MENU

試合速報

2007Jリーグ ディビジョン1 第30節
2007年10月28日(日)17:03 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
52,314人
天候
主審
吉田 寿光

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 0

0

前半

0

0

後半

0

名古屋グランパスエイト

名古屋グランパスエイト

GOAL

選手交代

44分 山田 暢久→田中 達也 74分 金 正友→杉本 恵太
85分 ワシントン→内舘 秀樹 78分 渡邊 圭二→小川 佳純

警告

50分 永井 雄一郎 39分 金 正友
59分 阿部 勇樹 50分 渡邊 圭二
74分 大森 征之
81分 本田 圭佑

退場

選手

23 都築 龍太

GK

1 楢﨑 正剛

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

20 堀之内 聖

22 阿部 勇樹

DF

34 吉田 麻也

4 大森 征之

31 阿部 翔平

28 渡邊 圭二

13 鈴木 啓太

17 長谷部 誠

14 平川 忠亮

10 ポンテ

MF

13 山口 慶

14 吉村 圭司

8 金 正友

24 本田 圭佑

9 永井 雄一郎

21 ワシントン

FW

7 中村 直志

9 ヨンセン

1 山岸 範宏

3 細貝 萌

5 ネネ

16 相馬 崇人

19 内舘 秀樹

11 田中 達也

30 岡野 雅行

SUB

37 長谷川 徹

16 増川 隆洋

30 竹内 彬

10 藤田 俊哉

29 小川 佳純

19 杉本 恵太

11 玉田 圭司

スタッツ

4

シュート

12

18

GK

6

7

CK

6

18

直接FK

10

2

間接FK

3

1

オフサイド

3

0

PK

0

試合後コメント

ホルガー オジェック監督
「今日の試合だが、本当に強い相手になんとか引き分けを勝ち取ったと言ったほうがいいかもしれない。
今日のレッズのパフォーマンスについて、目立ったところがある。それは彼らがいかに戦ったかというところだ。相手より一歩でも早くボールに追いつこう、引きずられてもそのままついていこう。こういう形で、とにかく勝つためになんとかしてやろうということが、今日の試合で選手たちから物凄く感じられた。集中が続かなかったということがあったかもしれないが、これはこの3試合を見ると普通のことではないかと思う。
名古屋は攻撃的なところもあった。そして、点を取られるかもしれないというところまでいったが、最後の最後に耐えてなんとか我々も点を取ってやろうという気持ちを選手たちは見せてくれた。
サッカーの試合でチーム全体を見るとき、結果だけでなくて、選手たちがどういうふうにやっていたかを明らかにすることも必要だと思う」

相手チームコメント

フェルフォーセン監督
「まずはじめに、浦和レッズのクラブ、サポーターのみなさんに『AFCチャンピオンズリーグ決勝進出おめでとうございます』と伝えたいと思う。
日本サッカーの発展のためにも重要なことだと思うし、非常にすばらしい成績だと思う。
今日、首位の浦和レッズ戦のアウェイということで一番重要なことは、守備面をきっちりオーガナイズすることだった。我々の狙いとしてはゴールから離れた位置で守備をして、中盤で奪ったボールをコンパクトにしたままで、ゴールを奪うことだった。
もちろん浦和レッズはミドルシュートという武器を持っているが、一番怖かったのはクロスからのシュートだった。試合の終盤、うちのゴール前での攻防が何度かあったが、それ以外はいい形で守備ができていた。
今日の試合、守備面では非常に満足しているが、攻撃面でもっと改善点がある。前半も後半も長い間スペースもあったし、ハイテンポでもっと攻撃ができるチャンスが何度もあった。いい形でそのスペースをつけていれば、もっとチャンスを作れていたと思う。時間をかけすぎてしまっていたので、浦和レッズの守備も下がっていい形でできていた。ボールポゼッションはよくできていたが、もっとハイテンポでゲームを進める必要があった。攻撃面でいい形でやれていたのも事実だと思うし、十分にチャンスが作れていた。
ただレッズもチャンスは作っていたので、彼らも点が取れるチャンスはあった。楢崎のすばらしいセーブにも救われて、0-0で終われたのも妥当だと思う。
チャンスの数で試合が決まるのではなく、ゴールの数で試合は決まるので、0-0というのは妥当な結果だった。今日はチームを褒めたいと思うが、修正点も何点かあった」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ