MENU

試合速報

2009Jリーグ ディビジョン1 第23節
2009年08月22日(土)19:04 KICK OFF

会場
広島ビッグアーチ
観衆
27,113人
天候
主審
家本 政明

更新

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島

2 - 1

2

前半

0

0

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

26分 槙野 智章

42分 柏木 陽介

GOAL

68分 田中 マルクス闘莉王

選手交代

57分 髙萩 洋次郎→横竹 翔 HT 平川 忠亮→田中 マルクス闘莉王
76分 髙柳 一誠→李 漢宰 HT ポンテ→高原 直泰
80分 ミキッチ→盛田 剛平 77分 山田 暢久→西澤 代志也

警告

40分 森脇 良太 5分 ポンテ
87分 田中 マルクス闘莉王

退場

選手

34 中林 洋次

GK

23 都築 龍太

24 森脇 良太

2 ストヤノフ

5 槙野 智章

DF

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

22 阿部 勇樹

14 平川 忠亮

14 ミキッチ

25 髙柳 一誠

35 中島 浩司

17 服部 公太

15 髙萩 洋次郎

10 柏木 陽介

MF

3 細貝 萌

13 鈴木 啓太

10 ポンテ

24 原口 元気

11 佐藤 寿人

FW

15 エスクデロ セルヒオ

17 エジミウソン

1 下田 崇

19 盛田 剛平

16 李 漢宰

22 横竹 翔

32 岡本 知剛

33 楽山 孝志

18 平繁 龍一

SUB

1 山岸 範宏

4 田中 マルクス闘莉王

20 堀之内 聖

26 濱田 水輝

27 西澤 代志也

7 梅崎 司

19 高原 直泰

スタッツ

12

シュート

14

12

GK

8

2

CK

7

17

直接FK

12

1

間接FK

7

1

オフサイド

7

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「後半に入ってからはいくつかのいいシーンもあったと思いますし、実際に私たちも優れたプレーをしていたと思います。しかし、前半の2失点は本当ならば起きてはいけないことだったと思っていますし、このレベルでしたら、あのようなミスからの失点はしてはいけなかったと思います。ですので、非常に残念な形での失点があったことによって、私たちが再び相手のチームに先取点を奪われてしまって、それによって、また何とかして追いつこうと、追いつこうと努力して走ったわけですが、残念ながら、こちらにとって試合を決定づけることができるような得点を、最後の最後まで奪うことはできませんでした。
現時点のように、数週間にわたって敗戦が続いている状況になりますと、ピッチに立った選手たちにしてみれば、そう簡単にすべてのものごとがいくわけでもありませんし、ある意味、とても重い頭を持ちながらプレーしているのではないでしょうか。実際に前半でいくつかの得点チャンスがありましたし、本当ならば原口元気と、それからセルヒオがいくつかの決定的なチャンスを作り出していましたので、それらをゴールに結びつけることができたはずですが、なかなかボールがゴールに入りませんでした。
そして、後半からは闘莉王と高原を投入したわけですが、彼らも、後半に入ってからのプレーではいくつかの、とてもポジティブなシーンを作り出していたと思っています」

相手チームコメント

ペトロヴィッチ監督
「まあ、こういったゲームの後では、本来であるならば、監督は多くを語る必要はないと思っています。選手はすべてゲームの中で見せてくれたのではないかと思います。難しいゲームでした。浦和はここ最近5連敗ということで、かなり高いモチベーションでこの試合に臨んできました。そういった意味で我々にとってはかなり難しいゲームでした。
今日はお客さんがたくさん入って、前半はこの雰囲気に飲まれた感があって、立ち上がりは少し硬い感じがありました。しかしながら、その中でも我々は2-0でリードすることができました。
後半、浦和がリスクを負って攻撃的に出ることは分かっていました。その中で我々はしっかりとディフェンスをして、速攻を仕掛けることができました。相手がリスクを負って攻撃をしてきたところでボールを奪って、4回、5回とカウンターでいいシーンが作れていたと思います。
本来であればそういったシーンでフィニッシュまで持っていけるチームなのですが、やはり、連戦の疲れもあってか精度が欠いた形になりました。我々のチーム状況が厳しい中で、浦和のような大きいビッグクラブに対して、こういった戦いができたこと、そして選手たちが本当に強い気持ちで戦ってくれました。ここまで23試合リーグ戦を戦ってきて、ここまで選手が積み上げてくれたもの、本当にすばらしいとしか言いようがないです。そして、一つの奇跡と言っても過言ではありません。
しかし、引き続き、地に足を着けて地道にやっていかなければいけません。サッカーというのはやはり、危険な仕事でありますから。地に足をつけて次の山形戦に向けてしっかりと準備をしたいです。その後は、また2週間ぐらい空きますので、そこまではしっかりと集中を切らさずにやっていきたいです」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ