MENU

試合速報

2010Jリーグ ディビジョン1 第8節
2010年04月24日(土)16:03 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
37,116人
天候
主審
岡田 正義

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 1

0

前半

0

0

後半

1

ジュビロ磐田

ジュビロ磐田

GOAL

55分 西 紀寛

選手交代

61分 柏木 陽介→高原 直泰 66分 成岡 翔→金沢 浄
61分 サヌ→宇賀神 友弥 69分 西 紀寛→山本 康裕
82分 田中 達也→原口 元気 86分 上田 康太→岡田 隆

警告

81分 駒野 友一
84分 金沢 浄

退場

選手

1 山岸 範宏

GK

21 八田 直樹

14 平川 忠亮

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

5 サヌ

DF

5 駒野 友一

2 加賀 健一

13 イ ガンジン

14 パク チュホ

22 阿部 勇樹

3 細貝 萌

8 柏木 陽介

10 ポンテ

MF

6 那須 大亮

27 上田 康太

11 西 紀寛

10 成岡 翔

11 田中 達也

17 エジミウソン

FW

18 前田 遼一

33 イ グノ

23 都築 龍太

4 スピラノビッチ

35 宇賀神 友弥

20 堀之内 聖

13 鈴木 啓太

24 原口 元気

19 高原 直泰

SUB

31 竹重 安希彦

3 岡田 隆

4 大井 健太郎

16 金沢 浄

23 山本 康裕

28 船谷 圭祐

19 荒田 智之

スタッツ

15

シュート

9

10

GK

12

10

CK

2

24

直接FK

10

2

間接FK

3

2

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「選手も監督も、とてもがっかりしています。私たちはなかなかリードすることができませんでした。そして私たちは、今日の試合がとても厳しいものになるということを予想していました。そして私たちが攻めていたわけですが、必要としていた幸運も、なかなか私たちを助けてくれませんでした。2度、ポストにシュートを当てているわけですし…。
そして、ジュビロは非常に守備的な形でこの試合に臨んできたわけですが、彼らにはこの幸運があって、最終的に彼らが勝利を収めることができたと思います。そして相手が今後もこのような形で守備的なサッカーを展開してきたときに、私たちのプレースタイルで、どのような形で先取点を狙っていくか、そのことに関して、今後もトレーニングをしていなかくてはいけませんし、特に相手の陣地で生まれる危険なスペースの生かし方というものを、私たちはさらに改善していかなくてはいけません。
今回の試合でも5回、6回、7回といくつか優れたシーンがありました。ただし、私たちはこの結果をしっかり受け止めなくてはいけませんし、今ここで、とてもがっかりして、落胆して、前を見ることができないという状況が起きないよう、しっかりと顔を上げて、そして次の試合に向けて、準備をしていかなくてはなりません」

相手チームコメント

柳下 正明監督
「とにかく非常に高い集中力を持って、粘り強くプレーできたし、チームが一つになって守れたということがこの勝ち点3をとれた最大の要因だと思っています。今まで、どちらかというと粘りが足りなくて、1人2人、ボールを取りに行ってスペースを作って、そこを使われて失点するという形が非常に多かったのですが、そういうことがなく、スライドも早くできていたし、プレスバック等、守備に関しては非常によかったと思っています。
攻撃に関してはやっぱり、長いボールが入った後、もっと人数をかけてサポートして、展開したかったのですが、守備の方での疲労と、浦和の奪われた瞬間のプレスですね、それによって自由にボールが動かなかったと。
ただ、勝ち点3をとるということが一番、我々にとって重要なことだったので、非常にうれしく思っています。この後もこういうゲームを続けられるようにまたしっかりトレーニングしていきたいと思っています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ