MENU

試合速報

2008Jリーグ ディビジョン1 第21節
2008年08月16日(土)18:34 KICK OFF

会場
味の素スタジアム
観衆
37,154人
天候
主審
マルチン ボルスキ

更新

FC東京

FC東京

0 - 1

0

前半

0

0

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

GOAL

67分 相馬 崇人

選手交代

60分 浅利 悟→梶山 陽平 61分 平川 忠亮→細貝 萌
71分 石川 直宏→赤嶺 真吾 65分 高原 直泰→ポンテ
77分 カボレ→川口 信男 83分 永井 雄一郎→堤 俊輔

警告

62分 梶山 陽平 44分 坪井 慶介
89分 長友 佑都 79分 永井 雄一郎
82分 田中 達也

退場

選手

1 塩田 仁史

GK

23 都築 龍太

5 長友 佑都

3 佐原 秀樹

2 茂庭 照幸

6 今野 泰幸

DF

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

20 堀之内 聖

7 浅利 悟

22 羽生 直剛

15 エメルソン

18 石川 直宏

MF

14 平川 忠亮

13 鈴木 啓太

22 阿部 勇樹

16 相馬 崇人

13 平山 相太

9 カボレ

FW

11 田中 達也

7 高原 直泰

9 永井 雄一郎

31 荻 晃太

8 藤山 竜仁

17 金沢 浄

10 梶山 陽平

27 栗澤 僚一

20 川口 信男

24 赤嶺 真吾

SUB

1 山岸 範宏

12 堤 俊輔

6 山田 暢久

3 細貝 萌

21 梅崎 司

10 ポンテ

17 エジミウソン

スタッツ

11

シュート

10

12

GK

12

5

CK

4

17

直接FK

13

5

間接FK

4

3

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「特に立ち上がりは非常にタフなゲームだったと思う。相手も人数をかけて、守る意識も非常に強かった。守ってから速いカウンター攻撃を受けるシーンが、特に最初の20~25分は非常に多かった。やはり1対1が多くて、ピッチもあまりよくなくて、つなぐことがあまりできなかったので、最初の20~25分くらいは、ほとんどランニングよりファイティングという感じだった。30分ぐらいから我々は、ボールを奪ってから、少しパスをつなげることができてきた。それで、その後の35分~45分の間にタカ(高原)のバーに当たるシュートも出てくるようになった。
そのリズムで後半もサッカーができた。結構相手の陣内でサッカーができた。チャンスも作ったし、達也もポストに当たるシュートを打った。いろんなシーンがあって、素晴らしいゴールでやっと1点を取った。
最後はちょっといろいろな問題があった。10分ぐらいディフェンスに入り過ぎた。惜しいカウンターのシーンもあった。そのときはもう少し落ち着いてボールをつなげればよかったと思うが、90分通してみると、1-0というのは非常に大事。勝ち点3は大きい。失点0も大きい。アウェイでの勝利はもちろん大きいし満足している」

相手チームコメント

城福 浩監督
「まずは、サポーター、ファンの方に謝りたいと思います。結果の責任は全部自分にあるんですが、もちろんレッズはすばらしい戦いをして、勝利して、(レッズの)ファン・サポーターの方も喜ばれました。しかし、せっかく時間とお金を費やして、来てくれた(FC東京の)ファンの方には、(相手に)レッズの歌を歌われて、非常につらい思いをさせてしまって非常に申し訳ないと思っております。
内容については、ラインを高く保って前の3人に仕事をさせない中で、守備のベースを作って、自分たちのサッカーをしていこうという狙いは、選手はよくやってくれたと思います。多少オフサイドか否かで、我々の選手も戸惑ったところがありました。しかし、その中で少し守備が不安定になったところはあったけれども、概ね自分たちのミス以外のところの守備というのは、選手はよくやったと思っています。
ただ、クリアをパスにしようとして、そこをミスしたりとか、イージーなミスですね。誰が見てもあれだったらしょうがないというようなミスじゃなくて、つなぎの中でイージーなミスがあったりとか、そういうところを突かれて少し慌てたというところはありました。まさにそういうミスから失点をしたという意味では、自分たちの力がまだまだ足りないんだなというふうにあらためて感じています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ