MENU

試合速報

AFCチャンピオンズリーグ2008 準々決勝 第2戦
2008年09月24日(水)19:30 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
41,790人
天候
主審
ジョン ウィリアムズ

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

2 - 0

1

前半

0

1

後半

0

アルカディシア

アルカディシア

31分 相馬 崇人

54分 田中 マルクス闘莉王

GOAL

選手交代

73分 高原 直泰→永井 雄一郎 63分 ファヘド アルイブラヒム→メラデン ヨヴァンチッチ
83分 ポンテ→鈴木 啓太 63分 タラル アルアメル→ハラフ アルサラマ
90分 エジミウソン→エスクデロ セルヒオ 86分 ブラヒマ ケイタ→ハマド アルエネジ

警告

91分 相馬 崇人 24分 セリム ベンアシュール
94分 都築 龍太 29分 フセイン ファデル
36分 メサド ニダ
54分 ブラヒマ ケイタ
94分 フセイン ファデル

退場

94分 フセイン ファデル

選手

23 都築 龍太

GK

22 ナワフ ハルディ

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

22 阿部 勇樹

DF

2 アリ アルナマシュ

4 フセイン ファデル

13 メサド ニダ

25 ノハイル アルシャマリ

3 細貝 萌

6 山田 暢久

10 ポンテ

14 平川 忠亮

16 相馬 崇人

MF

5 ブラヒマ ケイタ

8 サレフ アルシャイフ

15 ファヘド アルイブラヒム

24 タラル アルアメル

7 高原 直泰

17 エジミウソン

FW

14 セリム ベンアシュール

17 バデル アルモタワ

1 山岸 範宏

12 堤 俊輔

13 鈴木 啓太

21 梅崎 司

27 西澤 代志也

9 永井 雄一郎

15 エスクデロ セルヒオ

SUB

21 アリ ジャワド

3 モハマド ラシャド

6 ファイエズ バンダル

7 ハラフ アルサラマ

16 アフマド アルバロシ

26 メラデン ヨヴァンチッチ

27 ハマド アルエネジ

スタッツ

10

シュート

10

11

GK

12

4

CK

5

11

直接FK

13

2

間接FK

1

オフサイド

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「すごくいい入り方ができたと思う。最初から当然勝たなければいけないことはみんな分かっていた。ホームだし、ディフェンスをもちろん意識しながら、相手に最初からプレッシャーをかけたかった。それは十分できたと思う。
試合開始40秒で最初のクロスが入って、その後もいろんなチャンスを相手のゴール前で作れた。しかし、ちょっと焦ったシーンもあったと思う。その中で相手の初めてのチャンスのシーンで、龍太(都築)が足でファインセーブしてくれた。このシュートが入っていたら、0-1になっていた。しかし、あとはほとんど押して、うちのペースだった。そうしている中、相馬のすばらしいゴールで1点を取れた。
ハーフタイムに入って、『焦らないこと』という話をして、後半の入り方は前半よりもう少しゆっくりだったが、(試合の)コントロールに関しては、前半より後半の方がよかった。ゲームをコントロールしながら、カウンターを狙ったところもあったが、セットプレーから2点目が入った。2-0になったところで、さすがに勝ったとは思わなかったが、ちょっとは大丈夫だと思った。それは選手もそう思ったのかもしれないが、その後相手もどんどん人数を前にかけたので、我々のゴール前で2つ3つ危ないシーンがあった。
ただ、それは試合のほとんど最後の方で、我々はその間も2つ3つ(決まらなかった)残念なカウンターのシーンがあった。だから、相手を含めて今日はすごくいい試合ができたと思う。アジアのベスト4になれたということは非常にうれしい。今日のスタジアムの雰囲気も非常によかった。完全に『チャンピオンズリーグのホーム』の雰囲気だった。今、連戦の中でチームの選手も本当に感謝しなければいけないと思う。すごくがんばってくれたと思う。ありがとうございます」

相手チームコメント

イブラヒム監督
「浦和レッズ準決勝進出おめでとうございます。今日はきっと楽しい試合になると予想しておりました。クウェートではまず我々が日本に勝利して、アウェイの地では日本が我々に勝利するという結果になりました。
もちろん日本のチームには、それだけの大きな能力があると思っておりました。私たちはアマチュアのチームです。そのアマチュアのチームがこれだけのことができたということに私は大変満足しております。
浦和レッズの方が前半は試合を支配していました。何度かチャンスがあったのですが、モノにできませんでした。
後半は我々も反撃をして、最後の10分間にゴールに近づけたということには満足しています。
浦和レッズが評判通り、また能力通りチャンピオンであることが証明され、またこれからもチャンピオンであるとも思っております。
もう一度、浦和レッズにおめでとうと申し上げたいです。そして、次の準決勝の相手も日本のチームということで、日本のチームが決勝に進むことをうれしく思っています。
最後にすばらしいプレーをしてくれたクウェートの選手たちを褒めてあげたい、ありがとうと言いたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ