MENU

試合速報

2008Jリーグ ディビジョン1 第31節
2008年11月08日(土)14:04 KICK OFF

会場
札幌ドーム
観衆
28,901人
天候
屋内
主審
家本 政明

更新

コンサドーレ札幌

コンサドーレ札幌

1 - 2

1

前半

1

0

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

13分 ダヴィ

GOAL

28分 田中 達也

54分 エジミウソン

選手交代

HT アンデルソン→上里 一将 73分 ポンテ→山田 暢久
63分 西谷 正也→砂川 誠 79分 田中 達也→永井 雄一郎
77分 柴田 慎吾→岡本 賢明 89分 エスクデロ セルヒオ→堤 俊輔

警告

5分 西澤 淳二 89分 エスクデロ セルヒオ
88分 西 大伍

退場

選手

1 佐藤 優也

GK

23 都築 龍太

19 坪内 秀介

32 柴田 慎吾

3 西澤 淳二

6 西嶋 弘之

DF

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

22 阿部 勇樹

13 中山 元気

15 クライトン

22 西 大伍

24 西谷 正也

MF

14 平川 忠亮

13 鈴木 啓太

10 ポンテ

16 相馬 崇人

15 エスクデロ セルヒオ

10 ダヴィ

11 アンデルソン

FW

11 田中 達也

17 エジミウソン

31 髙原 寿康

21 平岡 康裕

29 ディビッドソン 純マーカス

18 芳賀 博信

20 上里 一将

17 岡本 賢明

8 砂川 誠

SUB

1 山岸 範宏

12 堤 俊輔

20 堀之内 聖

6 山田 暢久

21 梅崎 司

7 高原 直泰

9 永井 雄一郎

スタッツ

8

シュート

20

17

GK

9

4

CK

6

12

直接FK

15

4

間接FK

2

2

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「勝ってよかった。今日は少しフォーメーションが変わったが、練習でそういうことはたまにやったし、選手もそういう経験があったから、あまり違和感はなかった。最初の入り方もよかった。ここはピッチもすごくよかったのでパスゲームもできた。
気になったのは最初のカウンターのシーンだ。試合前から、コンサドーレについては2つの情報を強調していた。まず、カウンターが強いこと、それとセットプレーだ。しかし前半カウンターでやられてしまったことはちょっと残念だった。しかし、その後あまりリズムは悪くならなかった。そして攻めて、がんばってロビー(ポンテ)のシュートがポストに当たって、(達也の)ゴールになって1-1に追いつくことができた。
後半も引き分けでは絶対駄目だということは、みんな分かっていた。それに僕も『そのまま落ち着いて焦らないでサッカーをやろう。続けていけば絶対に点が取れる』と言った。それでエジが点を取ってくれた。前半もそうだったが、いろいろなチャンスがあったのに点が取れず、最後は2-1で勝てたが、我々から見ると、まだ一つのステップが前にあると思う」

相手チームコメント

三浦 俊也監督
「浦和はやや我々の予想と違うシステムで来たが、特にそれほど大きな問題はなく、ゲームの中には入れたかなと思います。その中で、ややいいシーンができている時間帯になってからは、特に右サイドを中心にこちらがいい形で攻撃ができていたかなと思います。ただ、そのときに点が入らず、逆にその前の試合の立ち上がりの浦和のチャンスのあたりに、こちらがカウンターで1点を取ったという形でした。ただ、中盤のあたりの守備が甘く、そこを突かれて同点にされたという形の前半でした。
後半に入っても、特に大きく問題は感じなかったんですが、また簡単に失点をしてしまったのかなというようなゲームでした。最後の方はもちろん浦和も2-1でよしという形でのゲームにはなったのかなと。追加点が取れなかったところは、やっぱりいつもと同じような形だったかなと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ