MENU

試合速報

2009Jリーグ ディビジョン1 第27節
2009年09月27日(日)14:05 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
45,023人
天候
曇のち晴
主審
岡田 正義

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 2

1

前半

2

0

後半

0

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

15分 エジミウソン

GOAL

3分 中澤 佑二

44分 渡邉 千真

選手交代

64分 鈴木 啓太→田中 達也 77分 長谷川 アーリアジャスール→金井 貢史
64分 梅崎 司→山田 直輝 80分 狩野 健太→田代 真一
73分 ポンテ→高原 直泰 86分 渡邉 千真→金 根煥

警告

48分 坪井 慶介 42分 松田 直樹
71分 ポンテ 51分 河合 竜二
78分 山田 暢久

退場

選手

1 山岸 範宏

GK

1 榎本 哲也

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

3 細貝 萌

DF

5 田中 裕介

7 栗原 勇蔵

22 中澤 佑二

13 小宮山 尊信

22 阿部 勇樹

13 鈴木 啓太

10 ポンテ

7 梅崎 司

MF

29 長谷川 アーリアジャスール

6 河合 竜二

3 松田 直樹

14 狩野 健太

24 原口 元気

17 エジミウソン

FW

9 渡邉 千真

11 坂田 大輔

28 加藤 順大

20 堀之内 聖

33 高橋 峻希

14 平川 忠亮

34 山田 直輝

11 田中 達也

19 高原 直泰

SUB

31 秋元 陽太

24 金井 貢史

23 田代 真一

15 金 根煥

20 水沼 宏太

10 山瀬 功治

27 斎藤 陽介

スタッツ

16

シュート

14

16

GK

14

4

CK

6

14

直接FK

15

1

間接FK

2

1

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「今日勝利を収めることができなかったことに関して、とても落胆しています。実際に前半に関しましては、たくさんの、とてもいい形での得点チャンスを作り出していたと思いますし、本当ならば私たちも、さらに追加点を奪うことができたはずだと思っています。
しかし、あのような形で、さらに失点を追加してしまって、それが私たちの選手たちにとても大きな影響を及ぼしたのではないでしょうか。それはメンタル面で、という意味です。実際に頭の中で、非常にこの1-2の失点が重荷になってしまったのではないでしょうか。
そして、後半に入っても、私たちのチームはなかなか試合に入ることができなかったわけですし、最終的にはこの結果というものを認めなくてはならないと思います。あのような形で、1-2となった後に、私たちのチームが再び試合に戻ることができなかったことが、とても残念です」

相手チームコメント

木村 浩吉監督
「残りJリーグ8試合、前節首位のアントラーズに、あまり内容はよくなかったですが、後半守りきって2-1で勝てて、それで今年、幸か不幸か、幸の方ですね、最初は。連敗がないと。で、逆に不幸の方は連勝の方は多分1試合というか、連勝は1回だけかな。なので、そこのところがなかなか上位にいけない要因だよと言っていました。あともう一つは、アウェイでやっぱり勝てないと。ホーム、アウェイ、ホーム、アウェイとだいたい交互に来るので、アウェイで勝てないとやっぱり連勝はできない。今日、本当にサポーターというかお客さんがいっぱい入るだろうし、で、まずは多少押し込まれる場面があっても、連勝して横浜に帰ろうということでスタートしました。
1週間、ナビスコカップの準決勝で上へ進めなかったのですが、ここからは1週間で1試合なので、かなりいい準備もできるので、多少相手の、今日はレッズさんの、前回当たったとき、ナビスコでもそうですけど当たったときは、かなりショートパスが多いかなと思ったんですが、ここ数試合カウンターも結構浸透してるので、逆に言ったら、取られた時点から一応守備はするけれども、それは遅らせるという意味の守備で、まずは遅らせて、自陣に戻ろうという形だと思います。逆にうちがショートカウンターで多分チャンスが来ると思うので、それを狙っていきなさいということで行きました。
それで立ち上がりすぐにコーナーから久々にこぼれ球を中澤佑二が決めて、いい形でいい入り方ができたのですが、その後サイドを割られて、追いつかれて。前半終了間際の追加点が大きかったかなと思います。
それで、ハーフタイムには『全体的には悪くないんでね、続けよう』と伝えました。それで、後半30分までは同じ形で徹底してやろうと。ただやっぱりカウンターで、相手も1点ビハインドになっているわけだから、カウンターでまたチャンスが来るだろうということで、渡邉千真の、河合(竜二)からのスルーパスで、あの左足のシュートが入っていればもっと楽だったかなと思いますが。
あと、残り15分、疲れが見えてきた長谷川アーリア、狩野健太、ワイドの選手は運動量が結構求められるんで、多分あそこがバテて来るだろうなと思っていました。ですから守備要員というか、守備の要というか、ここのところずっと使っている金井(貢史)とか、田代(真一)を、クローザーじゃないですが、起用しました。あと、渡邉千真と坂田(大輔)とどっちか代えて、1点差を守りきろうかと思っていたのですが、残り5分なんで金 根煥は逆にワンチャンス来るかなということで代えましたが、後半は狙い通りかなと思います。
レッズさんも最後、蹴りこんでくる形になったので、うちのディフェンスラインが最後は上がってなかったので、そんなに怖い場面はなかったかなと。
ただ、今、選手たちはクールダウンをしながらしゃべっていたのは、最後のロスタイムの闘莉王の『ああいうのが逆に当たって、コースが変わって、入っちゃったりするんだよね』なんて笑っていましたけど…。
2回目になりますが、連勝できてよかったなと。で、まだ中段で混戦なんで、あと7試合、できるだけ勝ち星を拾って、一つでも順位を上げていきたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ