MENU

試合速報

2007Jリーグ ディビジョン1 第34節
2007年12月01日(土)14:34 KICK OFF

会場
日産スタジアム
観衆
46,697人
天候
主審
吉田 寿光

更新

横浜FC

横浜FC

1 - 0

1

前半

0

0

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

17分 根占 真伍

GOAL

選手交代

61分 カタタウ→チョ ヨンチョル HT ネネ→田中 達也
79分 三浦 淳宏→吉野 智行 72分 ポンテ→小野 伸二
89分 三浦 知良→坂井 洋平

警告

20分 中島 崇典 39分 ワシントン
41分 菅野 孝憲 51分 鈴木 啓太
64分 長谷部 誠

退場

選手

21 菅野 孝憲

GK

23 都築 龍太

32 山田 卓也

23 岩倉 一弥

30 小村 徳男

27 中島 崇典

DF

3 細貝 萌

2 坪井 慶介

22 阿部 勇樹

5 ネネ

24 根占 真伍

6 山口 素弘

12 滝澤 邦彦

35 カタタウ

39 三浦 淳宏

MF

13 鈴木 啓太

17 長谷部 誠

14 平川 忠亮

10 ポンテ

11 三浦 知良

FW

9 永井 雄一郎

21 ワシントン

1 小山 健二

4 和田 拓三

26 太田 宏介

7 吉野 智行

15 坂井 洋平

19 難波 宏明

29 チョ ヨンチョル

SUB

1 山岸 範宏

19 内舘 秀樹

16 相馬 崇人

8 小野 伸二

11 田中 達也

18 小池 純輝

30 岡野 雅行

スタッツ

15

シュート

20

18

GK

11

5

CK

9

6

直接FK

14

2

間接FK

3

2

オフサイド

3

0

PK

0

試合後コメント

ホルガー オジェック監督
「今年の目標であったリーグ優勝が取れず、非常にがっかりしている。
今シーズンの目標が達成できなかったこよで、本当に悲しい気持ちになっているが、先程、選手たちにはロッカールームでお礼を言った。そして、彼らを褒めた。今シーズン選手たちがやってきたことは本当にすばらしかった。
今日も特に後半、逆転するために彼らはすべてを尽くしてくれた。1ヵ月前から振り返ると、選手たちの体力的な面、特にメンタルの面で、かなり疲労しきっていたということが言えると思う。いつもみなさんに『疲れてますね』と言われ、『いや、そんなことはない』と答えてきたが、本当のところはかなり疲れていたと思う。
もう1つ考えられるのが、AFCチャンピオンズリーグ・セパハンとの決勝。あそこで勝って優勝したあと、今までずっと長い期間保ってきた集中力が落ちてしまった。でも、普通の人間は、どうしてもほしいもの、偉大なものを取った後には、ふっと力が抜けてしまうことがある。これは自然なことではないだろうか。ただ、そんな中でも今シーズン、レッズの選手たちは最後の最後までがんばってくれた。そして、いい結果も出してくれた。タイトルを取ったことで誇れると思う。2つのタイトルを同時に取るということが、いかに難しいかということが証明される結果になった。
最後にこの場を借りて、すばらしい成績を収めて優勝したアントラーズにおめでとうと言いたい」

相手チームコメント

ジュリオ レアル監督
「最後の最後で今シーズン終わるにあたって、いいものができたのではないか。タイミングとしては遅かったのかもしれないが、ここ4~5試合はずっといいゲームができていた。ここ数試合引き分けたりという結果が出ているが、天皇杯に向けて今週いい形で終われたと思う。
今日の相手は優勝の懸かったすばらしいチームと対戦することになったが、前半に限っては本当に我々のすばらしいものすべてが出た。自分たちの持っているものすべてをこのゲームで出せた。浦和のほうは何人か選手交代をして、後半はかなりオフェンシブにしてきたが、それを逆に突いて自分たちのリズムにうまく持っていけたのではないかと思う。今の浦和の状態はたぶん悲しい状態だと思っている。それと同時に自分たちはうれしい気持ちになっている。そして、今シーズンの経験をうまく利用して、来シーズンまたJ1に昇格したい。
今シーズンここで勝利は遅いかもしれないが、自分たちはこれから先まだ天皇杯が残っているので、この勝利をうまく天皇杯に運びたい。
横浜FCのサポーターに関して、人数はほかのクラブのサポーターに比べると少ないかもしれない。ただそのサポーターは人数に関係なく、すばらしい応援をしてくれた。そして、自分たちの状態が悪いとき、J2に降格したときも彼らは変わらず常にサポートしてくれた。今日のこの勝利に導いてくれたと思っている」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ