MENU

試合速報

2008Jリーグ ディビジョン1 第32節
2008年11月23日(日・祝)13:01 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
54,709人
天候
主審
穴沢 努

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 2

0

前半

1

1

後半

1

清水エスパルス

清水エスパルス

67分 田中 マルクス闘莉王

GOAL

21分 枝村 匠馬

82分 矢島 卓郎

選手交代

82分 相馬 崇人→山田 暢久 15分 市川 大祐→高木 純平
84分 田中 達也→エジミウソン 68分 原 一樹→矢島 卓郎
87分 岡崎 慎司→山西 尊裕

警告

11分 市川 大祐

退場

選手

23 都築 龍太

GK

29 山本 海人

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

22 阿部 勇樹

DF

25 市川 大祐

26 青山 直晃

4 高木 和道

2 児玉 新

14 平川 忠亮

3 細貝 萌

13 鈴木 啓太

16 相馬 崇人

10 ポンテ

MF

13 兵働 昭弘

7 伊東 輝悦

28 山本 真希

8 枝村 匠馬

15 エスクデロ セルヒオ

11 田中 達也

FW

23 岡崎 慎司

19 原 一樹

1 山岸 範宏

20 堀之内 聖

6 山田 暢久

21 梅崎 司

7 高原 直泰

9 永井 雄一郎

17 エジミウソン

SUB

21 西部 洋平

3 山西 尊裕

16 本田 拓也

6 マルコス パウロ

14 高木 純平

18 マルコス アウレリオ

9 矢島 卓郎

スタッツ

14

シュート

14

15

GK

15

6

CK

1

11

直接FK

10

1

間接FK

0

1

オフサイド

0

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「勝たなければいけない試合だった。試合にはそう入りたかった。前半はまず相手の一発でやられた。我々らしくなかったと思う。
(前半は)いろいろなシーンがあった。セットプレーの後、達也のシーンもあったが、しかし、相手の速いパス回し、相手の中盤の前に顔を出す動きが少し足りなかった。しかし、後半は我々のペースになった。闘莉王のゴールもあったし、1-1になってからは、我々の一番いい時間帯だった。残念だが、たくさんチャンスがありながら2点目を取れなかった。途中でアントラーズの結果も分かったので、勝たなければいけない状態だった。それで攻めて攻めて、最終的には相手のカウンターでやられた。
当然勝たなければいけない状態では、そういうカウンターでやられるリスクはある。でもそれよりも、我々がいいリズムをつかまえたときに点を取らなければ勝てない。それがサッカーというものだ。優勝は相当難しくなった。しかし、計算上はまだ可能性はある。だから最後までがんばらなければいけない」

相手チームコメント

長谷川 健太監督
「今日は本当に最高の舞台、レッズも勝たなければいけないという状況の中で、そして満員のスタジアムの中で、本当に最高のゲームができたんじゃないかなと思います。
なかなかここで勝って会見をするということはなかったので、いつも『力が足りない』とか、そういうコメントばかりでした。今日は本当に選手がよく戦い抜いて、たくさんのサポーターも後押しをしてくれました。もう言うことのないゲームをしてくれたと思ってます。レッズの布陣、ポジションというのはちょっと読めない部分もありました。でも、少しアップをしながら様子を見ていたら、たぶん平川が左に来て、細貝が右サイドバックという形でくると思ってました。その辺を選手たちに話をして、レッズがどういう形でくるにせよ、今日の狙いとしているサッカーは変わらないように準備はしてきました。選手がそのポジションは少し予想とは違いましたけど、うまく対応してくれました。矢島が久々に途中から出て大きな仕事をしてくれました。これ以上私が言ってもしょうがないので、本当によくやってくれたと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ