MENU

試合速報

2008Jリーグ ディビジョン1 第18節
2008年07月21日(月・祝)18:01 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
51,168人
天候
主審
扇谷 健司

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 3

1

前半

1

0

後半

2

川崎フロンターレ

川崎フロンターレ

7分 高原 直泰

GOAL

27分 伊藤 宏樹

66分 鄭 大世

68分 ヴィトール ジュニオール

選手交代

55分 田中 達也→永井 雄一郎 61分 我那覇 和樹→鄭 大世
74分 エジミウソン→梅崎 司 77分 ヴィトール ジュニオール→菊地 光将
79分 高原 直泰→エスクデロ セルヒオ 88分 中村 憲剛→大橋 正博

警告

36分 相馬 崇人 17分 村上 和弘
66分 山田 暢久 66分 ヴィトール ジュニオール
89分 田中 マルクス闘莉王

退場

選手

23 都築 龍太

GK

1 川島 永嗣

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

12 堤 俊輔

DF

4 井川 祐輔

18 横山 知伸

2 伊藤 宏樹

14 平川 忠亮

13 鈴木 啓太

6 山田 暢久

16 相馬 崇人

MF

26 村上 和弘

14 中村 憲剛

29 谷口 博之

8 山岸 智

11 ヴィトール ジュニオール

11 田中 達也

7 高原 直泰

17 エジミウソン

FW

9 我那覇 和樹

10 ジュニーニョ

1 山岸 範宏

19 内舘 秀樹

33 高橋 峻希

30 岡野 雅行

21 梅崎 司

15 エスクデロ セルヒオ

9 永井 雄一郎

SUB

21 吉原 慎也

17 菊地 光将

6 田坂 祐介

23 久木野 聡

24 大橋 正博

7 黒津 勝

16 鄭 大世

スタッツ

15

シュート

16

5

GK

10

8

CK

8

15

直接FK

12

3

間接FK

1

3

オフサイド

1

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「負けてしまったが、始めの20~25分ぐらいはいいリズムをつかめて先制点を取った。その後ルーズボールが多くなり、下がり気味になってしまって、セットプレーで失点してしまった。しかし、1-1でハーフタイムに入ったこと自体は問題なかった。後半もう一回ゼロからのスタートで、ずっと相手にプレッシャーをかけていこうとした。今日のキーポイントは2点目だったと思う。当然1-2でサッカーが終わるわけではない。でも、我々のセットプレーから相手のカウンターを受けたのはよくなかった。
あのときは、レフェリーに文句を言ったり、ラインズマンにアピールをするよりも、しっかりと相手のカウンターを抑えて、それからもう一回切り替えないといけなかった。あのシーンは確かに微妙だったが、あそこで失点してしまったのは非常に大きかった。その後は攻撃を続けたが、決定的なシーンは少なかった。相手はカウンターが武器なので、当然1-2になってしまうと非常に危ない。それで3点目が入ってしまった。その後もずっと攻めて、シュートチャンスもあったが、最後まで点が取れなかった。非常に残念だ。我々はもうちょっと、安定した試合をできるようにならないと、今日みたいな試合になってしまう。
逆に言えば、次はアントラーズ戦になる。勝てばまた首位に戻れるし、切り替えは非常にやりやすい。アントラーズ戦に向かって、みんなテンションは高いし、次の試合に向けて課題を解決していく。まだ先は長いですから」

相手チームコメント

高畠 勉監督
「夏場の連戦で、アウェイの浦和戦ですから、非常に苦しい戦いになるだろうと選手たちを送り出しました。前半、ああいう形で失点してしまったんですが、選手たちは慌てることなく、それ以降はうちらしいサッカーが展開できたのではないかと思います。後半は(FWとDFが)3対3に最終ラインはなっていたんですが、そこは弱気にならず、強気にそのままの形でいこうと思いました。それでいい形で、後ろから攻撃につなげて、逆転していこうということにしました。
そういう形で、後半は2点とってくれて逆転してくれた選手たちのがんばりと、それを支えてくれたサポーターには非常に感謝しています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ