MENU

試合速報

2008Jリーグ ディビジョン1 第33節
2008年11月29日(土)14:03 KICK OFF

会場
万博記念競技場
観衆
19,605人
天候
主審
松村 和彦

更新

ガンバ大阪

ガンバ大阪

1 - 0

0

前半

0

1

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

84分 遠藤 保仁

GOAL

選手交代

89分 佐々木 勇人→武井 択也 73分 田中 達也→梅崎 司

警告

37分 山崎 雅人 66分 田中 マルクス闘莉王
44分 山崎 雅人 85分 ポンテ
44分 加地 亮

退場

44分 山崎 雅人 65分 エジミウソン

選手

22 藤ヶ谷 陽介

GK

23 都築 龍太

21 加地 亮

2 中澤 聡太

5 山口 智

13 安田 理大

DF

14 平川 忠亮

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

22 阿部 勇樹

27 橋本 英郎

17 明神 智和

16 佐々木 勇人

7 遠藤 保仁

MF

3 細貝 萌

13 鈴木 啓太

10 ポンテ

15 エスクデロ セルヒオ

9 ルーカス

30 山崎 雅人

FW

11 田中 達也

17 エジミウソン

1 松代 直樹

6 福元 洋平

19 下平 匠

20 倉田 秋

23 武井 択也

11 播戸 竜二

18 ロニー

SUB

1 山岸 範宏

20 堀之内 聖

6 山田 暢久

16 相馬 崇人

21 梅崎 司

9 永井 雄一郎

7 高原 直泰

スタッツ

15

シュート

11

13

GK

10

4

CK

9

9

直接FK

12

6

間接FK

2

6

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「最終的に負けたことは当然よくない。この前のエスパルス戦もそういう試合だった。今、いろいろな問題がある中で、なかなかサッカーに集中しにくいが、正直に言っていい試合ができたと思う。
前半は五分五分だった。相手も決定的なシーンが2つ、3つあったし、我々にもあった。少し焦ってしまって、アウェイということを考えれば相手のカウンターの数は多すぎた。
しかし0-0で終わって、相手の選手も1人退場になり、後半立ち上がりから勝ちにいくつもりだった。
それで、予想どおり相手は10人で下がり目になってカウンターを狙ってきたが、それでも相手にプレッシャーをかけることができた。そこで我慢をして1つのチャンスを信じて続けていたら、絶対点が取れたと思う。その後エジミウソンが退場になってからも、ほとんど内容は変わっていなかった。10対10になったが、その後も我々はずっと攻めた。チャンスも作ったし、でもなかなか点が入らなかった。そういう中、最終的に相手が1点を取って、それはこの前の試合と似ていた。攻めて、内容もよくて、みんながんばっているが、なかなか落ち着けず、ゴール前のクオリティとか、最後に決める選手がなかなかいなかった。だから最終的にはこうなった。試合内容は全然大丈夫な内容だったと思う」

相手チームコメント

西野 朗監督
「前半かなりいいペースで、中盤のポゼッションがフィニッシュまでつながっていきました。かなりチャンスもありましたし、いい形で戦えていたなという気はしていたんですが。ああいう数的不利な状況になって、やはり後半、同数になるまでは、かなり押し込められました。あそこでよくバランスを崩さないで、耐えながら、同数になってからは、かなりいけるようになりましたが、よくあそこでしのいだとは思います。どうしてもやはり、今日はこの対決、最終戦っていうこともあるんですけど、いいゲーム、勝つゲームをやりたいという選手の思いがああいう得点につながりました。勝ち切りたい気持ちはよく出たゲームでした。全体的にはよくゲームをうまくコントロールしたなっていうゲームだったと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ