MENU

試合速報

2007Jリーグ ディビジョン1 第13節
2007年05月27日(日)15:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
51,829人
天候
主審
扇谷 健司

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 1

0

前半

0

1

後半

1

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

66分 ネネ

GOAL

50分 山瀬 功治

選手交代

62分 相馬 崇人→長谷部 誠 79分 吉田 孝行→マルケス
85分 大島 秀夫→ハーフナー マイク

警告

52分 ワシントン 23分 田中 隼磨
75分 ポンテ 75分 吉田 孝行
79分 栗原 勇蔵

退場

選手

23 都築 龍太

GK

1 榎本 哲也

2 坪井 慶介

20 堀之内 聖

5 ネネ

22 阿部 勇樹

DF

7 田中 隼磨

30 栗原 勇蔵

22 中澤 佑二

4 那須 大亮

13 鈴木 啓太

16 相馬 崇人

8 小野 伸二

6 山田 暢久

MF

35 河合 竜二

6 上野 良治

17 吉田 孝行

10 山瀬 功治

10 ポンテ

21 ワシントン

FW

15 大島 秀夫

11 坂田 大輔

1 山岸 範宏

3 細貝 萌

19 内舘 秀樹

7 酒井 友之

17 長谷部 誠

9 永井 雄一郎

30 岡野 雅行

SUB

31 飯倉 大樹

3 松田 直樹

26 田中 裕介

32 山瀬 幸宏

14 狩野 健太

8 マルケス

20 ハーフナー マイク

スタッツ

12

シュート

15

13

GK

8

6

CK

6

23

直接FK

9

3

間接FK

5

3

オフサイド

4

0

PK

0

試合後コメント

ホルガー オジェック監督
「今日の試合結果には、もちろん満足はしていない。今日は、もちろん必ず勝つという気持ちで試合に臨んだ。選手たちはとにかくやれることをやろうということで、自分の持っている力を出してくれた。
最後まで冷静に攻撃するということはできていたが、今、レッズはゴール前で、最後のところで機能していないという時期に入っている。
今後、やらなければいけないことは、はっきりしている。もう一方では、非常に連戦が続いていて、国際大会なども、まずは一区切りした。すべての試合で、チームは持てる力を出し続けるということはやってきた。非常にスケジュールがきつかった月は終わって今後、時間的なプレッシャーを感じることなく、勝たなければいけないという圧迫感もなくなる。これまでは、単なる体力的な疲れに加え、精神的な疲労もあった。
次にA3があるが、しっかりと精神的にも肉体的にも休んで、そして次のJリーグに挑めるようにしたい」

相手チームコメント

早野 宏史監督
「今日は、インターバルの短いスケジュールの中でのゲームだった。3戦を含めて考えてゲームに臨んだ。ワシントン、ポンテ、小野の前線3人を警戒しようということで、今日はダブルボランチをひいて、守備に注意してやった。そこまではうまくやれたが、前半は特にボールを奪ってから出て行く人数が少なく、なかなかチャンスを生むことができなかった。前半0-0でも、今日は90分という勝負の中でしっかり決着をつけようとしていた。攻守の切り替えの部分、1対1の勝負でレッズは強いので、そこに負けないということで後半は臨んだ。だんだん選手たちもスローテンポなゲームの中、リズムをつかんで何回か決定的なチャンスを作れた。失点した時間帯は非常にラインが下がってしまった。後半、同点になった後、ラインを修正したことでチャンスを作れた。これをもう一つの形ということで選手たちに身につけていかせたい。これからのインターバルの中で、チームのプラスアルファにしていきたい」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ