MENU

試合速報

AFCチャンピオンズリーグ2008 準決勝 第1戦
2008年10月08日(水)19:00 KICK OFF

会場
万博記念競技場
観衆
17,166人
天候
主審
アル ヒラリ

更新

ガンバ大阪

ガンバ大阪

1 - 1

0

前半

1

1

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

81分 遠藤 保仁

GOAL

22分 細貝 萌

選手交代

54分 二川 孝広→佐々木 勇人 85分 坪井 慶介→田中 マルクス闘莉王
65分 加地 亮→安田 理大 89分 ポンテ→梅崎 司
79分 山崎 雅人→ミネイロ 89分 高原 直泰→田中 達也

警告

83分 ミネイロ 44分 相馬 崇人
86分 下平 匠 57分 細貝 萌
93分 都築 龍太

退場

選手

22 藤ヶ谷 陽介

GK

23 都築 龍太

2 中澤 聡太

5 山口 智

19 下平 匠

21 加地 亮

DF

2 坪井 慶介

20 堀之内 聖

22 阿部 勇樹

7 遠藤 保仁

10 二川 孝広

17 明神 智和

27 橋本 英郎

MF

3 細貝 萌

6 山田 暢久

10 ポンテ

14 平川 忠亮

16 相馬 崇人

11 播戸 竜二

30 山崎 雅人

FW

7 高原 直泰

17 エジミウソン

1 松代 直樹

3 ミネイロ

8 寺田 紳一

13 安田 理大

16 佐々木 勇人

18 ロニー

23 武井 択也

SUB

1 山岸 範宏

4 田中 マルクス闘莉王

12 堤 俊輔

13 鈴木 啓太

21 梅崎 司

11 田中 達也

15 エスクデロ セルヒオ

スタッツ

17

シュート

8

6

GK

11

8

CK

2

20

直接FK

16

7

間接FK

2

オフサイド

1

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「非常に激しくて、速くて、いい試合だった。両チームとも今日は8連戦の8試合目だった。それを考えたら、今日の激しさ、スピードはよかったと言える。
我々から見ると、試合の入り方は非常によかった。前半は我々のゲームプラン通りに運べた。1点を取ることもできた。ただ、前半のうちに2~3つカウンターを仕掛けるシーンがあった。そのチャンスで、2-0になっていればもっとよかった。
後半は相手のペースの中で、よく守ったということはある。相手も0-1のまま終わりたくない。もっと冷静にキープするか、カウンターを仕掛けてほしかった。PKはどうか分からないけど、1-1というのは90分を振り返っても妥当な結果だったと思う。
大事なのは1点を取ったこと。第2戦で0-0を狙うのは難しいが、小さなプラスにはなっている。
イエローカードに対してはちょっと残念だが、我々は今日もいいプレイヤーがベンチに入っているのでカバーできると思う」

相手チームコメント

西野 朗監督
「内容が悪いわけではなかったし、非常にスムーズに入れて、正直勝ちたかったなというゲームでした。選手もハーフタイムあたりではこういうゲームではいけない、ひっくり返さないといけないと言っていました。レッズであってレッズでないような今日のレッズだったので。もっとアグレッシブにいこうという中で、後半はかなり厳しいボールが前線に入るようになりました。全体的に動きも少しずつ活性化してきました。ペナルティーキックもそういう結果だと思いますね。
前半は『逃げ』のポゼッションを相変わらずやっているなという感じがしました。しかし後半はかなり横切るボールとか、クサビの縦に厳しいボールが入るようになったので、1本取れればひっくり返せる雰囲気はありました。あそこで全体を抑えることなくたたみかける姿勢も悪くはなかったと思います。全体的にはゲームはコントロールしていたと思うんですけどね。相変わらず決めきれない、点を取れればもっと内容も上がると思うんですが。無理をして明神や橋本もかなりリスクを負って出始めることもなく、もっと安定したポゼッションの中でのゲームはできると思うんですが、今はしょうがないですね。こうして我慢しながら、少ない好機を取っていくというゲーム内容になっていくと思います。
アウェイゴールを与えたのはやっぱりこちらのハンデだと思います。でも勝つというはっきりとした目標設定が出せたので、逆にアグレッシブなセカンドレグにしたいなと思っています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ