MENU

試合速報

第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 4回戦
2008年11月03日(月・祝)13:01 KICK OFF

会場
さいたま市浦和駒場スタジアム
観衆
16,724人
天候
主審
鍋島 將起

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 0

0

前半

0

0

後半

0

愛媛FC

愛媛FC

95分 ポンテ

GOAL

選手交代

68分 田中 達也→エスクデロ セルヒオ 76分 内村 圭宏→横山 拓也
77分 鈴木 啓太→阿部 勇樹 延前開始 大木 勉→笹垣 亮介
114分 エジミウソン→堤 俊輔 104分 青野 大介→宮原 裕司

警告

50分 鈴木 啓太 94分 髙杉 亮太
102分 田中 マルクス闘莉王 101分 金守 智哉

退場

101分 細貝 萌

選手

23 都築 龍太

GK

1 川北 裕介

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

20 堀之内 聖

DF

13 関根 永悟

3 金守 智哉

28 髙杉 亮太

14 三上 卓哉

6 山田 暢久

13 鈴木 啓太

3 細貝 萌

14 平川 忠亮

10 ポンテ

MF

27 青野 大介

16 赤井 秀一

22 横谷 繁

18 江後 賢一

11 田中 達也

17 エジミウソン

FW

8 内村 圭宏

20 大木 勉

1 山岸 範宏

12 堤 俊輔

16 相馬 崇人

21 梅崎 司

22 阿部 勇樹

7 高原 直泰

15 エスクデロ セルヒオ

SUB

21 多田 大介

5 星野 真悟

7 千島 徹

10 宮原 裕司

17 キム テヨン

19 笹垣 亮介

24 横山 拓也

スタッツ

20

シュート

13

19

GK

24

10

CK

5

19

直接FK

19

5

間接FK

7

5

オフサイド

7

1

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「勝ってよかった。しかし、典型的なカップファイト(カップの戦い方)だった。僕はドイツでそういうことも慣れているが、前半にも後半にもチャンスがあったので、早く1点を取れば全然違う試合になっていたと思う。しかし、1部対2部のチームの試合では、どう見ても1部のチームが勝つことが普通になっている。下のチームが勝てば奇跡だということ。下のチームはそういう意識で思いきり勝負して、堅いディフェンスからカウンターを狙って、そういう意味で今日は典型的なカップだった。
点が取れなかったから残念ながら延長戦までいき、闘莉王の粘りでPKをもらって1-0でリードできた。しかしその後、細貝の退場は残念だった。最近連続で出場していていいパフォーマンスをしているが、まだ若いので、すぐ熱くなってしまったのはよくない。おそらく一発退場だから次の札幌戦(11月8日 第31節)に出れなくなるだろう。それは非常に残念だが、カップはノックアウトの勝ち負けしかない。今日は結果的に次のラウンドに進めてよかった。
次はまた違う大会だが、2試合連続で勝ち、無失点を続けているので、次の課題は勝って集中しなければいけないことだ。ポジティブに見ていかなければいけない。
土曜日まではまだまだ時間はあるが、我々にとっては非常に大きな試合だ。明日はオフなので、あさってには今日の試合について話をしなければいけない。その次には思いきり次の札幌戦に向けて準備をしなければいけない。
2つのいいことは、達也が久しぶりに先発で出て、いいパフォーマンスを見せることができたこと。1つPKだったかもしれないプレーがあった。よく動いて、相手のディフェンスからすれば捕まえづらい選手だ。それと啓太もまだ少し風邪気味だが、久しぶりに先発できた。それもポジティブなことだ。阿部とタカ(高原)は少しリフレッシュができた。だから次も勝ってしっかり準備したい」

相手チームコメント

望月 一仁監督
「選手は本当にがんばってくれて、90分の中でも自分たちが一生懸命やった中で試合をしてくれました。一つカテゴリーを上げるためには、残りの延長のところで、自分たちは力不足だったなと思いました」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ