MENU

試合速報

2010Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第2節
2010年04月14日(水)19:01 KICK OFF

会場
ホームズスタジアム神戸
観衆
5,524人
天候
主審
吉田 寿光

更新

ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸

1 - 3

0

前半

0

1

後半

3

浦和レッズ

浦和レッズ

59分 ポポ

GOAL

66分 高原 直泰

74分 阿部 勇樹

88分 エジミウソン

選手交代

30分 榎本 達也→紀氏 隆秀 62分 鈴木 啓太→高原 直泰
58分 茂木 弘人→エジミウソン 79分 原口 元気→堀之内 聖
76分 ボッティ→吉田 孝行 90分 エジミウソン→高崎 寛之

警告

28分 冨田 大介 79分 スピラノビッチ
63分 紀氏 隆秀
70分 小林 久晃

退場

選手

1 榎本 達也

GK

18 加藤 順大

4 北本 久仁衛

2 小林 久晃

5 河本 裕之

33 冨田 大介

DF

33 高橋 峻希

4 スピラノビッチ

6 山田 暢久

5 サヌ

18 田中 英雄

14 宮本 恒靖

10 ボッティ

11 ポポ

MF

22 阿部 勇樹

13 鈴木 啓太

8 柏木 陽介

10 ポンテ

21 茂木 弘人

27 都倉 賢

FW

24 原口 元気

17 エジミウソン

29 紀氏 隆秀

25 石櫃 洋祐

6 エジミウソン

7 朴 康造

16 楠瀬 章仁

17 吉田 孝行

31 小川 慶治朗

SUB

29 大谷 幸輝

2 坪井 慶介

12 堤 俊輔

31 岡本 拓也

20 堀之内 聖

16 高崎 寛之

19 高原 直泰

スタッツ

13

シュート

15

9

GK

11

1

CK

2

15

直接FK

24

3

間接FK

4

3

オフサイド

4

1

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「前半に関しましては、3つ~4つのポジションで実際にメンバーの変更を行なったことによって、なかなか選手たちがゲームに入ることができていませんでした。ですので、今回はその変更が一部の選手たちに影響を与えたとも言えると思います。前半に関しては…です。
後半に入ってからは、多くのことが改善されました。そして、先取点を奪われた後に、私たちの選手たちは正しい反応を示したと思います。あのような形で逆転することができたこと、そして、あのような強いメンタリティーを持ってチームが一丸となって一つの目標に向かって戦うことができました。これはとても評価すべきことだと思っていますし、このような形で勝利を収めることができたことを、とてもうれしく思っています。このような勝者のメンタリティーを私たちは身につけなくてはなりません。そして、ここで大切なのは私たちが勝利のために仕事をすることです。試合の前に、浦和はこの5年間この神戸の地で1度も勝利を収めることができていないことを聞きましたが、そういうことを考えてはいけません。
そして、ナビスコカップで、私は、2人の若いGK、加藤と大谷を起用することを決めています。そして、彼らにとってもこのナビスコカップはとても大切な今後のための経験になるでしょうし、そして特に今日加藤が2本のPKを止めたことはとてもうれしかったですし、6年~7年にわたって、彼は長い間『影』にいたわけですが、彼にとっても、今日の試合はとても大きな喜びをもたらしてくれる試合だったと思います。
しかし、もう今日のゲームは終りました。これから大切なのは、私たちがしっかりとした形で次の週末の川崎フロンターレ戦に向けて準備をすることです」

相手チームコメント

三浦 俊也監督
「応援していただいたサポーターに感謝いたします。
まずは、前回の反省でスタート、前半の入り方を注意して入りましたが、全体的にはアグレッシブで、チャンスもあり、前半に関しては簡単に言うと五分五分の内容でできたのかなと思います。
ただ、やはり分析していたとおり、浦和で怖いのはポンテが絡み、そして最終的にはエジミウソンというところが怖かったというのは前半でも少し垣間見られた状況なので、ポンテあたりに間でボールを持たれていいパスを出されれば、プレッシャーがかからなければ、やはり厳しいなとは思っていました。
ただなんとなく、相手の守備の仕方からいくと、サイドあるいはカウンターというのは比較的いけそうな感じは持てていました。
茂木に関しては次の試合のことも考えての交代で、うまくそこで1点取れましたが、そこからはやや受け身になったというか、全体の、特に前線からの前の6人の運動量がやや落ちたかなという印象を受けて、そこで3点やられたということだったと思います。
ただ、ホームゲームですし、先制点が取れたということでは、もう少し粘り強く、我慢強く、特にディフェンスの安定というのはリーグ戦には欠かせないものであり、そこは非常に残念だなと。ミスもあったのでしょうけど、ちょっとやはり、そこはもったいないゲームだったなと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ