MENU

試合速報

2010Jリーグ ディビジョン1 第9節
2010年05月01日(土)16:03 KICK OFF

会場
エコパスタジアム
観衆
38,851人
天候
主審
吉田 寿光

更新

清水エスパルス

清水エスパルス

2 - 1

1

前半

1

1

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

17分 岡崎 慎司

90+3分 ヨンセン

GOAL

22分 ポンテ

選手交代

HT 西部 洋平→武田 洋平 67分 鈴木 啓太→堀之内 聖
79分 藤本 淳吾→永井 雄一郎 75分 田中 達也→高原 直泰
83分 辻尾 真二→高木 純平 88分 柏木 陽介→サヌ

警告

25分 本田 拓也 90+1分 ポンテ
88分 高木 純平

退場

選手

21 西部 洋平

GK

1 山岸 範宏

15 辻尾 真二

26 平岡 康裕

33 ボスナー

4 太田 宏介

DF

14 平川 忠亮

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

35 宇賀神 友弥

13 兵働 昭弘

16 本田 拓也

30 小野 伸二

MF

22 阿部 勇樹

13 鈴木 啓太

8 柏木 陽介

10 ポンテ

23 岡崎 慎司

18 ヨンセン

10 藤本 淳吾

FW

11 田中 達也

17 エジミウソン

31 武田 洋平

27 廣井 友信

14 高木 純平

7 伊東 輝悦

17 山本 真希

9 永井 雄一郎

11 原 一樹

SUB

23 都築 龍太

4 スピラノビッチ

12 堤 俊輔

20 堀之内 聖

5 サヌ

24 原口 元気

19 高原 直泰

スタッツ

11

シュート

7

11

GK

10

7

CK

7

13

直接FK

15

4

間接FK

1

3

オフサイド

1

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「とても短くまとめたいと思います。今日の試合、アウェイゲームということもありましたが、私たちのチームはとても優れたプレーを見せていたと思います。そして守備に関しても攻撃に関してもしっかりとしたプレーを見せていましたが、だからこそ、あのような形で最終的に失点をくらって敗戦したことはとても残念ですし、ある意味、不幸だったと思います。チーム全体のパフォーマンスもよかったわけですし、私たちのチームで、今日とても大きな仕事をこなさなくてはならなかった4バックの選手たちも、最後の最後まで、清水エスパルスのとても危険なFWを相手に優れたプレーを見せていたと思いますし、安定した守備を実践していました。
私は、本当ならば、今日のプレー全体を考えれば、引き分けという結果は十分妥当だったと思っています。もちろん私は勝利を収めたかったわけですが、最後の、このような形ですべての勝ち点を失ってしまったこと、このことに関しては私自身もとても落胆していますし、それはみなさんにもお分かりいただけることだと思います」

相手チームコメント

長谷川 健太監督
「本当にサポーターには、熱い応援、声援、ありがとうございます。最高の舞台を両チームのサポーターが作ってくださったと思います。また、選手たちはその声援に応えようと最後まで熱いゲームをしてくれたと思っています。前半、レッズは今日は少し引き気味できたというふうに思っています。引いて引っかけてカウンターを狙ったのかなと。その辺はちょっと分からないですが、いつもよりもアグレッシブにというよりは少し、守備になったときにきちっとブロックを作ってというかですね、少し帰陣したような状況でいつもほどのアグレッシブさがベンチから見ていてなかったです。
ただ、そういう中でうちもなかなかいい展開、攻撃の形を数多く作ることができなかったのですが、途中からうまく藤本が起点になりながら、中央からですが、何回かチャンス、またカウンターからチャンスが生まれたと思います。
始め、セットプレーから取っていい入りをしましたが、ポンテ、エジミウソンのラインで、また、レッズの特に中央からのワンツーであり、中の崩しというところを今日のゲーム、警戒して入りました。その警戒していたところでやられてしまったのはちょっと。相手はそこは一枚上手だったのかなと思いますが、ただ、その後は非常によく対応してくれたと思っています。
特に後半はつぶすところはしっかりつぶし、キーパーの西部が脳しんとうで後半、代えざるをえない状況で武田が出ている中で、守備、また前線の切り替えというところで、非常に全員が集中して戦ってくれたと思っています。
後半の守備に関しては納得のいく戦いができたと思っています。逆に攻撃の方が、岡崎のビッグチャンスはありましたが、それ以外、レッズの方もきちっと、堀之内を入れたりして中盤のバランスをきちっと取りながら戦ってきました。お互いに一歩も気を引けないような展開がずっと続きましたが、よく最後、フローデが決めてくれました」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ