MENU

試合速報

2008Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第4節
2008年05月25日(日)19:00 KICK OFF

会場
豊田スタジアム
観衆
21,015人
天候
晴時々曇
主審
松村 和彦

更新

名古屋グランパス

名古屋グランパス

4 - 2

3

前半

1

1

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

6分 小川 佳純

14分 杉本 恵太

42分 巻 佑樹

88分 津田 知宏

GOAL

32分 田中 達也

56分 内舘 秀樹

選手交代

58分 マギヌン→深井 正樹 HT 岡野 雅行→高橋 峻希
65分 米山 篤志→山口 慶 62分 田中 達也→原口 元気
82分 杉本 恵太→津田 知宏 75分 永井 雄一郎→西澤 代志也

警告

65分 バヤリッツァ 85分 堤 俊輔
68分 山口 慶
82分 小川 佳純

退場

選手

21 西村 弘司

GK

1 山岸 範宏

30 竹内 彬

3 バヤリッツァ

16 増川 隆洋

6 阿部 翔平

DF

2 坪井 慶介

20 堀之内 聖

12 堤 俊輔

29 小川 佳純

7 中村 直志

5 米山 篤志

8 マギヌン

MF

30 岡野 雅行

19 内舘 秀樹

6 山田 暢久

16 相馬 崇人

19 杉本 恵太

17 巻 佑樹

FW

9 永井 雄一郎

11 田中 達也

17 エジミウソン

36 広野 耕一

2 三木 隆司

10 藤田 俊哉

13 山口 慶

14 吉村 圭司

18 深井 正樹

26 津田 知宏

SUB

23 都築 龍太

25 近藤 徹志

27 西澤 代志也

33 高橋 峻希

34 山田 直輝

35 原口 元気

26 高崎 寛之

スタッツ

8

シュート

14

7

GK

10

6

CK

9

9

直接FK

13

2

間接FK

2

2

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「前半ははっきり言って悪かった。試合への入り方は、最初、相手のゴール前に迫るシーンがいくつかあったしよかったと思う。しかし、前半の45分を見ると全体的にディフェンスがよくなかった。ルーズボールが多いのは、サッカーがミスのスポーツである以上当たり前だが、ルーズボールの後のディフェンスがよくなかった。チームとしてコンパクトにできなかったし、個人のミスもあった。それで、相手は本当に少ないチャンスしかなかったが、3失点してしまった。グランパスのゴール前の決定率は非常に高かったが、失点というものは自分たちのミスから生まれたもので、前半は全然満足できないものだった。しかし相手のディフェンスはそんなに強くなかった。前半から我々にもチャンスがあったので、後半も必ずチャンスが出てくると考えて、フォーメーションを少し変えて4-4-2にした。それで相手の30番(竹内 彬)と6番(阿部翔平)にプレッシャーをかけたかった。
後半はそれで我々のペースになって、いろいろな得点チャンスを作ったし、3-2と1点差に追いつくこともできた。それでまだ十分時間があったので、最後までゴールを奪いたかったが、最後はカウンターでやられてしまった。
しかし、先ほどチームにも話をしたが、後半はすごくよかった。最後のカウンターのシーンは、1点差で攻めているときには当然ある。だからそれは仕方がないと思う。
ただ、この前の試合(ガンバ大阪戦)でも早い時間に2失点、今日も前半3失点してしまっている。我々は今の時点でもリーグの順位表を見ると一番失点の少ないチームだが、ここ2試合で7失点してしまったことは今後の一番大事な分析点だと思う。
後半はすごくよかったし、若い選手も仕事ができたと思う。それは今日の試合の中でよかったことだ」

相手チームコメント

ストイコビッチ監督
「今日はいいゲームになったと思います。我々はいいペースでプレーができました。最終的には魅力のあるゲームになりました。
サポーターも今日は6ゴールも見れて楽しめたのではないでしょうか。チームも勝ちに値するプレーをしました。我々のチームがすばらしいプレーを見せてくれて満足しています」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ