MENU

試合速報

2008Jリーグ ディビジョン1 第4節
2008年04月02日(水)19:03 KICK OFF

会場
日本平スタジアム
観衆
15,223人
天候
主審
吉田 寿光

更新

清水エスパルス

清水エスパルス

1 - 2

1

前半

0

0

後半

2

浦和レッズ

浦和レッズ

10分 藤本 淳吾

GOAL

58分 OWN GOAL

70分 エジミウソン

選手交代

68分 枝村 匠馬→西澤 明訓 HT 山田 暢久→梅崎 司
74分 本田 拓也→マルコス アウレリオ

警告

83分 阿部 勇樹

退場

選手

21 西部 洋平

GK

23 都築 龍太

25 市川 大祐

26 青山 直晃

4 高木 和道

2 児玉 新

DF

12 堤 俊輔

20 堀之内 聖

22 阿部 勇樹

7 伊東 輝悦

16 本田 拓也

10 藤本 淳吾

8 枝村 匠馬

MF

14 平川 忠亮

3 細貝 萌

4 田中 マルクス闘莉王

16 相馬 崇人

6 山田 暢久

17 フェルナンジーニョ

9 矢島 卓郎

FW

9 永井 雄一郎

17 エジミウソン

29 山本 海人

3 山西 尊裕

15 辻尾 真二

5 岩下 敬輔

18 マルコス アウレリオ

23 岡崎 慎司

20 西澤 明訓

SUB

1 山岸 範宏

2 坪井 慶介

19 内舘 秀樹

21 梅崎 司

30 岡野 雅行

7 高原 直泰

15 エスクデロ セルヒオ

スタッツ

13

シュート

13

14

GK

10

6

CK

5

11

直接FK

7

2

間接FK

2

2

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

ゲルト エンゲルス監督
「前半の入り方はちょっと遅かった。相手のカウンター攻撃と、ロングパス、セカンドボールの狙いにけっこう困らされた。我々のセットプレーの後、カウンターで(相手に)1点入ってしまったので我々のリズムでゲームを進めることができなかったと思う。20~30分経ってから、パスもつながるようになり、チャンスも作ったが、基本的には我々の理想的なプレーはできなかった。パス回しとか、顔を出してのサポートや攻守の切り替えがちょっと遅かった。
後半、立ち上がりから、非常にリズムが出てきた。パスも速くなり、動きもよくなった、縦のパスも増えた。その時間帯に逆転できて、3-1にできるチャンスもあったし、結構いいプレーができたと思う。ラストは当然相手も点を取りにくるから、危ないシーンもあった。面白いと思ったのは、1失点目も、一番危ないシーンも我々のセットプレーから生まれたこと。それは反省点だと思う。でも、前半のラスト15分から後半全部を見ると、結果は正しかったと思う。いい試合ができた」

相手チームコメント

長谷川 健太監督
「ホームで1勝をという意味で、選手たちは最後までがんばってくれました。本当に多くのサポーターに来ていただいた中、試合終了後にレッズの歌を歌われるのは、サポーターにとっても屈辱だと思うし、我々にとってみても許しがたい結果です。
何とか2点目を先に取ることができれば、今日のゲームも大きく流れが変わったと思うが、耐える時間でなかなか耐えきれなかった部分と、決めきれるチャンスがあった中で決めきれなかったのは、今日の試合の分かれ目になったと思います。
前半は、立ち上がりに非常にいい形で点を取りに行けていたので、前半のうちにもう1点取るチャンスがありました。それが取れなかったというのが、結果的には非常に大きかったと思いますし、まだまだクロスへの対応とか、細かい部分の対応で、昨年の『強さ』というものがいま一つ戻ってきていない部分があると思うので、その辺はきっちりと映像を見て、選手たちに伝えていきたいと思います。またすぐ中2日で試合があるので、もう終わったことは言ってもしょうがないので、前を向いて、次の試合に向けてチーム一丸となって準備をしていきたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ