MENU

試合速報

2008Jリーグ ディビジョン1 第24節
2008年09月13日(土)14:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
45,831人
天候
主審
吉田 寿光

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 0

0

前半

0

0

後半

0

大分トリニータ

大分トリニータ

GOAL

選手交代

72分 ポンテ→山田 暢久 78分 金崎 夢生→清武 弘嗣
85分 永井 雄一郎→エジミウソン 81分 西川 周作→下川 誠吾
88分 高原 直泰→梅崎 司 86分 森島 康仁→高松 大樹

警告

44分 森重 真人
46分 上本 大海
54分 ホベルト

退場

選手

23 都築 龍太

GK

1 西川 周作

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

20 堀之内 聖

DF

4 深谷 友基

6 森重 真人

22 上本 大海

14 平川 忠亮

3 細貝 萌

22 阿部 勇樹

16 相馬 崇人

10 ポンテ

MF

3 ホベルト

5 エジミウソン

8 金崎 夢生

11 鈴木 慎吾

20 高橋 大輔

9 永井 雄一郎

7 高原 直泰

FW

9 森島 康仁

10 ウェズレイ

1 山岸 範宏

12 堤 俊輔

6 山田 暢久

27 西澤 代志也

21 梅崎 司

15 エスクデロ セルヒオ

17 エジミウソン

SUB

16 下川 誠吾

2 小林 亮

7 西山 哲平

28 清武 弘嗣

33 藤田 義明

13 高松 大樹

19 前田 俊介

スタッツ

10

シュート

9

7

GK

10

5

CK

3

12

直接FK

16

2

間接FK

7

0

オフサイド

7

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「上位チーム同士の戦いだった。非常に難しくて、面白い試合だった。当然相手のディフェンスの強さは誰でも分かっていることで、我々も分かっていた。何とか1点を取れれば、相手は出て来ないとどうにもならなくなるから、そういうサッカーをやりたかった。
前半最初の10分ぐらいは五分五分だったと思うが、その後は我々のペースになった。相手の陣内で支配できた。ボールを奪ってから、一つ二つ(得点できそうな)シーンもあった。ギリギリオフサイドになったシーンもあった。結構よかったと思う。
後半は、ホームだから勝たなければいけないから、もっと積極的に行こうと声をかけた。しかし、この相手には焦るのは絶対によくない。それで後半も支配できて、相手の陣内でサッカーができた。でも、サッカーは点を取らないと勝てない。当然0-0という結果については最高ではないが、二つの同じ勝ち点のトップチームの争いでは引き分けになることもある。だから、今日は勝ち点1がプラスになった。勝ち点2がマイナスになったという計算にはならないと思う。試合全体を見れば悪くないが、結果については最高とは言えない」

相手チームコメント

シャムスカ監督
「今日のゲームは、本当に激しい試合内容になったし、ゲーム内容も本当にほぼ互角と言えるような内容だったと思います。
今日の後半からの試合内容で見ると、浦和の攻撃の量よりも、我々の攻撃の方が、量としては多かったと思います。それを成し遂げた選手たち、それも浦和のホームで、浦和の強力なサポーターの目の前で、こういう互角の戦いができたということは、我々の選手に対して、今日の仕事はよくやったなと言いたいです。それを考えたうえで、勝ち点1は我々にとって本当に意味のある勝ち点1だったと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ