MENU

試合速報

2008Jリーグ ディビジョン1 第28節
2008年10月05日(日)14:05 KICK OFF

会場
フクダ電子アリーナ
観衆
16,718人
天候
主審
松尾 一

更新

ジェフユナイテッド千葉

ジェフユナイテッド千葉

3 - 2

1

前半

1

2

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

0分 深井 正樹

57分 深井 正樹

66分 ミシェウ

GOAL

8分 田中 マルクス闘莉王

86分 エジミウソン

選手交代

76分 ミシェウ→戸田 和幸 HT 高原 直泰→永井 雄一郎
85分 深井 正樹→早川 知伸 61分 鈴木 啓太→梅崎 司
88分 巻 誠一郎→レイナウド 87分 相馬 崇人→エスクデロ セルヒオ

警告

2分 下村 東美 23分 平川 忠亮
35分 ミシェウ 71分 ポンテ
89分 永井 雄一郎

退場

選手

30 岡本 昌弘

GK

23 都築 龍太

2 坂本 將貴

14 池田 昇平

4 ボスナー

31 青木 良太

DF

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

22 阿部 勇樹

7 工藤 浩平

36 深井 正樹

44 ミシェウ

6 下村 東美

16 谷澤 達也

MF

14 平川 忠亮

13 鈴木 啓太

6 山田 暢久

16 相馬 崇人

10 ポンテ

18 巻 誠一郎

FW

17 エジミウソン

7 高原 直泰

17 櫛野 亮

45 早川 知伸

3 斎藤 大輔

41 戸田 和幸

43 根本 裕一

10 レイナウド

11 新居 辰基

SUB

1 山岸 範宏

20 堀之内 聖

3 細貝 萌

21 梅崎 司

30 岡野 雅行

9 永井 雄一郎

15 エスクデロ セルヒオ

スタッツ

8

シュート

15

12

GK

12

3

CK

4

17

直接FK

27

2

間接FK

0

2

オフサイド

0

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「今日は勝たなければいけない試合だった。その気持ちで試合をスタートしたかったが、20秒で失点してしまった。これはメンタル的に非常にダメージが大きかった。そして、その後もあまりいいリズムをつかまえられなかった。失点すれば、2点取らなければならない。それはみんなの頭の中にあったので、非常にダメージが大きかった。しかし、その後はなんとかリズムをつかまえて、攻撃的なシーンも多くなってきた。でも我々が目指すパスゲームについては、今日は非常に硬さを感じた。
それでも1点を取って、1-1の状態でハーフタイムに入ったので、後半はまたゼロからスタートできると思った。
攻撃的にもプレーできたが、まったくいらない失点があって、その後もう1点失って3-1になった。当然3-1になると、勝つことは非常に難しい。最後攻めることはできたが、2点目しか取れず、あと1つのゴールが奪えなかった。そのことは今日、非常にダメージは大きかったと思う。最後までがんばったのはいいことだが、やはり3失点してしまうと、勝つことは非常に難しい。だから、攻撃的にプレーしても、守備を意識しなければならない。それを同時にできないとなかなか厳しい。
だが、次はまた水曜日にACLの準決勝があるので、今は早く切り替えをしなければいけない。違う大会であるし、準決勝は非常に大きな意味を持っている。だから今は切り替えて、リーグ戦より準決勝に向かってしっかり準備しなければいけない。
リーグ戦については、名古屋の結果によって変わってくるが、優勝のためには6連勝しなければいけないと思う。まだ可能性は十分にあるが、まず準決勝の準備をしたい」

相手チームコメント

アレックス ミラー監督
「まず、ゲームの序盤は非常にいい滑り出しで入れたと思います。そして非常に早いタイミングでゴールを決められたこともよかったです。浦和がフィジカルでチャレンジしてくるということも分かっていましたし、選手にそれを受け入れてしっかりと対処しようという話もしていました。そして、浦和というチームは代表クラスの選手もいますし、試合の勝ち方を知っている選手も多いです。ただ、うちが1点を取った後に、序盤の滑り出しはよかったという話をしましたが、その後精神的に少し恐れてしまって、うちのディフェンスのラインが少し引いてしまったということがありました。そのことによって中盤にスペースを与えてしまい、そこからパスをつながれたということはあったと思います。しかし、1-1の状況で2本ほどいいチャンスがありましたし、1本、CKからだったと思いますがヘディングでポストに当たってしまった、巻がシュートをしてその後ポストに当たってしまったということがありました。そこで入っていれば、楽な内容で運べたかもしれません。
ハーフタイムでは自分たちを信じてやろうという話はしましたし、後半に入って選手たちが、浦和の選手たちに対してまたしっかりガツガツといくことができました。向こうの得意なパターンをつぶそうということもよくできたと思います。それで3-1でジェフが2点を決めて、リードをしている状況で向こうは戦術を変えてきました。代えてくる選手は自分たちである程度分かっていました。ロングボールを入れて、そこからボールをサイドに散らして、またクロスを上げてくるということも分かっていました。そのために早川を入れて、闘莉王が上がってきたところをブロックをしようとしました。中盤のサイドのエリアについても、やはりクロスを止めなければいけないということで、少し選手を代えて対処しました。
しかし、今日勝ったといってもまだ自分たちを見つめていかなければいけません。まだ自分たちはリーグのマラソンの中にいますし、混戦の集団の中に入ってきたと思っています。やはりこの集団の中でしっかりと勝って、その中でしっかりと自分たちのメダルを取れるようにしていきたいです。
選手については非常にいい動きをしてくれましたし、すべてを出し切ってくれました。勝ち点3を取るということは非常に重要でした。あと、今日磐田が5-0で勝ちましたが、その結果も耳に入っていました。しかしながら、我々は他のチームを見るのではなく、自分のチームでしっかりと何をしなければいけないのかということを見つめながら、これからも戦っていきたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ