こういうふうな二面性が前半と後半にありました。失点というのはディフェンスのミスで、あのような形でレッズに勝利を与えてしまったという感じがあります」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ