MENU

試合速報

2007Jリーグ ディビジョン1 第12節
2007年05月19日(土)14:02 KICK OFF

会場
豊田スタジアム
観衆
34,347人
天候
屋内
主審
岡田 正義

更新

名古屋グランパスエイト

名古屋グランパスエイト

1 - 2

1

前半

1

0

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

35分 ヨンセン

GOAL

27分 ネネ

84分 ワシントン

選手交代

85分 藤田 俊哉→片山 奨典 81分 相馬 崇人→岡野 雅行
89分 ポンテ→長谷部 誠

警告

64分 本田 圭佑
85分 金 正友

退場

選手

1 楢﨑 正剛

GK

23 都築 龍太

4 大森 征之

5 米山 篤志

34 吉田 麻也

DF

2 坪井 慶介

20 堀之内 聖

5 ネネ

22 阿部 勇樹

8 金 正友

13 山口 慶

10 藤田 俊哉

24 本田 圭佑

31 阿部 翔平

MF

13 鈴木 啓太

16 相馬 崇人

8 小野 伸二

6 山田 暢久

9 ヨンセン

19 杉本 恵太

FW

10 ポンテ

21 ワシントン

21 櫛野 亮

30 竹内 彬

7 中村 直志

14 吉村 圭司

25 須藤 右介

27 片山 奨典

17 巻 佑樹

SUB

1 山岸 範宏

3 細貝 萌

19 内舘 秀樹

7 酒井 友之

17 長谷部 誠

9 永井 雄一郎

30 岡野 雅行

スタッツ

10

シュート

10

5

GK

7

2

CK

8

13

直接FK

22

5

間接FK

3

4

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

ホルガー オジェック監督
「ここ数試合は引き分けばかりだったので、今日、勝ち点3を取るということは非常に大切だった。今日のチームのパフォーマンスには非常に満足している。前半30分間は非常にいいプレーができていた。個人だけではなくチーム戦術としても、しっかりと機能していた。ただ、残念ながら不用意な形で失点してしまった。
後半に入り、レッズがゲームをかなり圧倒していた。グランパスというチームは非常に怖い相手であることに間違いない。攻撃に関しては杉本、あるいはヨンセン、さらにFKがあれば本田という得点能力の高い選手が揃っている。今日は都築が本田のFKを見事に止めてくれた。グランパスはどんなサプライズを起こすかわからないチーム。そういう相手に対して、レッズは90分間しっかりと集中力を切らさずに戦うことができた。
今日の最終的な試合の結果は、妥当な結果だったと思う」

相手チームコメント

フェルフォーセン監督
「立ち上がりは、非常にいい形で試合に臨めた。両チームとも守備面でのオーガナイズがきっちりできていた。できるだけボールを奪ったらハイテンポで攻撃に進める、という意図もあった。ただ、ハイテンポ過ぎる場面もあった。前半の問題は、判断ミスが何度かあった。判断ミスとはテンポの使い分けという部分である。それとラストパスの精度に欠いた。これは新しいことで、この試合に限ったことではない。ただ、1点を取ることはできたが、いい形で攻撃ができたからこそである。後半は高い位置からハイプレッシャーをかけることができ、立ち上がりはグランパスがゲームを支配していた。両チームとも非常によくオーガナイズされていて、非常にメンタリティーが強いということで、10回チャンスがあるとは試合前からは思っていなかった。レッズは2度決定的なチャンスを作った。うちは1回しか作れなかった。いい形で攻撃をすることができたので、FKを何度かいいポジションで取ることができた。ゲームが進むにつれて、ラッキーな場面、もしくはアンラッキーな場面でこのゲームが決まるという感触はあった。今日はレッズのほうが、運があったということ。クオリティーの差は確かにあったが、ただ今日の試合ではその差を感じられなかったが、1つの場面でクオリティーの差が出てしまうこともある。全力を尽くして、戦ったわけで、選手を責めるつもりもない、褒めたい。今日の試合は、レフェリー、ラインズマンともすばらしい仕事をした」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ