MENU

試合速報

2008Jリーグ ディビジョン1 第7節
2008年04月20日(日)14:01 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
50,997人
天候
主審
扇谷 健司

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 0

0

前半

0

0

後半

0

大宮アルディージャ

大宮アルディージャ

GOAL

選手交代

59分 エジミウソン→田中 達也 62分 吉原 宏太→ペドロ ジュニオール
59分 高原 直泰→梅崎 司 87分 斉藤 雅人→片岡 洋介
82分 細貝 萌→山田 暢久 89分 デニス マルケス→森田 浩史

警告

69分 阿部 勇樹 35分 冨田 大介
78分 永井 雄一郎 54分 デニス マルケス

退場

選手

23 都築 龍太

GK

21 江角 浩司

12 堤 俊輔

20 堀之内 聖

22 阿部 勇樹

DF

19 村山 祐介

3 レアンドロ

5 冨田 大介

4 波戸 康広

14 平川 忠亮

3 細貝 萌

4 田中 マルクス闘莉王

16 相馬 崇人

MF

8 小林 大悟

32 小林 慶行

15 斉藤 雅人

23 金澤 慎

9 永井 雄一郎

7 高原 直泰

17 エジミウソン

FW

9 吉原 宏太

10 デニス マルケス

1 山岸 範宏

2 坪井 慶介

6 山田 暢久

19 内舘 秀樹

21 梅崎 司

30 岡野 雅行

11 田中 達也

SUB

1 荒谷 弘樹

22 田中 輝和

6 片岡 洋介

34 青木 拓矢

28 土岐田 洸平

13 ペドロ ジュニオール

14 森田 浩史

スタッツ

8

シュート

13

14

GK

8

3

CK

5

13

直接FK

12

3

間接FK

5

3

オフサイド

5

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「最終的な0-0という結果にはもちろん満足してない。しかし前半の立ち上がりはいいリズムでできたと思う。相手の陣内でできたし、相馬が左サイドからチャンスを作ったり、高原の惜しいシュートもあった。前半はまだ大丈夫だった。みんなちょっと焦ってしまって、リスキーなパスと、確実なプレーのバランスがよくなかった。でも基本的に相手の陣内でサッカーをやって、あまりチャンスも与えなかったし、まだ大丈夫だったと思う。
でも後半は、初めて疲れが見えた。動く、パスを出す、その切り替えがいつもよりちょっと遅かった。それで我々の攻撃の後、相手はいい攻撃ができるようになった。25分過ぎには危ないシーンもあった。当然ホームゲームだから勝ちたかったので、新しく達也と梅崎を入れて、もうちょっと周りの動きをよくして勝ちにいったが、永井のヘディングとヤマ(山田)のミドルシュートもあったけど、最後の最後は0-0で終わってしまって、『負けないレッズ』は見せられた。でも当然、ホームゲームは勝たなければいけないと思う」

相手チームコメント

樋口 靖洋監督
「ここまでナビスコカップを含めて公式戦は10試合目になりますが、このシーズンで新たに自分たちが掲げたコンセプト、これがここ一番の試合で、どこまで力のある浦和に対して出せるかというところで、チーム一丸となってトライしようということで今日はゲームに臨みました。それで、実際にゲームを戦ってみて、積極的に前から追い出して、我々が狙っているところでボールを奪うんだという強い意志、それから奪ったボールをマイボールにする時間を長くする、その時間を長くすることでゲームを支配しようということに関しては、かなりの達成度があったと思います。ただ、『ダービー』というゲーム、やはり勝ち点3取りたかったというのが本当のところで、結果に関しては、悔しいし、残念に思っています。次は点を取れるゲームをして、次につなげたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ