MENU

試合速報

2007Jリーグ ディビジョン1 第24節
2007年09月01日(土)18:03 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
49,810人
天候
主審
奥谷 彰男

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 1

0

前半

0

0

後半

1

大宮アルディージャ

大宮アルディージャ

GOAL

60分 森田 浩史

選手交代

63分 長谷部 誠→小野 伸二 58分 デニス マルケス→桜井 直人
82分 相馬 崇人→小池 純輝 64分 佐伯 直哉→斉藤 雅人
79分 西村 卓朗→村山 祐介

警告

39分 阿部 勇樹 24分 レアンドロ
85分 都築 龍太 84分 桜井 直人

退場

選手

23 都築 龍太

GK

21 江角 浩司

6 山田 暢久

4 田中 マルクス闘莉王

20 堀之内 聖

22 阿部 勇樹

DF

18 西村 卓朗

3 レアンドロ

5 冨田 大介

4 波戸 康広

17 長谷部 誠

13 鈴木 啓太

16 相馬 崇人

10 ポンテ

MF

8 小林 大悟

32 小林 慶行

7 佐伯 直哉

17 橋本 早十

9 永井 雄一郎

11 田中 達也

FW

14 森田 浩史

29 デニス マルケス

1 山岸 範宏

2 坪井 慶介

3 細貝 萌

8 小野 伸二

14 平川 忠亮

19 内舘 秀樹

18 小池 純輝

SUB

35 荻 晃太

34 村山 祐介

15 斉藤 雅人

28 平野 孝

13 若林 学

30 桜井 直人

33 ペドロ ジュニオール

スタッツ

13

シュート

11

9

GK

11

6

CK

3

16

直接FK

9

3

間接FK

4

2

オフサイド

4

0

PK

0

試合後コメント

ホルガー オジェック監督
「ここのところずっと勝ってきたが、久しぶりに負けたという感じだ。
今日は典型的な試合だった。アウトサイダーと言われるチームが普通以上の力を発揮してきた。今日のうちはちょっと機能しなかった。しっかりと闘争心を見せて戦ってきたし、特に後半、相手に対してのプレス、攻撃のプレスもかかっていたと思う。それがシュートを打っても中に入らない。説明できない要因があった。このような状況、負けは負けなので、それは嬉しいはずはない。しかし負けは負けとして素直に認めなければならない。だからと言って、これが世界の最後の日ではないということは確かだ。
ただひとつ忘れてはいけないのは、ここまでチームがどれだけの成果をあげてきたかということだ。今までは非常に高いレベルのサッカーができていたと思う。しかしそのために、かなりの疲労がかかっててきた。今日のような試合はサッカーでは有り得ること。サッカーはそういうものだと思う。
これから短い中断に入るが、失われた体力をしっかりと戻して、休み明けからのJリーグの残りの試合に全力をあげていきたい」

相手チームコメント

佐久間 悟監督
「まず始めに就任6試合目でやっと勝ち点3を取れて、これまで多くのサポーターの方々、それから選手、スタッフ、みんな一体になって応援を、サポートをしてくれて、そのことについて、まずお礼を申し上げたい。ただ僕自身は今日、選手にも言ったが、浦和とのダービーはJリーグの今後の発展、文化的なところで考えるとなんとしても日本で指折りの、世界に誇れるダービーにしたいという思いはある。しかし現実の問題として、我々が置かれている状態は残留争いというところなので、とりあえず勝ち点3を取れて、ほっとしている。
これから中断期間が明けて、勝ち点を稼いでいかなければ目標である残留争い、残留するということはまだまだ遠い。今日の浦和に関しては、前半、非常に攻撃的でボールを保有する能力が高い。しかしその反面、前線の3人を含めて組織的な守備というのが、ここ数試合あまり見受けられなかったので、どこかに数的優位を作って、サイドを変える攻撃を繰り返していくと、浦和自体は守備に追いやられるのかなというところがあったので、ボランチと森田のところでフリーになる選手を作って、そこを活用してポゼッションしようという狙いだった。立ち上がり20分ぐらいは浦和の構成力、個人の能力に押されて、ゲームをコントロールすることができなかったが、前半の途中から我々もゲームコントロールをして、ボールを少し支配することができて、守備の時間が短くなった。前半はプラン通りに0-0で終わった。
後半に入っていくつかハーフタイムで守備の課題と攻撃の課題を修正したが、特にこの数試合ファーストボール、空中に浮いているボールに対して、ひとりふたりと競って、そこでボールの処理を誤って失点しているシーンがあったので、今日の前半もその場が見受けられたのでそこを修正した。後半、浦和は積極的に前に出てくるかということもあったので、引き続きクイックハンドリングしてフリーマンを活用してボールポゼッションしようということだったが、やはり浦和の個の強さ、スピード、技術の高さということがあって、後半に関してはあまりゲームコントロールをできなかった。しかしいいタイミングで、森田がすばらしいフィニッシュをしてくれたので、その1点を最後の約25分間くらいは選手たちの疲労具合と、浦和がどのようなカードを切って我々を攻略してくるのかというところで、非常にゲームプランをマネージメントするのが難しかった。コーチがベンチでいろいろなシミュレーションをしてくれて、そのおかげでなんとか乗り切れたのでよかった。
この勝ち点3は我々にとってはリーグの中の1勝にしか過ぎない。これからさらにもっと中断明け残り10試合厳しい戦いが待っているので、それに向かって突き進んでいきたい」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ