MENU

試合速報

2009Jリーグ ディビジョン1 第20節
2009年08月02日(日)18:03 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
45,186人
天候
主審
扇谷 健司

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 1

0

前半

0

0

後半

1

清水エスパルス

清水エスパルス

GOAL

70分 枝村 匠馬

選手交代

74分 平川 忠亮→エスクデロ セルヒオ 81分 岡崎 慎司→原 一樹
74分 鈴木 啓太→ポンテ 83分 兵働 昭弘→山本 真希
84分 山田 暢久→西澤 代志也 87分 枝村 匠馬→高木 純平

警告

27分 児玉 新

退場

選手

23 都築 龍太

GK

29 山本 海人

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

22 阿部 勇樹

14 平川 忠亮

DF

25 市川 大祐

3 青山 直晃

5 岩下 敬輔

2 児玉 新

13 鈴木 啓太

3 細貝 萌

34 山田 直輝

24 原口 元気

MF

8 枝村 匠馬

7 伊東 輝悦

16 本田 拓也

13 兵働 昭弘

19 高原 直泰

17 エジミウソン

FW

23 岡崎 慎司

18 ヨンセン

1 山岸 範宏

20 堀之内 聖

33 高橋 峻希

27 西澤 代志也

8 三都主 アレサンドロ

10 ポンテ

15 エスクデロ セルヒオ

SUB

21 西部 洋平

4 太田 宏介

14 高木 純平

6 マルコス パウロ

17 山本 真希

10 藤本 淳吾

11 原 一樹

スタッツ

13

シュート

9

13

GK

10

3

CK

5

14

直接FK

11

4

間接FK

2

4

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

フォルカー フィンケ監督
「もしかしたら何人かの方は不思議がるかもしれませんが、もちろん今日敗戦したこと、勝ち点を取れなかったことは残念です。しかし、私が今日のゲームにとても不満足であったということはありません。
しかし、もちろんサッカーでは結果が求められているということは私もよく理解しています。私たちは実際に、非常に難しい状況に立っているわけです。確かに、ここ数試合得点を決めることができていないということは、しっかりと分析をしなければいけないと思っています。しかしそれでも、今私たちが今年に入ってから進もうとしている道の全体を把握してください。私たちはとてもいい方向に進んでいると思いますし、今日の試合でも、ゴールを挙げることができるようなチャンス、決定機をたくさん作ることができていたと思います。
そして、私たちは中断期間に入ります。正直言ってこの期間も非常に短いと思いますけれど、私は今、中断期間が始まることを非常に喜んでいます。なぜかというと、私たちのこのメンバーには、たくさんの疲労を抱えてしまった選手たちがいるからです。この2週間の中断期間が、本当ならばもう2週間前にあればよかったと思っています。これだけハードな試合をこなしてきて、連戦も何度もあったわけですし、8日間で3試合を行なわなければいけない状況が何度もありました。ですので、どうしても疲労がたまっていて、ピッチの上でも通常ならば見せることができていたプレーをなかなか見せることができていない、たくさんの疲労がたまってしまっている、このような状況に至ってしまった選手がたくさんいるのではないでしょうか。
6週間前ならば今日の試合で1得点、もしくは2得点を決めることができるような選手もいたと思います。ですが最終的にはゴールを決めることができませんでしたので、結果としては『ゴールを決めることができなければ、勝利を収めることができない』、これが今日の試合のまとめではないでしょうか。
これから私たちは3日間をかけてメディカルチェックを行なっていくことになっています。この体力測定によって、各選手の体の状態というのをしっかりと見極めることができますし、その結果によって、私たちは選手たちに正しい負荷をかけていきたいと思っています。
しかし、予定どおり選手たちにはオフを与えて回復させるということが大切ですので、3日間の体力測定の後に数日間、全選手にオフを与えるつもりです。その間に体だけではなくて、またメンタル面でもしっかりとした回復を図って、またチームとしての練習を始めたいと思っています。できるだけしっかりとした状態でアウェイでのガンバ大阪戦に臨みたいと思っています。
もちろん、ファン・サポーターがとても落胆していることもよく分かります。しかし、私たちが実際に今進もうとしている道を忘れないでください。今日のような試合で、勝ち点を取ることができないというのは、非常に残念なことではあります。それでも、私たちのチームの中には、今、どうしてもこの新しい道を進もうと非常に努力をしていて、疲労がどうしてもたまってしまった。だからこそ今回復しなくてはいけない状態になってしまっている選手がたくさんいるということを、ぜひみなさんに理解していただければと思います。しかし私は、今後も選手たちが進んでいるこの道をしっかりと進んでいきたいと思います」

相手チームコメント

長谷川 健太監督
「まずたくさんのサポーターが静岡から応援に駆け付けてくれて、本当に感謝したいと思います。また、選手たちもよく90分間集中力を切らさず戦ってくれたと思ってます。
両チームにとって非常に難しいゲームではあったと思います。中3日で同じ相手、2週間前にも戦った相手でお互いの手の内も分かり合ったチーム同士の戦いということですから。
ただ、今日のゲームでレッズがどうメンバーを代えてくるか、やり方的にもどう変えてくるかというところは、一つ考えながら、ただ、やり方的にさらに徹底して今日のゲームに臨んでくるんじゃないかとの思いでいました。とにかくチームが今日90分間、自分たちの狙いのところをどう徹底できるかということを一つのポイントに挙げて、ゲームをしました。
守備においてはサイドを非常に人数をかけて攻めてくるので、その対応というところは一つのポイントになったと思っています。それに中盤、ディフェンスラインを含めて、グループで相手の攻撃をきっちり抑えてくれたんじゃないかと思っています。
攻撃に関して言えば、非常に切り替えの早い、また攻撃の起点を非常にハードなプレーで潰してくるチームであるので、そこをどうかいくぐって起点を作れるかどうか、あとはフローで岡崎の特長をどうチームとして生かせるかですね。一つはクロスの狙いということで。前回の試合もそういう形から2得点生まれてはいるので。
90分間、必ずチャンスはあると思ってましたし、よく枝村が、相手に当たりましたけれど、ラッキーなゴールではあったかもしれませんが、よく決めてくれたと思います。
ここから中断に入りますし、また中断明けにホームでゲームがありますけど、新潟という厳しい相手なので、また集中して、きちっと準備して次の試合に備えていきたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ